monograph

HDMI/SDカード全部入りのUSB-Cハブ。アルミボディが光る「SATECHI ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER」

5
11
1
23

    2017/05/09

Satechi usb c hub 7

SATECHIは他のメーカーと違って独自路線を貫いている感じがするので好き。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

モバイルバッテリーUSB-C系のアクセサリに関してはもうかなりの数をレビューしているので、最近それぞれの商品特性や差別化ポイントがひと目でわかるようになってきました。Macbook proがUSB−C化したおかげで世の中の流れもどんどんUSB-Cに寄ってきているのかUSB-Cポートを採用したガジェットやバッテリーも増えてきています。この間買ったNintendo SwitchもUSB-Cが採用されていて驚きましたね。

そんなUSB-Cポートを持ったガジェット達ですが、まだまだ旧規格からの以降が進んでいないため実際の使用には必ず変換用のハブやアダプタ必須の状況です。僕もこれまで数多くUSB-C変換系のモノを試していますが、またオススメできるハブをメーカー様よりご提供いただいたのでご紹介いたします。

drip

SPONSORED


SATECHI TYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTER

Satechi usb c hub 1

今回ご提供いただいたのはSATECHITYPE-C ALUMINUM MULTIPORT ADAPTERという製品。

これ一つでUSB-Cポートに様々な規格の端子を繋げるというMacBookユーザーなら一つは絶対持っておくべきアイテム。早速開封していきましょう。

剛性感あるアルミボディのUSB-Cハブ

Satechi usb c hub 2

SATECHIの製品は持った時に特別な感触があるんですよね。全面がアルミ素材で作られているのでヒンヤリと固い印象があるのにとても軽い。そしてボディが非常に滑らかで継ぎ目のない作りになっているのでモノとしての完成度がとても高く感じます。OEMの類似製品が多いこのアクセサリ市場でSATECHIはオリジナリティのある独自路線を敷いていて好感が持てます。

ポート類が充実のハブ

Satechi usb c hub 3

このUSB-Cハブはとにかく対応している規格が多いのが特徴。なんとこれ一台で6つの規格に対応できるというから驚き。全面にはSDカードスロットとMicroSDスロットを配置。

Satechi usb c hub 4

側面にはUSB-Cのパススルー充電用ポートと有線LANのポートが。今の時代LANポートを使うことが少なくなったのでわざわざこのポートを採用しているUSB-Cハブは珍しいですね。有線LANを使う人にとっては唯一無二のハブになるでしょう。

Satechi usb c hub 5

反対側にはUSB-Aポートが3つとHDMIポートが一つ。HDMIポートを採用しているハブも貴重なのですがHDMIはかなり高い頻度で使う端子なので実際無いとかなり困ります。

サイズもコンパクト

Satechi usb c hub 6

これだけの多機能にも関わらずハブ自体のサイズはとてもコンパクト。手のひらサイズの大きさなのでポケットやポーチの中にサッと入ります。ただ個人的には以前ご紹介した同じSATECHI製ののUSB-Cハブのように本体に直結するような形が好きだったりしますね。

HooTooのUSB-Cハブと比較

Satechi usb c hub 8

僕が以前最強のUSB-Cハブとして紹介したHooTooのハブと今回のSATECHIのハブを比較してみます。左がHooTooのハブ、右がSATECHIのハブです。

サイズ感はほぼ変わりませんがHooTooの方が若干縦幅が長く、横幅が狭くなっています。

Satechi usb c hub 9

差がついているのはこのLANポート部分ですね。SATECHIはLANが使える分厚みがちょっと出てしまっています。こればっかりは対応する規格の問題なのでしょうがないですが、正直有線LANは今ほとんど使う機会がないのでポートごと無くして本体の薄さを優先させた方がいいと思います。

端子的には有線LANとmicro SDを搭載しているSATECHIの方が優れていて、本体のスリムさ・コンパクトさはHooTooが勝っています。価格もHooTooが約7,000円、SATECHIが約9,500円と若干差をつけられています。あとは個人的な好みですが外観のデザインはSATECHIの方が好きなので本当に一長一短ですね。

対応端子・サイズ・価格・デザインの総合でより自分の好みに合う方を選んでみて下さい。

接続でランプが点灯

Satechi usb c hub 11

実際に愛用の12インチMacBookに接続してみると本体正面にほんのりと青いランプが点灯。

Satechi usb c hub 12

今僕は持ち運び用のケーブルはケルベロス三叉ケーブルで行っているのでこちらを使ってiPhoneを接続。充電も同期ももちろん問題なく使えました。

今回僕はHooTooのUSB Type-CハブとSATECHIのUSB-Cハブの二つのUSB-Cハブを手に入れたので、ポートの多さと大きを比較しHooTooを持ち運び用、SATECHIを自宅用として使い分けることにしました。

モノ自体の完成度が高いUSB-Cハブなのでまだこのタイプのハブを持っていないという方は是非ご参考に。

USB-Cアクセサリまとめ記事

これまで紹介してきたUSB-C系の製品は全てこちらの記事にまとめてあります。好みに合わせて必要なものをお選び下さい。

Macbook用オススメUSB-C変換アダプタ/ハブ/ケーブルまとめ!HDMIもSDカードもこれで接続!

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip

drip

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
ほぼこのタイプが完成形だと思いますがまだまだUSB-C機器は新しいアイデアが出てくると思いますので引き続き追いかけていきます。
profile

CATEGORY - USB-Cアクセサリ

monograph
monographでは各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。フォロワーさんは全部で一万人とちょっと。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローをしていただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたら最高ですが今のオススメはLINE@ですね。

total

40

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。