monograph

タフな男のポータブル防水Bluetoothスピーカー「OMAKER M4」[PR]

0
4
1
13

 

Omaker speaker 8
アウトドアならこれで決まり!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

モバイルバッテリー戦国時代の次はBluetoothスピーカーの戦国時代がやってきています。当ブログでもこれまでたくさんのBluetoothスピーカーをレビューしてきましたが、どんどん各社のスピーカーの性能が上がっていて、小さくても音質の良いBluetoothスピーカーが沢山世に出てきています。競い合うメーカーが多いので進化のスピードがとんでもなく早いですね。

そんな中ポータブルBluetoothスピーカーの中で初期より安定した人気を誇るOMAKER様より一台レビュー用にスピーカーを提供いただきましたのでこちら記事にしてご紹介したいと思います。防水スピーカーの先駆けとも言える定番アイテムです。

SPONSORED

防水Bluetoothスピーカー「OMAKER M4」


Omaker speaker 1
今回提供いただいたのは「OMAKER M4」以前レビューした「Omaker M5」の一回り小さいタイプのスピーカーで、より持ち運びに特化した製品です。かなり人気があるBluetoothスピーカーなので見かけた方ことがある方もかなり多いのではないでしょうか。

Omaker speaker 2
こちらが「OMAKER M4」

実に無骨で洗練されたデザイン。どことなくミリタリー感すらあるような実に男らしいスピーカーです。スゴく強そう。正面部がスピーカーになっています。

Omaker speaker 3
ボタンは上部に4つ。電源ボタンが長押しでペアリングボタンになったりと押し方で機能が変わります。ラバー製の素材が使われていて、上からペコっと押し込むイメージです。

また、本体上部にはペアリング用のNFCが搭載されているので、対応のスマホを上にかざすだけでペアリングできちゃったりします。まだiPhoneはこれ未対応なので早く対応してほしい…!

Omaker speaker 4
反対側には有線の入力端子が用意されていて、こちらもラバーのカバーで覆われています。

Omaker speaker 5
カバーをペロッと外すと充電用のMicroUSB端子と有線接続用のイヤホンジャックがあります。

Omaker speaker 6
正面の隅にはLEDのランプがあり充電の状態やペアリング状況がわかるようになっています。

Omaker speaker 9
やっぱりこの片手で持てるサイズ感がいいですね。
このコンパクトさにも関わらずしっかりとした鳴りをしてくれるのでポータブル用としては充分なスピーカー。

Omaker speaker 10
ポータブル感を意識してか最初からこのような持ち運び用ストラップが付属しています。キャンプや海辺などこれを手に持ってお気に入りの音楽を流しながらフラフラと歩いてみたいですね。

Omaker speaker 11
付属しているアクセサリは他にイヤホンジャックとMicroUSBケーブルの2つ。このセット家に10セットくらいあります。

「防水」「ポータブル」の定番スピーカー


Omaker speaker 8
以上ポータブル防水スピーカー「OMAKER M4」のご紹介でした。

このサイズで「防水」と「Bluetooth」のスピーカーというのはやはり便利ですね。リビングでもお風呂場でもどこでもサッと持ち運べる携帯性は素晴らしいの一言。記事執筆時点ですがAmazonレビューでも★4.5と超高評価のベストセラーなので持ち運び用のスピーカーを検討中の方にはかなりオススメです。


色違いもあるのでお好みのものを選んでみて下さい。


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
今年はめっちゃスノボ行くつもりなんでこれポケットに入れて持ってくことにします。衝撃にも強いし。
profile

CATEGORY - 音楽系アイテム

total

18

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。