monograph

【SIMフリーiPhone6ゴールド実機レビュー】大きさ薄さがちょうどいい!Plusと比較しても僕にはこれが最適解でした。

0
14
0
23

    2014/09/24

iphone6review4のコピー.jpg
昨日は一日爆睡してました。

本日も“monograph”をお読み頂きありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

ついに手に入れました、SIMフリーのiPhone6を!!

僕は直前までキャリアで買うつもりだったのですが、発売日直前になってSIMフリーへと路線を転向。そのため前日からApple Store表参道の行列に並んできました。

そしてそもそも本来は「iPhone6」ではなくて「iPhone6 Plus」を買う予定だったのですが、一番在庫が豊富とされていた表参道店でも当日販売分は80台ほどしか入荷がなく、その場ではしぶしぶiPhone6(無印)を購入することに。

店員さんから「在庫なし」と告げられた時にはさすがにショックでしたがiPhone6を一日使い、友達のPlusと比較した結果僕の場合はiphone6にしてよかったなと今では心から満足しています。

その理由や使用感を含めレビュー記事を書いておきますのでこれからiPhoneを買われる方、無印とPlusで迷っている方は是非参考にしてみてください。

SPONSORED

iPhone6 ゴールド開封の儀


iphone6review1.jpg
まずは定番ですが開封の儀から。
行列を抜けてすぐにでも落ち着いた場所で一息つきたかったのでApple Store表参道店からすぐ近くの場所にある文房具カフェで開封を始めました。電源もあるし店員さんも優しくおすすめのカフェです。

今回の外箱は従来の機体の写真からiPhone6のシルエットを型どったシンプルなパッケージに変更。このシンプルさ、嫌いじゃありませんよ。名作の予感。

関連記事:【原宿・表参道】文房具屋さん?カフェ?いえ、「文房具カフェ」です!こんなマニアックかつハイセンスなお店を今まで知らなかったなんて!

iphone6review3.jpg
ズバッと開封ゥ!

Apple製品はこの瞬間が一番輝くと言っても過言ではありません。
あの箱のずっしり感とか堪らないよね。
こういう開けるだけでラグジュアリーさを感じられるプロダクトって日本にいくつあるだろう。僕が思いつくのはバルミューダくらいです。

iPhone6ハンズオン!


iphone6review4.jpg
箱のなかに鎮座しておわしますiPhone6をいよいよ我が手に。

まず最初の感想は「薄い」と「丸い」の2つでした。
数値の上では薄くなるというのは知っていましたが持ってみての実感に勝るものはありませんね。

また今回はエッジが丸く加工されているので手にもよく馴染みます。
かつてのiPhone3GSを彷彿とさせるようなボディでなんか懐かしいなぁ。時代は巡るってか。

ただ、エッジが丸くなっているということは側面のガラス面積が増えるということなので落とした時の画面割れリスクが怖いですね。

今回SIMフリーモデルを一括で購入したので傷や割れを防ぐためにしっかりカバーやフィルムを使って大切に運用していきたいと思います。

iPhone5s/iPhone6 Plusと比較!


iphone6review13.jpg
店頭で順番を待っている時にちょうどiPhone6とiPhone6 Plusが置いてあったので画面の大きさを比較してみました。

言わなくても分かると思いますが左がiPhone5s、右がiPhone6 Plusです。

こうして見るとやっぱり大きさ全然違いますねー。
特にPlusはバケモンですわ。もはやスマホってレベルじゃない。

ただ画面が大きくなるに従ってWebページを見た時の画像も大きく表示されるようになるので写真の良さは伝わりやすいです。

とりあえずどのデバイスでも表示崩れが無くてよかった。

iphone6review6.jpg
その後文房具カフェでiPhone5sと重ねて薄さを比較。
iPhone5s決して嫌いじゃないけどいかついな。
いかついというか無骨。
それがいいとこでもあるんだけど比較するとやはり厚みがあります。

iphone6review7.jpg
iPhone6の側面はこんな感じ。
左側にマナーモードのオンオフボタン、ボリュームボタンが付いているのは同じです。

iphone6review8.jpg
そして今回から右側面にスリープボタンが移動しました。
本体のサイズが大きくなったので上部にボタンを付けても押しにくいですからね。良い判断だと思います。

慣れるまで上を触ってしまいますが、慣れればやはり楽。

iphone6review9.jpg
裏面のデザインはこう。
アルミを全面に打ち出した感じは好感を持てるのですが、上下の白い線はどうにかならなかったのかと今でも思います。
せめて5sと同じツートン、もしくは線なしがよかったです。
まぁカバーを付けて運用するのでどちらでもいいっちゃいいんですが。

電池には良し悪しあり。


iphone6review10.jpg
iPhone6を昨日からメイン機として使っていますが、バッテリーには良いところ悪いところがそれぞれあります。

まず悪いとこから言うと定番ですが、バッテリーの減りが速いという点。電池の容量は増えましたが電池の減る速度が遅くなったかと言われるとあまりそうは感じません。iOS8のアップデートによっては改善する可能性はありますがiPhone5sを使っていた頃から劇的に変わったという感覚はないです。

逆に良い所は、電池を充電する時の速度。
急速充電に対応しているというだけあってこちらは体感でも確実に速くなっているのを感じます。みるみるうちに充電されていくので気持ち良い。カフェとかでサクッと充電するには便利そうです。

