monograph

コンパクトなモノで気分を上げる。僕が毎週使っているジム用品5つ。

12
10
4
58

 

Gym goods 4
まずは形から入るタイプ。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。PITE.(@infoNumber333)です。

[僕が毎日楽しみにしている]でも少し話しましたが毎週木曜日はジムの日と決めています。友達と身体を動かして、広いお風呂に入ってダラダラと他愛もない話をするのがもう楽しくて楽しくて。ジムに行くのが辛いという感想をたまに聴きますが僕の場合はむしろ週に一回行けない方が辛いほど。

ただ、ジムを楽しくする工夫は僕も少しだけしていて、その内の一つに用具にこだわるというものがあります。大抵何のジャンルでも僕のアプローチはいつも同じですね。モノにこだわれば気分が上がる、気分が上がれば成果も上がります。自分なりのモチベーションコントロールの方法を持つことが大事。

そんなわけで今回は僕がジムに毎週行きたくなるようなジム用アイテムをまとめてご紹介しておきます。運動を続けるモチベーションがほしい方は是非ご参考に。

SPONSORED

Ballop


Gym goods 1
僕のジムアイテムの中で中核を成しているのは間違いなくこいつ。片足87gという驚異的な軽さジム用シューズ「BALLOP」です。折りたたみもできるので2つ重ねてもかさばらず、どんなバッグの中にでもスッと滑り込ませることができます。会社帰りのジムのために普通のスニーカーを一日持ち歩くのかなりしんどいですからね…。これならほとんどモノを持ち運んでいる感覚なく過ごせます。一番のオススメ。

ジム用折りたたみスニーカー(シューズ)「BALLOP」

NIKEのウェア


Gym goods 2
ジムに行くなら着替えは必須。大抵トレーニングウェアはTシャツに落ち着くと思いますが、意外とTシャツ選びって難しいですよね。いかにも寝間着、というTシャツも恥ずかしいし、高校〜大学の部活のTシャツとかもかなりキツい。なので僕は一着だけちゃんとしたトレーニングウェアを購入しました。

NIKEで購入したウェアなのですが、素材がめちゃめちゃ薄い&サラサラしているので持ち運びやすく着やすいアイテム。薄さの割に冬場の野外のランニングでも使えるレベルの保温性能が高い素材が使われているので、少しの運動で沢山汗をかくことができます。

さらにこの黄色いラインが姿勢を矯正してくれる機能があるので正しい姿勢・フォームでトレーニングができるというのもポイント。猫背がちの僕にとっては非常にありがたい存在です。

Gym goods 3
ウェアとセットで買ったハーフパンツ。さりげないドットがお気に入り。ウェアとパンツとBALLOPでブラック×イエローのカラートーンを統一しているのがちょっとしたこだわり。

ミニタオル「ACTEON」


Gym goods 5
トレーニングルームに入る際はポケットの中にこれを一巻き忍ばせます。超コンパクトなミニタオルで、軽量かつ速乾性抜群。

Gym goods 8
持っていくのを忘れないようにこんな感じでBALLOPのクリアケースの中に入れて一緒に保管しています。

手のひらに収まるジム用速乾タオル「ACTEON(アクテオン)」


SWANSの速乾タオル


Gym goods 1
先程の「ACTEON(アクテオン)」はトレーニング用の汗を拭くタオルでこちらはトレーニング後のお風呂用タオル。このお風呂タイムがあるから週一回の筋トレを頑張れるというものです。こちらも元は水泳用ということで速乾性・吸水性に優れています。

ジムに最適!SWANSのスポーツ用速乾ドライタオル

the DASH


Gym goods 6
そして最後に本命を。

僕が普段使いしている完全ワイヤレスイヤホン「THE DASH」をジムの時は必ず持っていきます。トレーニングにおいて音楽は欠かすことの相棒。音質も機能も携帯性も妥協したくなかったので結果やはりこれが最適。

Gym goods 7
本体だけ取り出せばこのサイズですからね。これをいつもポケットに入れてトレーニングルームに向かいます。ケーブルが一切ないのでどんな体勢でも邪魔になりませんし激しく動いても外れない。



最近はよくこの曲を聴いてますね。曲名そのままですが、辛くてももうやるしかないという気持ちにさせてくれます。

モノがあればがんばれる


Gym goods 4
元々僕は意思がそんなに強い方ではないので、割とすぐサボったりだらけてしまいます。なので自分のこともそんなに信用もしておらず、何かをするときはできるだけ外部の自分以外の存在に頼るようにしています。

それが筋トレの場合は一緒にジムに行ってくれる「仲間」であり少しでもトレーニングを楽しく楽にしてくれる「モノ」達。

「意思を強く持て」というのは正直精神論以外の何物でもありませんし何の解決にもアドバイスにもなっていません。意思は弱いままでも良いので、少しでも目的を達成しやすくする環境づくりが大切だと思います。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
こういう記事書いてると書く過程の中で持ち物のことをちゃんと把握できる気がするので、これからもこんな感じでジャンルを区切って僕の持ち物まとめていこうかなと思いました。
profile

CATEGORY - 日常アイテム

monograph
monographでは各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。フォロワーさんは全部で一万人とちょっと。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローをしていただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたら最高ですが今のオススメは[email protected]ですね。

total

84

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。