monograph

タマゴ型のフォルムが可愛い!LEDライト付きのAnypro製アロマ加湿器[PR]

1
6
5
9

    2016/12/30

Anypro kashitsuki 1
これでもう冬の対策は万全。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

最近グッと寒くなってきて空気もかなり乾燥してきました。東京の冬は寒いね。

さらに朝起きるときはエアコン付けてからベッドから出る派なので唇がもうカッサカサ。暖かさには代えられませんが、乾燥しすぎも唇が切れたり口内炎が出来たりでまぁツラいです。

先日一台加湿器を手に入れてからは乾燥も若干マシにはなってきたのですが一台では寝室とリビング両方をまかないきれないため、もう一台くらいちょうどいいサイズの加湿器が必要だなぁと思っていました。

そんな折に季節柄もあってか、度々製品を提供いただいているAnypro様から一台加湿器を提供いただけることになりました。Anyproは僕も最近注目しているメーカーの一つで、クオリティの高いの防水Bluetoothスピーカーシンプルで超可愛い、持ち運べるUSB扇風機など、クオリティへのこだわりとセンスが感じられる製品を世に出しています。

そんなAnypro製の加湿器ということで、今回もどんな製品か期待を込めながらレビューしていきたいと思います。

Anyproのタマゴ型アロマ加湿器


Anypro kashitsuki 5
こちらがパッケージ。ダンボールに製品のシルエットが印字されています。

Anypro kashitsuki 7
開封すると中から可愛らしいタマゴ型の加湿器が!

なんとなくドラゴンボールに出てきそうなデザイン。あとコナンの映画にもこういうの出てきた気がする。

上半分のクリアな部分に水を補給し、残量が分かるような設計になっています。見て分かる通り余計な機能は一切ないシンプルなデザインですね。

Anypro kashitsuki 8
操作周りも超シンプル。真ん中に付いているツマミを回すと水蒸気が出始め、右に回すほど水蒸気の量が多くなります。赤子でも使える簡単設計。

Anypro kashitsuki 10
上部の噴出口はこのようになっていて、くるくると噴出口を回せば自由な方向に水蒸気を向けることが可能です。

Anypro kashitsuki 4
噴出口の反対側についている小さな蓋を外すとアロマオイルを垂らす部分が出てきます。ここにアロマをセットしておけば水蒸気と共にアロマの芳しい匂いも部屋に振り撒いてくれます。部屋の空気だけでなく心も潤うというわけですね。

Anypro kashitsuki 9
さっそくツマミを回すと、回した瞬間にシュゴー!とかすかな音を立てながら水蒸気が噴出!起動には全く時間がかかりません。

Anypro kashitsuki 3
上部の蓋を外してみると大量の水蒸気がもくもくと沸き立ちます。
補充しておける水の量も多く、なんと最大30時間も加湿続けてくれるらしいです。これでもう僕の家の乾燥対策は万全でしょう。

LEDライトで優しく光る。


Anypro kashitsuki 2
さらにこのタマゴ型加湿器、実は部屋を暗くするとほんのり優しく光るというオマケ機能が。アロマの香りと相まってリラックス効果の高い加湿器です。

Anypro kashitsuki 6
色は一定時間でランダムに変わっていき、

Anypro kashitsuki 11
自分の気に入った色があればそこで止めることもできます。
タマゴの中の管の部分に水蒸気が溜まり、ライトアップされるととても幻想的。まるで精霊か何かがタマゴの中に閉じ込められているようです。

さすがAnypro間違いはない、けど…


Anypro kashitsuki 1
というわけでAnypro製のタマゴ型アロマ加湿器のご紹介でした。加湿器としては充分な機能を持った製品なのでコンパクトな加湿器をお探しの方はオススメです。

ただ、今回レビューをしていて思ったのは「Anypro、まだまだこんなものじゃないだろう」ということ。

確かに無難なところにまとまった加湿器ではありますが、Anyproらしい”デザイン”と”クオリティのこだわり”はまだこの製品からは感じられませんでした。

こちらも良い製品だとは思いますがAnyproが出すならもっと一段上の加湿器を期待してしまいますね。

とはいえ僕のAnyproへの期待が高いだけで、上述の通りこの加湿器も充分優秀な製品。レビューを見て「全然これでいいじゃん!」と思ってもらいる方もいらっしゃると思うので僕の思いはこれくらいに留めておいて今回は筆を置きたいと思います。



Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
最近各社モバイルバッテリー・スピーカー・加湿器の3種類の製品をめちゃめちゃ量産している気がします。このラインはきっと製造が比較的簡単でコストも抑えられる製品なんでしょうね。機能がそこまで変わらないとすると後はマーケティングの勝負になるでしょう。ガジェット戦国時代はまだまだ始まったばかり。
profile

CATEGORY - 日常アイテム

total

21

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。