monograph

キャンプだって寛ぎたい!空気を入れて膨らませる「エアソファー」で青空を見上げよう。[PR]

1
4
1
13

    2017/06/11

Air sofa 15
前回の記事に続いてもう一本キャンプ記事!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。PITE.(@infoNumber333)です。

今年はまだキャンプ2回目ですが、毎回趣向を凝らし新しいアイテムを都度持ち込んでいます。今回キャンプに持って行ったのは最近やたらFacebookで見かける「エアソファー」というどこでも持ち運べるソファ。SNSでも話題になるだけあって、一つあるとキャンプがより楽しくなるし雰囲気も和む、そんなアイテムです。今年の夏〜秋にキャンプの予定がある人はこれ持っていくとヒーローになれるかも。


drip

SPONSORED


小さなナップサックの中に。


Air sofa 1
僕の手に乗っかっているのが今回持ち込んだ「エアソファー」なるアイテム。今回はGADGETBANK TOKYOさんのオリジナルカラーのものを一点メーカー様よりご提供いただきました。小さなナップサックくらいのサイズ感で「ホントにこの中にソファ入ってんの?」という感じですが早速試してみたいと思います。

まずは広げる


Air sofa 2
ナップサックの中には畳まれた状態のエアソファーが入っているのでこれを取り出して広げていきます。

Air sofa
しっかりと端まで伸ばすことが大事なのでバサバサと仰いで完全に広げきります。

ストッパーがついてるから空気が抜けない


Air sofa 5
生地を伸ばしきったらいよいよ「エアソファー」の中に空気を入れていくんですがここに一つ秘密が。

筒状になったエアソファーの先端に黒い素材でできた部分があるのがわかるでしょうか。実はこの部分がパチンと閉じる空気弁のような構造になっていて一度入った空気が逃げにくくなっているんです。

Air sofa 6
この弁が左右に一つずつあるので右左交互に空気を入れていけばふっくらエアソファーが完成するというわけです。思っていたよりも簡単な作りじゃないんですね。

エアソファーに空気を入れてみる


Air sofa 7
というわけでひとしきり説明も終わったところでいよいよ本番。エアソファに空気を入れていきましょう。慣れればバサッと仰いで空気を入れられるようですが僕にはまだ早かったので、泥臭くエアソファを手に持って走り回って空気を入れる作戦で行きます。



こんな感じで二往復していますが、一周目で片側のエアポケットに空気を入れ、二周目でもう一方のエアポケットに空気を入れています。本当は一回でも行けると思うんですが最初は慣れておらずこんなもんでした。もっとスマートに空気入れられる男になりたい。

しぼる。


Air sofa 8
空気の弁はあれど流石に走って空気を入れただけでは足りずソファがへなへなになってしまうので、ある程度空気が入ったら端をくるくると巻いて絞っていきます。すると空気の密度が高まるのでソファにもハリが出るというわけですね。使っているとどうしても多少空気が抜けてしまうので最初はキツめに締めておいたほうがいいです。

留める。


Air sofa 9
ギリギリまでソファを絞ったらその両端にあるジョイントを繋げて輪っか状に固定します。これで絞った部分がもとに戻ること無く固定されます。

手順としては、空気を入れて→しぼって→留めるという3ステップなので非常に手軽かつ簡単。ポンプなどの器具を使う必要がないのがいいですね。

エアソファーに座ってみる


Air sofa 10
ようやく完成したエアソファに座る時が。

横から乗るのは結構バランスが難しかったので僕は縦から。そっと端に腰掛けます。

Air sofa 11
そのままぐーっと背中を預けていき、

Air sofa 12
ドーン。

ソファの上に乗ることができたら徐々に身体の位置を合わせていき心地よく座れるポイントを探していきます。

人をダメにするソファ in キャンプ


Air sofa 13
座ってみるとこんな感じですね。

左右にエアバッグがあるのでその中心にすっぽりと身体が収まります。もう座っているというよりも”包まれている”という感覚に近いですね。

この感覚、どこかで感じたことあるなぁとぼんやり思っていたのですが思い出しました。あれです。無印で売っているクッションソファ。「人をダメにするソファ」として名高いソファですがそれと同じような感じ。一度包まれたら二度と出てこれない。天気の良い日に一生この上でビール飲んでたいです。

青空を見ながらくつろぐ


て「エアソファー」は体勢的には座るというよりも寝る感覚に近いので自然と首が上を向き空を見上げる形になります。ソファに寝そべりながら「青い空…白い雲…」と小学一年生の国語の教科書に出てくるようなフレーズを思わず口ずさんでしまいました。

ソファーに包まれながら、そう言えばぼーっと空や雲を眺めるなんてことはここ最近しばらくないなぁなんて思ったり。せっかく日常から離れてキャンプに来ているので、その間くらいはとことん無心にぼーっとしたいですね。

キャンプをいつもよりももっと寛げる空間にしてくれる「エアソファー」。持ち運びもかさばらないので今年は是非一つお供に連れて行ってあげて下さい。

GADGETBANK TOKYO オリジナルエアソファー | GADGET BANK TOKYO

記事の評価で読者プレゼント!


記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip



drip


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
引っ越した家に屋上があるので今度週末はそこでエアソファー楽しもうと思ってます。
profile

CATEGORY - キャンプグッズ

monograph
monographでは各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。フォロワーさんは全部で一万人とちょっと。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローをしていただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたら最高ですが今のオススメは[email protected]ですね。

total

19

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。