8000円で買えるAnkerブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」

21
28
2
39

 

Zoro wireless earphone 0020

「安かろう悪かろう」という言葉が通用しないブランドがここにあります。それが立ち上げ当初からこのブログでも応援をしている「ANKER」。値段から想像される期待を良い意味で毎回裏切り、低価格で必要十分以上のクオリティの製品を僕らに供給してくれます。

そんな「ANKER」から派生したブランド「Zolo」から満を持して、「完全ワイヤレスのイヤホン」が今回登場することになりました。通常のワイヤレスイヤホンでは既に数多く良い製品を出しているANKERだけに、完全ワイヤレスでもきっと間違いの無い製品に違いない。今回発売前にその新製品を一台ご提供いただいたので数日使ってみてのレビューをお届けしたいと思います。

ANKERブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」

Zoro wireless earphone 0004

こちらが今回発売された「Zolo Liberty」という完全ワイヤレスイヤホンのパッケージ。店頭に並べることを想定しているのか、ANKERのパッケージと異なりかなりきちんとしています。

Zoro wireless earphone 0010

パッケージの上蓋はペロンと広げられるタイプなっていて、裏側には大きなイメージ写真。確かに完全ワイヤレスは運動する時にめちゃめちゃ便利なんですよね。左右のイヤホンを繋ぐコードがあるだけでもトレーニング器具に絡まっちゃったり、寝転がったりしづらいので運動するなら圧倒的に完全ワイヤレスをオススメします。

Zoro wireless earphone 0011

イメージカラーはブラック×イエローというビビットな配色。モノクロだったANKERブランドに対しZoloでは差し色を入れるようにしているのでしょうか。

コンパクトな充電用ケース

Zoro wireless earphone 0012

まず、好印象なのが充電/収納用のケースがコンパクトであるということ。手の中にコロンと転がせるサイズ感が持ち運び用のイヤホンとしてはちょうど良い。

Zoro wireless earphone 0016

親指でクッと力を入れると上蓋が開き、イヤホン本体を取り出すことができます。

最大24時間の音楽再生

Zoro wireless earphone 0013

他の完全ワイヤレス型イヤホンの例に漏れず、「Zolo Liberty」もイヤホン内のバッテリーとは別にケースにもバッテリーが内蔵されています。

イヤホン単体では最大3.5時間の連続再生となりますが、ケースの中のバッテリーと併用すれば最大で24時間もの長時間の音楽再生が可能です。このあたりはさすがモバイルバッテリーメーカーのANKER。強みを製品にきっちり活かしてきています。

バッテリー残量はライトで確認

Zoro wireless earphone 0015

ケースに残っているバッテリーの残量はケースの前面にあるライトで確認可能。たっぷり24時間分あるので毎日充電しなくても大丈夫。

取り出したらペアリング開始

Zoro wireless earphone 0014

「Zolo Liberty」は本体をケースから取り出すと自動的にペアリングが始まり、またケースに戻すとペアリングが解除されるという仕様。ボタンの長押しでも電源のオンオフはできるので、ちょっとの外出ならケースを必ずしも持ち歩く必要はありません。

音を奏でる黒い真珠

Zoro wireless earphone 0017

「Zolo Liberty」の本体は指でつまめるくらいのサイズ。本体正面の光沢ある「Zolo」と書かれた部分がボタンになっていて、クリックで操作を行うことができます。

Zoro wireless earphone 0018

裏面はこんな感じ。耳への接地面はラバー素材になっていて耳の中できちんとグリップするようになっています。

Zoro wireless earphone 0019

コロンコロンと手のひらの上で転がせる、2つの黒い真珠。ジムに行くときはロッカーにケースを置いて本体のみを持っていくのですが、このサイズならポケットの中に入れておいても全く存在感がないので、より身軽に気軽に持ち出せます。