確実に進化はしているので次のiPhoneではバッテリーの持ちの方も劇的に改善してくれることを願っております。

僕がPlusよりもiPhone6(無印)の方が合っていると思う理由


2日間ほどiPhone6を使い、友達のPlusと比較してみて僕には6(無印)の方が合っているなと思った理由がいくつかあったので、ここからはそれについて書いていきます。

1. ポケットに入れても違和感がない


iphone6review30.jpg
iPhone6 Plusは良くも悪くもとにかくデカイ。
画面が大きいことはいいんですが、持ち運ぶ際にどうしても手間取ったり不格好になるんですよね。

僕は普段手ぶらで外出することが多いので基本的にiPhoneはポケットの中に入れて歩いています。
なので”ポケットへの収まり”というのは僕にとってはかなり重要な項目。

Plusでも入らないことはありませんが頭が出てしまったりポケットがパツパツになってしまったりでどうもカッコ悪い。

その点iPhone6は大きさも適度ですし、何よりも薄いというのが素晴らしいです。
ポケットにものを入れるときに大切なのは実は大きさよりも厚さ。
たとえ小さくても厚みがあるとポケットがボコっとなってしまうのであまりお洒落じゃないんですよね。

iPhone6はボディが薄い形状になっているのでどのポケットへ入れてもシルエットが出づらいのでとても気に入っています。むしろ厚みのことを考えると5sよりもいいんじゃないかな。

2. ケースなどのアクセサリーが豊富。


iphone6review19.jpg
当日はiPhone6を買ってその足で原宿のAppbank Store(Uni Case)に行ってケースを物色してきました。
発売日当日だというのにすでにiPhone6とPlus用のケースやアクセサリーが充実していたことにはびっくり。

そしてそこでもiPhone6でよかったなと思ったのがケースとアクセサリーの豊富さでした。

売り場の面積からしても6はPlusの2倍くらい。
Plusはどちらかと言うとシンプルでオーソドックスなものがほとんどだったのに対して、6はすでにバリエーションが沢山出ていて選ぶのも楽しかったです。

もちろんPlusもこれからドンドン新しい製品は出てくると思いますが、どうしても6よりはバリエーションは少なくなるはず。

「このケース、好みなんだけどPlus用がないんだよなぁ…」という悲しい思いをしなくて良いというのは幸せだと思います。

*買ったケースに関しては後で別途記事書きます。

<追記>

記事書きました!
一発でドンピシャなケースを買えてテンション上がってます。

iPhone6のお洒落な天然木ケース「MAN&WOOD」を購入。木目すべすべ、ゴールドによく似合います。

3.どのみちモバイルバッテリーは持ちあるかなければいけない。


発売前は「Plusにすれば電池の容量が大きいからモバイルバッテリーを持ち歩かなくてもいいんじゃないか」と思っていたのですが、いくら容量が大きくなってもフルに使ってしまうとたとえPlusと言えど一日持たずに電池が切れてしまうようです。

そうなってくると保険用にとモバイルバッテリーを持ち歩くことは必須。結局荷物が重くなってしまうわけですね。

僕は暇さえあれば、というか暇がなくてもスマホばかりいじっているので電池もすぐになくなってしまいます。どのみちモバイルバッテリーを持ち歩くのであれば電池の容量はそれほど関係ないので、6(無印)でも別に良かったかなと。


4. iPhone6の方がパズドラをプレイしやすい。


iphone6review12.jpg
色々言いましたが、僕の中での最終的な決め手はこれ。

パズドラをするならiPhone6。

これに尽きます。

画面が大きくなるということは必然的にプレイ画面も大きくなるということ。そしてパズルの盤面が大きくなるということです。

盤面が大きくなると操作がしづらい上に単純にドロップの移動距離が長くなります。ドロップの操作時間がそのままコンボの数に繋がると言っても過言ではないゲームなので移動距離が長くなるのはつらい。

また、僕は親指プレイヤーなので片手で操作している時に端から端まで指が届かないなんてもってのほか。

パズドラをプレイするのであれば現時点ではPlusよりも6の方が優れているのでパズドラーの方で機種変を悩まれている方は一つのポイントとして覚えておいて下さい。

満足のいくプロダクト。


以上個人的にPlusよりもiPhone6の方が良いと思う点をいくつか並べてみましたが、結局は我が子可愛さじゃないですけど自分の持っているデバイスに愛着が湧くのでPlusを使っている人はその人なりに良いと思うポイントがあると思います。

iPhone6に関しては唯一バッテリーの持ちが気になる程度でその他のサイズ・手触り・画面サイズ・サクサク感に関しては大満足。

iPhoneの正統進化と言った感じで非常に良いプロダクトに仕上がっているというのが僕の感想です。

機種変更をしても絶対間違いないのないモデルなのでこれから6にするかPlusにするか悩んでいる場合はこの記事を参考して頂けると幸いでございます。

iPhone6/iPhone6 Plus/iPhone5sについてのスペック比較はこちらの記事でまとめてありますので是非参考にして下さい。

さぁどれを買う!?iPhone6/iPhone6 Plus/iPhone5sとのスペック・サイズ・バッテリー・価格を比較表でまとめてみた!

iPhone6の予約はこちらから!


docomo/au/softbankの3社のiPhone6の予約先をこちらの記事にまとめております。Plusと6(無印)どちらにするか是非ご検討下さいませ。

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone6/6 Plusの予約は12日から、発売日は19日!選択の時は来た!


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
あとはせっかくSIMフリーなのでどこのMVNOを選ぶか考えるのが愉しみ。
profile

CATEGORY - iPhone6

total

37

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。