2018年版新型iPad Pro登場。変更点・スペックを比較してみました。

0
9
2
27

 

Ipad pro 2018 0008

なくても良いけど、あると便利、というのが僕の中でのiPadの立ち位置で、マンガを読んだり動画を観たりとエンタメへ触れるツールとしてiPadは活躍してくれています。

人と一緒に何かを観たり、人に何かを説明する時にiPadは特に輝くんですよね。確実にハマる瞬間があるので、僕はデバイスの一つとしてiPadを家の中に揃えています。

そんなiPad Proが2018年また新しくモデルチェンジをすることが発表されたので、monographでもどこがポイントなのか、全モデルからどんな変化があったのかをまとめていきますので、是非ご参考にして下さい。

ベゼルが薄くなりディスプレイが広く。

Ipad pro 2018 0003

まず見た目のわかりやすい変更点としてはベゼル(縁)の部分が薄くなり、デバイスのサイズに対して画面が広くなりました。

上下左右で幅が均等なのは実に気持ちが良いですね。

Ipad pro 2018 0010

サイズは全モデル同様2種類を用意。

小さい方のモデルはほぼ大きさは変わらないもののベゼルが狭くなったおかげで画面サイズが0.5インチ大きくなっています。

僕が使っているMacbookが12インチなので11インチって相当広い気が…!

Ipad pro 2018 0011

大きい方のモデルは画面のサイズは12.9インチと変わらないもののベゼルが狭くなり本体サイズが小さくなっています。ギュッと凝縮された感じ。

更に薄く、軽くなりました

Ipad pro 2018 0013

個人的にとても刺さったのはさらに本体が薄く軽くなった点。大小両モデル共通で5.9mmという薄さだから驚きです。

本当のノートのように気軽に持ち歩けるのは正直嬉しいですね。

Face ID搭載

Ipad pro 2018 0014

ベゼルがなくなったことによりホームボタンもなくなり、iPhone同様Touch IDからFace IDへとセキュリティ認証方法が変更されました。

上下左右どの方向でも使えるとのこと。

iPhoneよりもiPadの方が正面から向き合うことが多いのでFace IDの相性が良いと思います。

チップはA12X Bionic

Ipad pro 2018 0016

Appleが非常に自信を持ってプレゼンしていたのが印象的なiPad Proの頭脳、A12X Bionicチップ

Ipad pro 2018 0017

7コアのGPUと8コアのCPUを内蔵した特製チップで、Photoshopのような重い負荷がかかるアプリでも難なく動かせるそうです。

最近のiPad Proのスペックは生半可なPCを凌駕しているので、これはスコアが出てくるのが楽しみ。

Ipad pro 2018 0021

そして今回ストレージは最大1TBととんでもない数字に。その分値段もとんでもない数字になります(後述)。

接続端子はUSB-C

Ipad pro 2018 0022

これまた個人的に嬉しいのが端子がUSB-Cに変更されたこと。

Macbookやα7がUSB-Cなので早く端子を一つに統一したいんですよね。後残るはiPhoneだけ。

Ipad pro 2018 0023

USB-Cの恩恵は素晴らしく、iPad ProからiPhoneが充電できるようになったり、

Ipad pro 2018 0039

外部ディスプレイとの直接接続を可能にしました。充電速度も上がりますし良いことしかない。

新型Apple Pencil登場

Ipad pro 2018 0025

そして外せないのがiPad Proと対をなすApple Pencilの新モデル。

なんと今回からiPad Proの側面にマグネットでくっついて充電ができるようになりました、最高!

これまでiPad Proに固定も出来ず充電はいちいちLightningに挿すというあまりお洒落ではない運用だっただけに、新型のクールさが目立ちますね。

ちなみに値段は14,500円と若干高くなりました。

スクリーンショット 2018 10 31 1 36 20

更にはタップ動作にも対応し、トントンと側面を叩くだけでペンや消しゴムなどツールを使い分けられるように。アクセサリの進化も素晴らしいです。

Smart Keyboard Folio

Ipad pro 2018 0026

iPad Pro専用のキーボード、Smart KeyboardにもSmart Keyboard Folioという新型が登場です。

Ipad pro 2018 0027

iPad本体の確度を変えられたり、背面までくるりと覆えたりと従来より少し進化し値段は2000円高い19,800円

iPad Proの価格は89,800円から

Ipad pro 2018 0041

結構進化したので高くなるんじゃないかなとビクビクしていたのですが、11インチが64GBで89,800円から12.9インチ64GBが111,800円からとそこそこのお値段で落ち着いてくれました。

しかしフルスペックの1TBモデルだとちょうど20万円くらいと立派にPC以上のお値段を叩き出してくるので侮れません。

ワクワクをくれるデバイス

Ipad pro 2018 0033

今回の2018年版iPad Proの発表は久々に見ていてテンションが上りました。

iPhone4のような角ばった筐体のデザイン、クリエイティブな使い方の紹介、アクセサリの進化。

こういうワクワクする商品を出してくれるからAppleは好きなんですよね。もう発表冒頭の段階で購入は心に決めていました。

僕が買ったのは11インチのセルラー64GB。

到着まで楽しみに待ちたいと思います。

Macbook Airの記事はこちら

Macbook air 2018 0046

同じタイミングで発表された2018年版新型Macbook Airについてはこちらの記事で紹介しておりますので合わせて読んでみて下さい。

今までのAirとはガラッと変わりました。

2018年版新型Macbook Air登場。変更点、スペックまとめ。

ホーリーはこう思うよ。
profile
7日まで正座待機。

この記事はあなたの役に立ちましたか?
ここまでお読みいだきありがとうございます!もしこの記事があなたの役に立ったと感じてくれたら、LINE@の友だち登録をお願いします。更新情報や限定コンテンツをあなたのスマホに直接お届けいたします。

CATEGORY - iPad

total

38

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。