monograph

【賃貸DIYブログ】2年間改造した家をついに引っ越し!しっかり現状復帰を果たしました。

0
65
43
61

    2016/06/23

Diy after6
家、引っ越したよー!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

ブログの読者の皆様にご報告がございます。
この度10月いっぱいをもって今まで2年間住んでいた豊島区のアパートを退去し、11月より目黒区に引っ越すこととなりました!!

2年の更新期限が来て更新料を払わなければいけない時期だったので、だったらもういっその事好きなところに引っ越しちゃおうと思い1〜2週間で物件探し・契約まで済ませた次第です。

引っ越し先はいわゆる中目黒と呼ばれるエリアで、カフェ記事を多く書いている僕にはいつか住んでみたいという憧れの街。身近な先輩に最近言われた「住みたい街に住めるのは今のうちだけだよ?」という言葉が心のど真ん中にブッ刺さり多少家賃は上がってもいいからと引っ越しすることを決めました。

確かにもう少し年齢を重ねて家庭を持ってしまったらもう中目黒とか渋谷とかその辺には住めないですもんねー。。地方に住むのは年を取ってからでもできるのでやりたいことがある若者は、今のうちに住みたいところに住んでおきましょう。年を取ってから「あの頃あの街に住んでおけば…」と後悔するのは嫌ですから。

そして新しく見つけた家は、家賃もそれほど高くないのにほぼ新築で駅近という好物件。中目黒という立地の割にはかなりコストを抑えられたので本当に引っ越してよかったと心から思っています。ハートウォーミングな話です。

しかしここで長らく当ブログを読んでいる読者の方々にはある疑問が湧いたのではないでしょうか。

「あれだけDIYした家はどうなったの?」と。

そうなんです。そこなんです。

引っ越しを実現させるまでの大きなハードル。
それが「改装した家の現状復帰」でした。

2年間かけてDIY改造してきた部屋


Diy after1
これまで2年近く少しずつ更新を続けてきた賃貸DIYブログシリーズですが、実はブログの記事にしていない改造も多々あって、最新の状態では「壁は全面水色の漆喰塗り」壁にはたくさんの飾り棚をつけていました。

※部屋が散らかっているのは引っ越し前ということでご勘弁下さい。

Diy after4
これも記事にはしてませんが、壁の一面は居酒屋鳥貴族の内装をモチーフにして板張りにしてます。モノもかけられるので結構これ気に入ってました。

Diy after2
キッチン周りも基本的に漆喰+板張り&木目シートで仕上げてます。
これらのすべてを撤去し入居時の状態まで戻さなければいけないと思うと気が遠くなります…w

もうすでに新しい家も契約していることですし、何より全て現状復帰前提でやってるので元に戻すまでが「賃貸DIY」。

こうなれば全て入居した当時よりも綺麗な状態で出て行ってやろうと思います。

解体作業、開始!


Diy after3
まずは散らかっていたモノの片づけから。
棚の上に乗っているものを全て梱包しました。
ああスッキリ。

Diy after5
こちらの記事で作成の工程を書いた棚を一本一本ビスを外して解体してきます。この木材のみまだ使えそうだったので新居にも持ち込みました。

時間的にあまり余裕がなくて他の解体中の写真を撮っていないことに後で気が付きました…w

写真がないので上手く伝えられませんが、漆喰塗りのベニヤを壁から剥がす工程はもはや雪国のよう。本当に床が真っ白に染まったのでモノは全て運び出した状態で作業しないとヤバイです。

というわけでここからは各DIYの「After」→「Before」を見ていきましょう。

①タオルハンガー付き洗面台


Diy wash11
まずはこちらの洗面台。
全てを木目シートで覆い、鏡と水場にはワトコオイル塗りの木枠を取り付けています。
横の壁にはベニヤ板+漆喰で棚を作りタオルハンガーや鍵置きを増設しました。

詳しい記事はこちら。
【賃貸DIYブログ】洗面台を木目調にしたり玄関の壁に漆喰を塗ってタオルかけを作ってみたりしました。

この洗面台がなんと…

Diy after12
こうなりました!

いかにも古い賃貸の洗面台といった感じですね。。
プラスチック面に貼った木目シートも綺麗に剥がすことができました。壁も一切の傷なく元通りです。

PAGE
1
2

CATEGORY - 賃貸DIYブログ

total

169

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。