月刊モノグラフ2017年10月号「色が変わるとき」

16
34
4
22

 

Monthly09

2017年、今年の秋は「変化」を大切にする季節にしたいと考えています。

頬を撫ぜる風が冷たくなり、羽織る服が一枚増え、景色が少しだけくすんで見える、秋。日常の中の小さな変化が重なり季節を作ります。季節の変化に置いていかれないよう、僕自身も良い意味で変わっていければと思います。

「小さな変化」と言えば、この「月間モノグラフ」にも小さな変化があったのを読者の皆さんはお気づきでしょうか。

熱心な読者の方なら「あれ?」と思ったかもしれません。そう、前回が8月号だったのに、今回もう10月号なんですね。9月号はどこに行ったんだと。

これは別に僕がサボったというわけではないので言い訳させて下さい。今までは8月にあったことを8月の末に纏め、「8月号」という名前で9月一杯掲載するという形で月刊モノグラフを刊行していました。何の気なしに始めた月刊号ですが、この運用で進めていたら「あれ今月号まだ書いてないんですか?」という問い合わせの多いこと多いこと。確かにまぎらしいですよねこの表記、ということで名前の付け方を今回から調整しました。

前月の出来事をまとめて、今月読んでくださいということで、掲載している月を号数として付けることに。というわけで今月は10月号。2017年9月号は存在しない幻の号として読者の皆さんの間で語り継いでいってあげて下さい。そして伝説へ。

問い合わせがあるということはそれだけ楽しみにしていただいている方がいるということで、素直にとても嬉しいです。それではお待ちかね。今月の月刊モノグラフ、始まります。

9月の反響があった記事

9月はもう自分の中で完全にファッションの秋として振り切っています。去年の冬ぐらいからファッションに興味を持ち始めた僕としては、夏が終わり服の枚数が増えるこの季節が楽しくて楽しくて。ファッションは一番分かりやすく自分を変える方法。毎日明日はどんな服を着ていこうかなとワクワクしながら布団にくるまって寝ています。

ワイドパンツでファッションに広がりを。

Widepants mens Coordinate top

服を揃え始めてもうすぐまる一年経つということで、ある程度基礎になるようなベーシックな服は集まってきました。そうなると次はファッションに「変化」を求めるように。まだ柄や色の組み合わせは僕には難しいのでシルエットに変化を持たせようと思い今季はワイドパンツを二着購入しました。僕はあまり身長が高い方ではないので、わかりやすくシルエットにメリハリを持たせてくれるワイドパンツは重宝しています。

ワイドパンツのメンズコーディネート例。ファッションにゆとりと広がりを。

秋っぽいローファーを買いました。

Jalan Sriwijaya loafers top

何足か革靴は持っているのですが、普通のビジネスシューズではなくちょっと「変わった」アイテムが欲しくなりジャランスリウァヤというブランドのローファーを購入しました。質は申し分ないのに値段も良心的という素晴らしいブランド。格好良くも、可愛くも履ける便利な靴です。

コスパ抜群の茶色ローファーでお洒落なメンズコーディネート7例。靴下との合わせ方。

シューキーパーは入れなきゃダメ、ゼッタイ。

Glossychoe shoekeeper 19

革モノは使えば使うほど「経年変化」をしていきますが、その変化の仕方は手入れによって全く異なっていきます。この記事は良い意味での変化ではなく、手入れをしなかったがために悪い変化をしてしまった例を紹介しました。良い靴を長く使うためにもシューキーパーは必ず一足に一つずつ買い揃えるようにしましょう。自戒を込めて。

Amazonで買えるおすすめ革靴用シューキーパー(シューツリー)。レッドシダーが香る。

ようやくしっくり来るキャップが。

Niuhans Wool Cashmere Baseball Cap 1

僕は今まであまり帽子というモノが好きではなくて、一つも帽子を持っていなかったのですが、この秋にキャップとベレー帽の二つの帽子を購入しました。何となくなんですが、自分には帽子が似合わないと思っていたんですよね。ところが最近ビビっと来る帽子がポンポン見つかるようになりました。自分の中の感覚が変わったのか、それとも服装が変わったから帽子が似合うようになったのか。いずれにせよ嬉しい変化です。

頭にスポッと”ハマる”感覚。「niuhans」のウールカシミヤキャップ

引き続きUNIQLOのお世話に。

Uniqlo u 2017 aw oxford shirt top

今年の夏はユニクロ Uのアイテム達にかなり助けられました。その流れで今年のUNIQLO U(ユニクロユー)2017 秋冬でもシャツを一枚購入し、ユニクロ × JW アンダーソンのコラボでもセーターを一枚クローゼットの中に迎え入れました。

