monograph

充電力の強さが分かる「SATECHI USB Type-C 電圧・電流チェッカー」。ガジェットブロガーは一つ持っておくと便利。

2
4
1
18

    2017/05/08

Satechi usb c power checker 10

見えないものが見えてくる。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

ほぼ隔週くらいのペースで僕の家には新しいモバイルバッテリーが届きます。記事を書くものもありますし、書かないものもあるのですが、バッテリーの良し悪しって正直パット見ではあまり分かりませんよね。蓄電量・サイズ・デザインなどは数字や見た目で判断がしやすいので説明もしやすいのですが、バッテリー自体の性能や給電量・充電スピードなど目に見えない部分が多いのも確か。

普通のライトユーザーの方はそこまで気にする必要はないのかもしれませんが、僕のように色々なバッテリーを試すのが好きという方はきっとそのあたりも気になってくると思います。


drip

SPONSORED


SATECHIのUSB Type-C 電圧・電流チェッカー

Satechi usb c power checker 2

そんな方に是非一度使ってみてほしいのがこちらのSatechi サテチ USB-C パワーメーターテスター。今回レビュー用にとSatechi様からご提供をいただいたのですが試してみるとなかなか面白い製品でした。

Satechiらしい滑らかなアルミボディ

Satechi usb c power checker 3

こちらが箱から取り出したSatechi サテチ USB-C パワーメーターテスター。以前シンプルデザインのアルミニウムボディが超COOL!SATECHIのワイヤレスBluetoothヘッドホンレビューという記事でもご紹介しましたがこのSatechiというブランドはアルミニウムを使った製品を作るのが得意なメーカー。表面が滑らかで美しいアルミ素材のPC周辺機器を多数製造されており、シンプルなデザインからApple製品との親和性が非常に高いのが特徴。

Satechi usb c power checker 4

正面にはディスプレイがあり、背面はこのように何もない作りになっています。

Satechi usb c power checker 5

一端にはUSB-Cのメス端子があり、

Satechi usb c power checker 6

逆の一端にはUSB-Cのオス端子があります。なのでUSB-Cのケーブルを繋ぐ際に機器とケーブルの間に挟み込んで使うというアイテムです。これを使うことにより機器と機器の間に流れる電力の流れを数値で可視化することができます。最近はやっとUSB-C端子のデバイスが増えてきましたし、今後はUSB-C一強時代に入ると思うのでこの端子のチェッカーを持っておいて損はないと思います。

SATECHIのUSB Type-C 電圧・電流チェッカーを繋いでみる

Satechi usb c power checker 7

早速Satechi サテチ USB-C パワーメーターテスターをMacbook12インチと接続してみました。サイズがコンパクトなので間に差してもそれほど気にならないのが良いですね。

Satechi usb c power checker 10

接続すると「SATECHI」のブランド名が表示され、自動的に測定が始まります。

表示される4つの項目

Satechi usb c power checker 8

Satechi サテチ USB-C パワーメーターテスターが測定するのは上の画像に表示されている4つの項目

左上の数値「14.3v」は充電時の「電圧」を示しています。簡単に言うと電気を押し出す力。

右上の数値「1.74A」は流れている「電流の量」、左下の数値は「17mAh」はデバイスをチェッカーに接続してから充電された「電気の合計量」を示しています。

そして右下の矢印は「流れている電気の方向」です。どちらの端子からでも充電ができるUSB-C特有の項目と言えるでしょう。

バッテリーや充電機器自体の性能いわゆる「充電力(ワット)」は「電圧」×「電流の量」で算出することができます。遥か昔に中学校かどこかで習ったような気がしますね…

なので上のApple純正充電器・純正USB-Cケーブルの「充電力」は「14.3v」×「1.74A」=約24.9Wという答えになります。

Satechi usb c power checker 11

そこに僕がいつも使っているHooTooのUSB Type-C USBハブを間に噛ませてみると「電流の量」が若干減少し合計の力は約22.3Wとなり、何も使わない状態よりも約10%充電性能が落ちるというわけですね。わかりやすい。

モバイルバッテリー×USB-Cでも試してみる

Satechi usb c power checker 13

同様に僕がいつも持ち運んでいる小型のモバイルバッテリーとUSB-Cケーブルでも充電力を試してみます。こちらのセットについてはMacbookをモバイルバッテリーで充電/給電するためにCHOETECHのUSB-C×USB-Aケーブルを買いましたという記事でご紹介していますが、このセットがあれば出先でもMacbookを充電/給電可能なので家の外での作業時間が大幅に伸びるというアイテム。

Satechi usb c power checker 12

こちらを接続すると電圧「4.52v」、電流「2.32A」という数値が出ました。コンセント接続に比べて電圧が低く、電流が多いという形ですね。合計の充電力は「約10.5W」となりコンセント充電の40%くらいの力があるということが分かりました。個人的な感覚ですがモバイルバッテリーにしては思ったよりも力が強いのではないかなという印象でした。

このバッテリー自体の出力は理論値で10V-12Vくらいまではいけるらしいのですが、このUSB-Cケーブル自体の最大電圧が5Vまでしか対応していないため充電力が低くなっているという形ですね。両端USB-Cであればもう少し対応電圧が高いケーブルもあるのですがUSB-A接続となるとこれくらいが限界なのかもしれませんね。

ガジェットレビューのお供に

このように今まで何となく「充電時間」等で測っていた充電に関するスペックをSatechi サテチ USB-C パワーメーターテスターを使えば可視化することができるというお話でした。普通の方はそこまで知らなくても良い情報かもしれませんが僕のようなガジェット好き、ブロガーの方なんかは持っておくと面白いアイテムではないかなと思います。ちょっとこれで家のバッテリー試しまくって真の最強バッテリーを見つけ直してみようかな。

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip


drip

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
逆に僕もガジェットブロガーの端くれとしてなんで今まで持ってなかったんだろうと思いました。
profile

CATEGORY - モバイルバッテリー

monograph
monographでは各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。フォロワーさんは全部で一万人とちょっと。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローをしていただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたら最高ですが今のオススメはLINE@ですね。

total

25

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。