一枚に詰まった機能と特典。ミニマリスト必見の一体型カード「ミライノデビット」

0
3
2
0

 

毎日持ち歩くモノはできるだけ小さく、薄く、軽いほうがいい。

僕はこの考えの元に日々身の回りの持ち物を少しでもコンパクトにできないかと思いながら生活しています。

先日、規格を統一して小さな効率化。名刺をカードサイズに変えました。という記事で財布に合わせて名刺を変えた、という記事を書いたのですが実は合わせてもう一つ変えたものがありました。

それがメインのクレジットカード。

正確に言うとデビットカードなのですが、多くの機能を一枚に凝縮した素晴らしい一枚に出会うことができました。

人気殺到のカード「ミライノデビット プラチナ」

今回僕が選んだのは住信SBIネット銀行が展開している「ミライノデビット プラチナ」というデビットカード。

今年4月にサービス開始以後、申込みが殺到してしまい一時期発行が停止されていたほどの人気があるカードです。

先日僕が作っているキャッシュレス時代の財布「PRESSo」のファンミーティングを行った際に来てくれた参加者の方が「すごいオススメのカードあるんですよ!」と熱を持って紹介してくれたカードで、確かに話を聞いてみたら僕の理想にぴったり。募集再開の知らせと同時に間髪入れずに申し込みをしました。

銀行のキャッシュカード一体型

まず僕がこのカードに決めた一つの理由がこちら。この「ミライノデビット プラチナ」は銀行のキャッシュカード一体型のカード。

僕は今までアメックスのクレジットカードと三菱UFJ銀行のキャッシュカードの2枚を財布の中に入れて持ち運んでいました。そこを「ミライノデビット プラチナ」に変えれば2つのカードの機能をまとめて使うことができるんですね。

住信SBIネット銀行はネットのみで実店舗を持たないものの、全国のコンビニATMと提携をしているので利便性の問題はほぼクリアしていると言っていいいでしょう。

ボディーブローのように地味に効いてくる手数料問題も次の章で触れますがほぼ無料みたいなものなので、メガバンクのキャッシュカードと比べてむしろ優秀と言えるかもしれません。

振込・引出し手数料がほぼ無料!

ランク 振込手数料 引出し手数料
4 15回無料 15回無料
3 7回無料 7回無料
2 5回無料 3回無料
1 2回無料 1回無料

この住信SBIネット銀行には「スマプロランク」というものが存在し、このランクに応じて一月の中で無料で振込、引出できる回数が付与されます。

口座開設の段階では「ランク2」から始まり、「ミライノデビット プラチナ」を申し込むとランクが2つ上がり「ランク4」になるので一ヶ月の振込手数料と引出し手数料がそれぞれ15回まで無料になるのです。

月15回ってほぼ2日に1回なので、これだけ無料分があれば十分すぎるほど。現金をあまり使わない生活をしているとは言え必要に迫られて下ろすことはよくあるのでそれが毎度無料になるのはありがたいです。

振込も家賃の支払い等定期的に発生するものが多く、積み重なれば結構大きな金額になりますからね。

どこのコンビニでも引き出せて、さらにそれが無料というのは大きなポイント。

マスターカードで還元率1%

ブランドは世界第2位のシェアを持つ「マスターカード」。デビットでの採用は国内初とのことです。

マスターカードであれば日本のみならず世界でも多くの店舗が導入をしているので使い勝手で困ることはほぼないと思います。

そしてこのカードの還元率は「1%」。デビットカードの中ではかなり率の良い部類に入りますし、一般的なクレジットカードと比べても悪い数字ではないのでメインのカードにして支払いをまとめるには申し分なし。

デザインがカッコいい。

これは完全に私見なのですが、黒を貴重としたシンプルなデザインが格好良く、財布「PRESSo」の中に入れていてもしっくり来るように感じます。

あまり見せないものではあるけれど、毎日身につけるモノなのであれば極力自分の好みのモノを持ち歩きたい。そういった意味でも個人的に「持ちたい」と思えるデザインかどうかというのは大事な所。

世界中のWi-Fiスポットが使える!

