”立体”をリアルタイムで伝達できる凄い技術「inFORM」。未来の可能性を感じます。

0
11
1
2

    2014/11/16

inform017.jpg

今日は長距離移動なので電池が持つ限り記事を書けます。PITE.(@infoNumber333)です。Macがあると長い時間も苦に感じませんね。

今日はネットで見つけた新技術「inFORM」をご紹介。

なんと”立体”の情報をリアルタイムで離れた所に伝えることができるテクノロジーです。まだプロトタイプといった感じですが、非常に未来を感じます。

inFORM

inform006.jpg

「inFORM」は離れた所にある”立体”の情報を30✕30の900ピクセルを使って再現することのできるテクノロジーです。

inform009.jpg

操作はKinectを使って行います。

inform013.jpg

画面にはピクセルを上から見た映像が映し出されるのでそれを見て手を動かすと離れた所にあるピクセルが反応するという仕組みです。

inform003.jpg

「inFORM」は手だけでなくお盆のような物体や、

inform001.jpg

ミニカーのようなモデルを再現することができます。これはカッコイイ。

inform007.jpg

離れたところにある懐中電灯を操作しています。

inform016.jpg

この技術を応用してピタゴラスイッチのように物体を動かしたり、

inform010.jpg

3Dモデリングに使用したりすることができます。

inform008.jpg

さらに凄いのはこの「inFORM」自体がインターフェイスとして操作できる店にあります。

特定のピクセルを押したり、手をかざすことによってモデルを操作することができます。

inform011.jpg

この辺りは動画を見てほしいのですが、上から映しだされるプレジェクターの画像とピクセルが連動していて面白い動きをします。プロジェクションマッピングの応用ですね。

inform005.jpg

特に刺さったのはこれ。

iPadで見ていたグラフを3Dで表現しています。
これプレゼントかで使ったらめちゃめちゃカッコイイなぁ。

これからの発展に期待

「inFORM」は現時点では900ピクセルなので「粗い」表現しかできませんが、解像度を上げていけば更に滑らかな動作が可能になるでしょう。それほど技術的には難しくないようなので、意外とすぐに実用化されるものが現れるかもしれません。

「一家に一台」とはいかないと思いますが、オフィスやラボに普及していくと面白いですね。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。

こういう技術って十中八九自分は使い道ないんだけど、なんかわくわくするよね!

CATEGORY - TECH

total

14

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。