monograph

【レビュー】絶対に断線しないLightningケーブル「ANKER POWERLINE PLUS」

0
14
0
15

   

Anker powerline plusTop
目新しい機能もいいけれど”安心できる”っていうのも大事な機能の一つですよね。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

先日書いた「ナイロン製の高耐久Lightningケーブル「Anker PowerLine+」まさかの防弾仕様!w」という記事で紹介した、めちゃめちゃ優れた耐久性を持つLightningケーブル「ANKER POWERLINE PLUS」をmonographにてレビュー用にと一本いただけることになりました。ANKERさんいつもありがとうございます!

プレスリリース通りの良い製品でしたので、これから毎日の持ち歩きケーブルはこいつに乗り換えようと思います。

ANKER POWERLINE PLUS レビュー


Anker powerline plus2
こちらが今回届いた「ANKER POWERLINE PLUS」のパッケージ。心なしかいつものパッケージとちょっと違う気が…!使っている紙質が良くなって持った時にしっかりとした感じがあります。POWERLINE PLUSだけの特別パッケージなのでしょうか。

もはや毎回ANKER製品を手にしているので、全然製品と関係ない部分に注目するようになってきちゃいました。

Anker powerline plus3
開封すると「ANKER」の文字入りの保護ペーパーが。こういうのをめくる瞬間がガジェット買った時一番興奮するポイントだよね。

専用カバー付きのLightningケーブル。


Anker powerline plus4
「ANKER POWERLINE PLUS」は通常のケーブルよりもやや高級路線なのか、最初からLightningケーブル専用のカバーが付いています。まぁでも高級って言っても1000円台ですからね。この価格でちゃんとしたカバーが付いてくるっていうだけでも驚き。

Anker powerline plus5
カバーの素材は厚手のフェルトでできていて触り心地滑らか。縫い目もしっかりしているので壊れることもなさそうです。開閉部分にマグネットが内蔵されているのでケーブルをくるっと包んでパチンと留められるようになっています。これだけでも売っていいんじゃないかっていうレベルで完成度の高いカバーです。

Anker powerline plus6
包みを開くと中に留められた真紅のLightningケーブル。こいつが”最強”と名高いANKER POWERLINE PLUSです。ケーブルはマジックテープで固定できるようになっていました。あとカバーの中面もいい感じの起毛素材になっていてスベスベ。

Anker powerline plus7
ようやくカバーからPOWERLINE PLUSを取り出す。

触ってみてわかりましたが、確かにこのLightningケーブル物凄く硬い。ケーブル部分がかなり強固に作られているのでこれが断線するイメージは全くわかないです。むしろこれを切れと言われても「無理です」と答えるより他がありません。

Anker powerline plus8
充電の速度もモチロン問題なし。
どんなにお洒落で高機能なLightningケーブルでも大事な時に断線して使えなくなってしまっては何の意味もありません。その点、「ANKER POWERLINE PLUS」はどんな時でも安心して使える素晴らしいケーブルだと思います。

出張時や仕事の外出時に充電ができなくなってしまうのは致命的なので、これからは外の持ち歩き用にはこいつを採用したいと思います。せっかくカバーもあるので他のMicroUSBケーブルなんかも合わせてまとめてカバンに入れておけば便利そう。これでまた一つバッグの中身がアップデートされました。ありがとうANKER。


monograph厳選オススメ記事

monograph厳選。2015年に買ってよかったアイテムベスト10
売り切れ必至のキャンプ・夏フェス用超防水スニーカー!「PALLADIUM パンパ パドルライト」を買いました。
iPhone6s用にU-mobileの格安SIMを購入!通信料定額でLTE使い放題の実力・速度はいかに。
引っ越しに仲料手数料無料の革新的賃貸紹介サービス「ノマド」を使いました。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
カバーもついてこの値段だったらもう文句の付けようがないよね。
profile

 - iPhone系グッズ

total

29

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。

  関連記事