アタッチメントが豊富に付属

Zoro wireless earphone 0021

完全ワイヤレス型のイヤホンは耳の中だけのグリップで固定するのでサイズ感は繊細かつ重要。色んな人の耳にアジャストできるようにサイズや形が違うアタッチメントが豊富に用意されています。ちなみに僕は一番最初のデフォルトのサイズでぴったりでした。

MicroUSBケーブルが付属

Zoro wireless earphone 0022

イメージからに合わせてビビットなイエローのMicroUSBケーブルが一本、充電用として付属しています。大体こういうケーブルってモノクロかつ長さが短かったりするのでちょっとめずらしいタイプ。

音質はクリア、音圧はまぁまぁ、接続は安定

Zoro wireless earphone 0024

実際に「Zolo Liberty」を使って音楽を聴いていますが、率直に言うとイヤホンとしての性能は結構良いです。

他のANKERのワイヤレスイヤホンと遜色がない音色で、音質もクリア。音の解像度が高いので楽器の聴き分けもしやすいですし、広がりもしっかり感じられます。

Zoro wireless earphone 0001

音圧はあまりなく、低音ズンズン系が好きな人にはあまり合わなそうな調整ですね。僕は全音域満遍なく聴けるほうが好きなので好みのタイプ。

完全ワイヤレスにありがちな接続がブツブツ切れるような事象もなく、スマホを話してもカバンに入れてもポケットに入れても安心して使えます。これは大きい。

操作感はイマイチ

Zoro wireless earphone 0023

逆にちょっと惜しいなと感じるのは操作感の部分。ボタンが左右に一つずつしか無くタッチパネル等もないので耳元でできる操作がかなり限定されます。

中でも気になったのは「音量調整の機能が無い」という点ですね。ボリュームを調整するにはスマホで直接調整するか、ボタンをダブルクリックしてSiriを起動して「音量を下げて」と言うしかない。

価格との都合上、削らざるを得なかったのかもしれませんが、音量調節はさすがに手元でいじりたかった。

the Dashと比較

Zoro wireless earphone 0025

僕が今メインで使っているのは「THE DASH」という完全ワイヤレスイヤホンなのですが、これとザッと比較してみるとこんな感じ。

Liberty the Dash
音質
重量
充電
操作性
価格 約8,000円 約25,000円

the Dashは音質は良いしタッチパネルもついているので操作性もかなり良いのですが、ケースが金属素材なのでちょっとだけ重いんですよね。Libertyの方がケースがコンパクトかつ充電持ちも良いので、持ち運びという点で考えたら断然Liberty。また、the DashよりもBluetooth接続の強度はLibertyの方が良く感じます。the Dashは完全ワイヤレスの先駆け的なアイテムだったこともあり段々と後続の技術が追いついてきているという印象です。

そして圧倒的に違うのが価格。これはさすがAnkerさんといったところでまさかの一万円以下という値段を叩き出してきました。正直これと同じくらいの性能で2〜3万円する他社製の完全ワイヤレスイヤホン結構あるので、かなりお買い得な製品だと思います。

完全ワイヤレス入門に、この上ない選択肢

Zoro wireless earphone 0020

音質も良く、接続の安定感もあり、充電も持つ。そして圧倒的に良心価格というのが「Zolo Liberty」の総評です。

クオリティだけで見ればこれより上のイヤホンは多数存在しますが、プラス1万〜2万払うだけの見返りがあるかどうかというと正直疑問。完全ワイヤレスに興味はあるけれど、価格で手が出せていなかったという人にはちょうど良い選択肢でしょう。

個人的には操作感の部分だけがネックですが、それ以外の魅力も多くあるので最近はthe Dashよりも持ち運ぶ頻度が増えてきました。先に高いイヤホンを買ってしまった身からすると、実に悩ましい存在です。笑

ホーリーはこう思うよ。
profile
今年は色んな完全ワイヤレス試してみたいね。

CATEGORY - 音楽系アイテム

total

90

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。