同じユニクロでも接し方が変わったなと思ったのは店舗を出てきた時。今年夏は両手に抱えきれないくらい一杯の服と共に家まで帰りましたが今年はそれぞれ買ったのは一着のみ。基礎として必要な服が揃い始めているのと、良い服を見極める目が養われてきたという結果の表れでしょうか。

monographでは今季買った服を全ては紹介していませんが、WEARの方ではちょくちょくコーディネートと共に紹介をしています。ここでは具体的な金額は言えませんが、今季は正直かなりの金額を服に投資しました…。具体的な金額を知りたい方はLINE@の方で。

服は一番外側の内面を表すモノ。下手すればガジェットよりも長く使えますし投資するモノとしては良い選択肢だと思います。

iPhone X 買います。

Iphone X spec price detail 1

そして9月と言えば外せないのがこれ、iPhone。

今年も例に漏れず発表会を深夜2時からリアルタイムで見て徹夜で朝までに4本記事を上げました。もう毎年のことなので体もかなり慣れた気がします。Apple Watch、iPhone8といくつか新製品が発表されましたが、僕はやっぱり目玉の「iPhone X」を買う予定です。ボディが小さくなって画面が広く綺麗になるというなら買い換えない選択肢がありません。

「iPhone X」のスペック・新機能・価格・予約開始日・発売日全まとめ

360度カメラおもしろいよ

Insta36 review 2のコピー

最近発売されたinsta360 ONEという360度カメラがようやく自宅に届きました。詳しくは記事を見ていただきたいんですがその場の雰囲気をまるっと保存できる感覚はやはり面白いです。特にこのカメラの場合は360度の動画と、被写体を中心に回り込む「バレットモード」がめちゃ面白い。これ一本持って、色んな所に行きたくなるガジェット。

360度カメラ「insta360 ONE」レビュー&THETA V比較。バレットモードは一見の価値あり。

天然木材のヘッドホン

99 CLASSICS Walnut Gold 33

最近家の中でヘッドホンをよく付けるようになりました。「drip」経由の依頼でご紹介させていただいた製品なんですがモノとしてのこだわりが詰まりまくっていて触るだけで気持ちいい。自宅と集中して作業をしたい時とエレアコを弾く時に繋いで使っています。

耳に添える集中空間。天然ウォルナット材を使ったヘッドホン「99 CLASSICS Walnut Gold」

意外と気がつかない視覚のノイズ

Nuans foldkeeper 10

個人的に、自分で書いていて一番しっくりきたのがこの記事。僕の部屋は基本的に片付けているんですが、それはきちんと集中できる環境を作るため。聴覚以上に視覚は敏感なので集中したい時は極力目に入るノイズも減らすようにしましょう。モノの機能だけではなく使い方や考え方まで踏み込めた時が書いていて一番気持ちいい。

NuAnsの「FOLDKEEPER」でデスク周りのケーブルをまとめる

夏にケリを付けてきた

Wildmagic 4

秋が楽しみと言っていますが、今年の夏もめちゃめちゃ楽しかったです。とはいえいつまでも夏を引きずっていてはきちんと秋を楽しめないので、「今年の夏は楽しみきった!」と言えるように最後に夏らしいことをやってきました。都内でめちゃめちゃお洒落なBBQをやりたいなら是非こちらオススメです。

豊洲「WILD MAGIC(ワイルドマジック)」で日本一お洒落な手ぶらBBQ

9月の音楽

最近ついに僕もspotifyにハマってしまいました。有料会員一歩手前。

とにかく自分の好みの音楽を精度高くリコメンドしてくれて、昔の曲も最新も曲も適度に織り交ぜながら流してくれる。ただただ関連の曲を流すだけじゃなくて、昔この曲が好きだったなら今この曲が好きなはず、というパーソナルな好みに合わせて自身の音楽に変化を与えてくれる素晴らしいサービスだと思います。

『BABY!』 / the peggies

先月号で紹介した「リーガルリリー」からの流れで聞き始めたガールズバンド「the peggies」。キャッチーなメロディに加えてポップなMVにやられちゃいました。アニメの主題歌も担当し始めていて、すぐにもっと有名になりそうなバンド。

『ウィークエンド』/ FINLANDS

僕と同じ1990年生まれのガールズバンド「FINLANDS」。ボーカルの切ない歌声に胸がキュッとなってしまいます。彼女たちのポリシーはライブ中でも決してモッズコートを脱がないこと。こういう無駄なこだわり持っている人好きです。

『ユメマカセ』/ SOIL&”PIMP”SESSIONS feat.Yojiro Noda

昔から大好きなジャズバンドSOIL&”PIMP”SESSIONSがRADWIMPSの野田洋次郎とコラボして作った楽曲。洋次郎に今まで無かったダークでムーディな雰囲気をSOILが引き出し新たな一面を見れたような気がします。秋の夜道にこれ聞いてると思わずステップ踏みたくなっちゃう。