続いてこれも重要な推しポイント。僕は出先で仕事をすることも多いのでWi-Fiと電源の確保が生命線になってくるのですが、なんとこの「ミライノデビット プラチナ」には世界中のWi-Fiが使えるサービス「Boingo」の使用可能アカウントが無料で付いてきます。

大手キャリアのWi-Fiも「Boingo」のサービス内に入っているので、街中到るところのWi-Fiが使い放題。東京であればほぼWi-Fiには困らないレベルで無数にスポットが存在しますし、郊外でもそれなりに十分な数が用意されています。

そして「Boingo」はグローバルサービスなので海外でも同様に、到るところでスポットを使うことが可能。

「Boingo」が使えるというだけでも登録をする価値はあるんじゃないかと思えるくらい良い特典ですね。

旅行保険・ラウンジ利用権付き

「ミライノデビット プラチナ」はデビットですが一応部類としてはプラチナカードと謳っているので、旅行に行く際のサービスも手厚くなっています。

まず海外・国内旅行の保険付き。持っているだけで効力を持つので事前の申請等は一切ありません。万が一の怪我や、高価な失くし物をしたときも安心。

そして国内外の空港のラウンジを無料で利用することもできます。僕自身海外旅行は良く行くのですが空港でラウンジが使えると息抜きにも仕事にも使えて非常に捗るんですよね。

年会費は10,800円

「ミライノデビット プラチナ」の年会費は10,800円。

年会費がかかるタイプのカードは少し躊躇する気持ちはわかりますが、手数料が無料なことと高還元率、オプションの機能を鑑みれば妥当なラインだと思いますね。

年会費が気になるという場合は、無印のミライノ デビットというデビットカードも同じくキャッシュカード一体型で、特典こそ付きませんが無料で使うことが出来るので合わせてご紹介しておきます。

今の僕の財布の中身

「ミライノデビット プラチナ」を使い始めてから、僕の財布の中身はこうなりました。

・ミライノデビット プラチナ
・会社用クレジットカード(アメックス)
・運転免許証
・名刺

今まで複数のカードに分かれていた機能が一枚に凝縮されることによってより持ち物が少なくすっきりしましたね。こういう改善は常に行っていきたいと思います。

本来は全てスマホに取り込めれば一番ありがたいんですけどね…

一枚に、全てが詰まってる。

という訳で、今僕がメインで使っているカード「ミライノデビット プラチナ」を記事でご紹介してみました。

持ち物をより少なくコンパクトに圧縮したいという人には是非オススメしたいカードで、付帯のオプションも実に僕の生活にマッチしてくれています。

デメリットは強いて言えばデビットカードなのでApple Payに対応していないところくらいですかね…。それ以外は大満足で毎度頼りにさせてもらっています。

一枚の中に欲しい機能が詰まったカード。僕と同じ様に身の回りの無駄を無くしたい方はぜひ取り入れてみて下さい。

ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)| 住信SBIネット銀行

動画もあるよ

この「ミライノデビット プラチナ」については以前Youtubeでも紹介させていただいたのですが、その時にもかなり反響があったので動画も併せて載せておきます。熱量は動画の方が伝わると思いますのでよければご覧くださいませ。

関連:キャッシュレス時代の財布

Presso minimal wallet 0001

関連ではこのカードに出会うきっかけとなった財布「PRESSo」を紹介。自分で作ったモノですが、我ながら良い製品を産めたと思います。

キャッシュレス時代、メンズコンパクト財布の究極系「PRESSo」

ホーリーはこう思うよ。
profile
財布の中身は一旦これで終わりかな…?もしまた改善したらお知らせします。

更新情報はLINE@で!
ここまでお読みいだきありがとうございます!更新情報や限定コンテンツはLINE@でお届けしていますので、右のボタンから登録をお願いします!あなたのスマホに記事を直接お届け。

CATEGORY - 日常アイテム

total

5

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。

一枚に詰まった機能と特典。ミニマリスト必見の一体型カード「ミライノデビット」

monographはiPhone・Macなどのガジェットを中心に管理人PITE.の気になるモノを幅広く紹介するブログメディアです。月間50〜70万PV。気軽に楽しんで行って下さい。

Copyright© iPhone・Macの情報発信ブログ "monograph" , 2019 All Rights Reserved.