つるりとした朝を迎えるために。液体歯磨き「THE MOUTH WASH」

0
5
0
9

    2018/05/21

The mousewash review 0001

「やる気」というものは何となく人の内側から出てくるもののように感じますが、本当は外側からやってくるもの。

刺激に触れる内、体を動かす内に自然と気持ちの方が動いていって、それから感情が生まれます。この順序を自然と理解していたのか、僕は昔から、それこそ中学生くらいの頃から「やる気」を自然と産めるような仕組みを用意していました。

受験勉強をするときは必ず友達とカフェに集まるようにする。2ヶ月に一回は新しいノートに変えるようにする。本屋さんに行って1時間くらい立ち読みをしてから帰る。

自分が意思の弱い人間だということを理解していたので、積極的に仲間やモノに頼って、外側から刺激を受け自分を律するような生活がいつの間にか身についていたのです。

この習慣は今も一緒でブログを書く時はよく仲間と集まりますし、身の回りのモノにはより一層こだわりを持つようになりました。

最近だと「朝渋」というコミュニティで本の出版イベントを行った例なんかはまさにそれですね。

早起きをしたいのであれば、早起きするための理由を作る。一緒に頑張れる仲間を作る。それが一番手っ取り早い解決策です。

家の中にも早起きの「仲間」を

The mousewash review 0002

「朝渋」の方々とは毎日オンラインで「おはよう」と「おやすみ」のタイミングでコミュニケーションを取り、励ましてもらっていたのですが、それだけでなく何か頼れる「モノ」を揃えたくなるのが僕の習性。

一緒に朝を楽しく迎えられる「モノ」がないかなと、探していた所、東京駅のKITTEで偶然見つけたのがこのTHE MOUTH WASHというアイテム。

「まだない定番のモノを作る」というコンセプトの日本のブランド「THE」から発売されている液体歯磨きです。このブランド、個人的にとても好みの製品がたくさん並べられていて、ついつい色々と買い込んできてしまいました。

今まであまり陽の当たることのなかった目立たない日用品にスポットライトを当て、定番を作り出そうという発想がとてもいいなと。身の回りの全てのモノにこだわりを持ちたい僕にはありがたいブランド。

”磨く前”に含む液体歯磨き

The mousewash review 0003

このTHE MOUTH WASHはコンビニで売られているリステリンのような、「歯磨きの代わりになる洗口液」とは用途が異なります。

「歯磨きをする前に口に含んで、その後歯ブラシで歯を磨く」というのがTHE MOUTH WASHの使い方。歯磨きを始める前に少量を口に含み20秒ほどすすいで、吐き出してから歯を磨く。これによって口の中の汚れを浮きやすく、取り除きやすくしてからブラッシングができるというもの。

オーガニックブランド「Cosme Kitchen」と「THE」の共同開発で生まれた製品なので使われている成分も全て100%植物由来。化学物質っぽいイメージの歯磨き粉の逆を行く液体歯磨き。

The mousewash review 0004

僕の経験として、物理的に体が直立していることと、”目が覚めて”いることは、大きく違います。

そして眠気を払い”目を覚ます”ために一番効果的なのはやはり「歯磨き」。朝起きたら取り敢えずこのTHE MOUTH WASHを少しだけ口に含みます。

The mousewash review 0005

お供は僕のガラスコップの「定番」である、「VISION GLASS(ヴィジョングラス)」

THE MOUTH WASHを口に含むと爽やかな香りと共に凛とした目覚めがやってきます。口に含むだけの「洗口液」と違ってきちんと歯磨きもするので汚れをしっかり落とせるのも良いところ。

磨き終わった後も歯が液体でコーティングされているので舌でさわってもつるつるしているのを実感できます。ペースト状の歯磨き粉は、細かい粒子で削りって汚れを取る形なので磨き終わったあと、歯や口の中がパサパサしてしまいがちなんですよね。

歯磨きが終わった後もしばらく効果が持続してくれるのがTHE MOUTH WASHのポイントです。

「目覚め」のスイッチを

The mousewash review 0006

そして意外と大事なのがパッケージ。こういう気分を上げるためのモノは中身も大事ですが、置いていて気持ちが良い、見ていて楽しいモノを選ぶべきです。

THE MOUTH WASHはパッケージもシンプルかつ上品な印象なので洗面台に置いておくだけで場が引き締まります。今使っているペーストの歯磨き粉と並べてみると一目瞭然。

小さいけれど、こういう自分のための「やる気のスイッチ」を生活の中に散りばめていけば自ずと勝手に体が動いて、気持ちが動いて、生活が動き始めます。

これからもこういう「仲間」たちをたくさん見つけていきたいと思います。

”目覚め”の灯り

Philips hue review 2 1

もう一つ朝のスイッチとして僕はスマホと連携した電球Hue(ヒュー)を生活に取り入れています。毎朝決まった時間に電気を付けてくれるので寝覚めの周期をコントロールすることができる頼れるやつです。

スマホで操作できるスマートIoT照明「Philips Hue(ヒュー)」

ホーリーはこう思うよ。
profile
歯磨きが楽しくなるなら、きっと何でも楽しくできる。

この記事はあなたの役に立ちましたか?
ここまでお読みいだきありがとうございます!もしこの記事があなたの役に立ったと感じてくれたら、LINE@の友だち登録をお願いします。更新情報や限定コンテンツをあなたのスマホに直接お届けいたします。

CATEGORY - 家のモノ

total

14

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。