同じ感じで東京スカパラダイスオーケストラと斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)のコラボもめっちゃ楽しみにしてます。

BLUE GIANTの公式spotifyプレイリスト

Blue

spotifyに本格的にハマったのはこれがきっかけ。僕の大好きなマンガ「BLUE GIANT(ブルージャイアント)がspotifyとコラボをし、オリジナルのプレイリストを作成してくれました。日本でマンガとspotifyがコラボをしたのはこれが初めてなんだとか。これを聴きながらもう一度最初からブルージャイアント読み直したいと思います。

Spotify Web Player – BLUE GIANT SUPREME – Spotify Japan

『tomorrow』/ MOROHA

最近知人に勧められて聞いた「MOROHA」というバンド。感情を掻き立ててならない、美しいギターの音色に乗って、メロディなく淡々と力強く語るボーカル。聴けば分かると思いますが歌うではなく、語る。最初は正直なんだこれは、と思いましたが30秒も聞いてたらいつの間にか離れられないほど、抜け出せないほど引き込まれてる。

歌でもラップでもなく、もはや「MOROHA」というジャンル。どうしようもなく切なくて、何でも良いから自分も頑張らなきゃと、勇気をもらえる音楽です。

9月のマンガ

最近忙しくてなかなか一日一冊達成できなくなっていますが、ここが踏ん張り時。10月は必ず毎日読み切りたいと思います。読み始めたら一日数冊読んじゃうのでバランス調整が難しいところ。

『波よ聞いてくれ』

「ラジオのパーソナリティ」という普段日の当たることの少ないニッチな職業を描いたマンガ。一巻が出た当初から面白くて新刊が出る度に買っていますが気づけばもう四巻。さすがラジオを題材にしているだけあってか、作中の掛け合いがとにかく面白く、クスっと笑ってしまうこと間違い無し。こういう小気味の良い事言いたいなと思いながらブログを書いています。

『トーキョーエイリアンブラザーズ』

「drip」のインターンが実にいい趣味をしてまして、定期的にオススメの漫画をリコメンドしてくれます。今回教えてもらった「トーキョーエイリアンブラザーズ」という作品もとても良かった。地球移住計画の先発隊として送り込まれた二人のエイリアンが人間のふりをして生活するというストーリーで、何でもそつなくこなす弟と、不器用だけど人情に厚い兄のちぐはぐさを描いた漫画。三巻でサクッと完結するのも読みやすくていい。

9月のコト

思い返してみれば9月はかなり毎日忙しく過ごしていました…!楽しく働らけているのでいいものの、気がつけば土日もけっこう働いてしまっていたりするのでもう少しやることを絞らねばと思います。

ブロガーズフェスティバルで登壇

Monograph2

9月30日に行われたブロガーズフェスティバル2017にてmonographの運営兼株式会社ドリップの代表取締役として登壇をさせていただきました。

参加者のブロガーさんに向けて「企業から信頼されオファーを受けるブログ」について40分ほどお話をすることに。一週間前に急遽オファーが来た時はびっくりしましたが、丁度今良い機会で皆さんにdripが考えていることを伝えられて良かったです。

第一回バリスタMTG開催!

Monograph1

今dripに協力いただいているバリスタの皆さんにお集まりいただき、改めてdripの目指す世界観とバリスタ像についてお話しました。集まっていただいたのは誰もが専門的な領域で確かな実力を持つ素晴らしいブロガー達。この方達と一緒に「ブログ」をもっと格好良くて憧れられるものにしていきたいと思います。

順次用意ができればバリスタも増やしていく予定ですので楽しみにお待ち下さい。

ブログマーケティングサービス「drip」

色を変えていく。

僕、バスケットボールってほんとよく出来たスポーツだなぁ * prasmという記事を読んでから、「ピボット」という言葉がとても好きです。

一本軸足がしっかりしていればいくらでも向きは変えられる。軸を持つことも大事だし、視点や方向を変えることも同じくらい大事。このmonographもdripも一本しっかり芯と軸は通しながらも色んな人と、色んな所で関わりたいなと思っています。

そして今は自分が変わるだけではなく、次は周りを変えていくことも必要な時期。あまり大それたことはまだ言えませんが、ブロガーがもっと良い方向に変わるように自分自身が良い変化をどんどん繰り返して、背中を追ってもらえるような存在になりたいと思います。皆にちゃんと付いてきてもらえるように頑張るよ。

それではまた来月、どれだけ僕やdripが変わっているかお楽しみに。

ホーリーはこう思うよ。
profile
最近「月刊モノグラフ」を楽しみにしてますという声がとても多くて嬉しい限りです。それ言われるのが一番嬉しいっす。

CATEGORY - 月刊モノグラフ

total

76

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。