monograph

お風呂上がりの足元サラサラ!HAMSWANの珪藻土バスマットが快適すぎる[PR]

0
11
3
14

    2017/04/04

Syuhei wedding top
お風呂上がりに革新的イノベーション!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

年末にブロガーが必ず書く「今年買ってよかったもの◯◯選!」的な記事の2016年度版の中で昨年かなり多く見かけたのが”珪藻土バスマット”という存在。

今では特段珍しくもなくニトリやLOFTでも普通に売っているアイテムですが、「お風呂のバスマットなんて何でもいいでしょ」と思っていた僕は2017年になってもまだ珪藻土バスマットを家に導入しておりませんでした。

しかし、この度珪藻土バスマットを販売されているメーカーHAMSWANさんより一枚ご提供をいただけることになりついに我が家にも珪藻土がやってきました。

皆口々に「珪藻土はいいぞ」と言う話題の製品ですがその実力は果たして…?

drip

SPONSORED

HAMSWANの珪藻土バスマット レビュー


Syuhei wedding 1
自宅に届いたHAMSWANの珪藻土バスマット。

「珪藻土」というからには少しは「土」っぽい雰囲気があるのかなと思いきやそんなことはなく、かなり硬度が高めの「石の板」みたいなバスマットです。もっと正確に言うと「焼物」に近いイメージかな、なんて思いながら「珪藻土」について調べてみると七輪の原料にも使われている素材なんだとか。

Syuhei wedding 2
珪藻土の長所はその「吸湿性」にあります。小型の乾燥剤として使われることもあるくらいで、空気中の水分すらも吸い込んでくれるらしいです。

機能的には漆喰と近しいところがあるため、近年では壁面DIY用の素材としても使われているそうです。僕も昔部屋の壁に漆喰を塗っていたことがあるのでわかりますが、漆喰よりも珪藻土のようがより吸湿性が高くサラサラとした質感です。

Syuhei wedding 3
表面は適度に磨かれていて本当に「サラサラ」という感じ。「ザラザラ」でも「ツルツル」でもなくて、「サラサラ」。

水でも吹きかけてみましょうか!


Syuhei wedding 4
珪藻土を買ったらこれをやらなきゃ的な雰囲気ありますよね。
珪藻土のバスマットに霧吹きで水を吹きかけ実際どれくらい水を吸い込むのか試してみたいと思います。

ちなみにこの武骨な霧吹きは新考社のステンレス製霧ふき器。じんわりと細かい霧が出せるのが気に入っています。

Keisoudo gif
シュワッッッッッッ

見て下さい。この吸湿力。すごくないですか?

もう説明するまでもないと思うのですが、水を吹きかけた瞬間、消えるように水が吸い込まれていきます。正直ここまでとは思っていなかった。時間にして1秒〜2秒の間で面白いように水がなくなり表面がサラサラに戻ります。

Keisoudo gif2
別の角度からももう一枚。

霧が触れた瞬間にすーーーーっと消えていくのが楽しくて何度も霧を振りかけてしまいました。

常にサラサラなバスマットは至高


今まで僕は薄手のバスマットを使っていたのですが、サラサラしているのは干したての一日目だけでそれ以降は風呂場の湿気もあってずっとじめじめしていたんですよね。もちろん何もないよりは格段にマシなのですがあまり気持ちの良いものではありませんでした。

それがこの珪藻土バスマットなら常に足元サラッサラ。風呂上がりのひとときを更に上質な時間へと変えてくれます。

これ一人暮らしの人ならまだしも、家族と一緒に暮らしている人にとっては必須なアイテムだと思いますよ本気で。先にお風呂入った人がいたら確実にバスマット濡れてますからね。バスタオルは人数分用意できますがバスマットはそうはいきません。珪藻土なら何番目に入ろうと風呂上がりは常にサラサラなので大人数で暮らしている方こそ珪藻土の恩恵は大きいです。

気になる点は冬場足の裏がヒヤッとするというくらいですね。逆に夏場はひんやりして良いのかも。

定期的な手入れは必要らしい


さすがの珪藻土も無限に水分を吸い取れるわけではないのでずっと置きっぱなしにしていると吸水力が落ちてくるらしいです。そんな時は週にに1回くらいの頻度で陰干しをすると水分が蒸発してまた元の吸収力が戻ってくるとのこと。

また、足の裏の皮脂が吸着して吸収力が落ちる場合もあるらしいので、その場合は軽く表面をヤスリがけするといいのだとか。

まだ使い始めて数日で快適に使えていますが、パフォーマンスに変化があれば手入れをしてまた記事でご報告したいと思います。

HAMSWANの珪藻土バスマットはちょうどよい。


今大人気の商品ということで「珪藻土バスマット」というだけでも各社色んなメーカーから商品が発売されています。

価格は2000円〜8000円くらいと幅はあるのですが本質的な機能はほぼどこも変わりません。そんな中今回いただいたHAMSWANの珪藻土バスマット2,280円という最低価格に近い値付けにも関わらずAmazonレビューは★5というとてつもなくバランスの取れた製品。

とりあえずこの記事を読んで「珪藻土ほしぃ…」となった方はHAMSWANにしておけば間違いはないでしょう。明日から足元サラサラ風呂上がりライフがあなたを待っています。


記事の評価で読者プレゼント!


記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip


drip drip

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
こういう「素材自体は昔からあるものだけどちょっとしたアイデアで新製品生まれちゃった」みたいなアイテム好きです
profile

CATEGORY - 日常アイテム

total

28

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。