デジタルとリアルの境界線を無くすウェアラブルガジェット「sixth sense」。SF映画の時代がやって来る!

0
14
1
3

    2014/11/16

sixth sense007.jpg

「シックスセンス」と聞いて何を思い出しますか?僕はあの映画のやつを思い出しました。PITE.(@infoNumber333)です。

今日は友達とガジェットについての話をしている時に「これ凄いんだよ!」と教えてもらった未来の技術を紹介します。

その名も「Sixth Sense(第六感)」

”デジタルの世界を現実へと持ってくる”という今までのデバイスとは一線を画す面白いコンセプトの製品です。

TEDで動画が公開されていたので早速その内容を解説していこうと思います。
この動画を見た時は僕もワクワクが止まりませんでしたよ。

現実をデジタルの世界に持ち込む。

sixth sense020.jpg

「Sixth Sense」の開発者、プラナフ・ミストリーさんは最初、日常で日々使っているジェスチャーをデジタルの世界に持ち込むことはできないだろうかと考えました。

今はキーボードやマウス、タッチパネルなどがデータ入力の主流デバイスですが、ジェスチャーをそのまま読み取った方がより直感的に、素早くデジタル世界にアクセスできると思ったからです。

sixth sense001.jpg

プラナフさんはまずマウスのセンサーに注目しました。
そしてマウスを解体し、ボールの動きを読み取る2つのセンサーがマウスのコアだという事を知ります。

sixth sense012.jpg

同じようにもう一つマウスを解体し、中に仕込まれている合計4つのセンサーを使って彼は(たぶん)世界初のウェアラブルガジェットを開発しました。

sixth sense015.jpg

それがこちら。指先に紐を付け、その紐の移動距離によって指の動きを読み取る仕組みです。

sixth sense017.jpg

極めて原始的な作りにも関わらず、これで指の動きをそのままデジタルの世界へ伝えることが可能になりました。

sixth sense010.jpg

そして彼は研究を重ね、3D情報をそのままデジタル情報へと変換する3Dペンなども開発していきます。進歩が早い。 

次はデジタルを現実の世界へ!

sixth sense022.jpg

こうして”現実をデジタルの世界に”持ち込むことに成功したプラナフ氏は次は”デジタルを現実の世界に”持ってくることができないかと考えました。

sixth sense018.jpg

最初はデジタル情報を現実に投影するため、大きなプロジェクターを頭に付けることにw この辺ちょっとアホっぽくて好感持てます。

sixth sense000.jpg

そして研究を重ね、これくらいの大きさまで縮小化、軽量化されました。でもこれはさすがにウェアブルとは言いがたい…と思った次の瞬間!

sixth sense007.jpg

画面に映るさらに改良、小型化されペンダントタイプのガジェット。

これが「Sixth Sense」です。

この小型プロジェクターから映しだされる映像に手をかざしたり、触れたりすることによってデジタルを現実の世界で体験することが可能になります。

sixth sense024.jpg

基本的には”指の動きを感知する”というのが主な機能です。
しかし、これを応用した使い方がものすごい。

sixth sense009.jpg

例えばこのように指で枠を作るようなジェスチャーをすると、その指の間に映る風景を写真として切り取ることができます。

sixth sense003.jpg

これは一度やってみたい。
もしかしたら数年後の未来にはこうやって写真を取ることが主流になるのかもしれません。

sixth sense011.jpg

撮影した写真は壁さえあればどこでも編集やシェアをすることが可能です。

sixth sense005.jpg

もし身近に壁がなくても大丈夫。
このように手のひらに画面を投影することもできます。
これは左手にダイアルを投影して電話をかけているところです。
これも格好良いなァ。

sixth sense014.jpg

他にも腕をかざすと時計が確認できたり、

sixth sense025.jpg

本のタイトルからネットのレビューを確認できたり、

sixth sense023.jpg

床を使ったホッケーゲームや、

sixth sense026.jpg

相手を認識して、名刺代わりの情報を表示させることも出来ます。
応用の幅がすごい。

sixth sense004.jpg

そしてこの「Sixth Sense」が本領を発揮するのはここから。
何でも良いので「紙」を専用のデバイスで接続します。

sixth sense008.jpg

するとそこに映像を投影できたり、

sixth sense019.jpg

文章やウェブサイトを映し出すことができます。
今の時代はタブレット型のデバイスを持ち歩くことが流行っていますが、もしこれが実用化されれば持ち歩くのは紙一枚で済んでしまいます。

sixth sense013.jpg

他にも地図を読み取って各地の気温を表示したり、

sixth sense002.jpg

新聞の一面の画像を動かしたりすることも。

sixth sense021.jpg

飛行機のチケットをかざせば時間を教えてくれますし、

sixth sense016.jpg

紙を傾けてレースゲームを楽しんだりすることもできます。

画面のいらない未来のガジェット。

この「Sixth Sense」が優れているのは”画面を必要としない”ということにあります。逆に言えば日常のもの全てが画面になりうるということでもあります。もしかしたら将来はスマホもタブレットも持ち歩かずにデジタル世界へとアクセスできる世の中が広がっているかもしれません。

そして驚く事なかれ、この「Sixth Sense」の発表がTEDで行われたのはなんと2009年
実はこれもう4年も前に発表された技術なのです。

発表後、「Sixth Sense」はオープンソース化されたそうで今でも研究が続けられています。4年たった今、この技術がどれだけ進歩したか楽しみです。

以前紹介した”立体”をリアルタイムで伝達できる凄い技術「inFORM」ジェスチャーだけでガジェットを操れるコントローラー「MYO」のようにこれからは”人間の自然な動き”に着目したウェアラブルデバイスが流行していくんじゃないかなァと僕は思っています。

プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー | Video on TED.com

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。

きっと数十年後には想像もつかない世界が広がっているんだろうなぁ。早くおじいちゃんになりたい。

CATEGORY - TECH

total

18

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。