定番の名作を日常の制服に。「Ithe」のセットアップ

0
14
1
37

 

Ithe setup top

次の季節が待ち遠しくなる服は、良い服だと思います。

今年の夏は記録的猛暑。

お洒落の楽しみよりも涼しさの快適さが勝り、ほぼTシャツと短パンで過ごす27歳の夏でした。

暑かった夏に突入する前、クローゼットの中の上着や長袖はあらかたバンカーズボックスの中に仕舞い込んだのですが、一着だけ未練がましくハンガーに吊るされていた一組のセットアップがありました。

Itheのセットアップをもっと着たかった

Ithe setup 0000

それがこの上下ネイビーのセットアップ

「アン ユニフォーム(un – uniform)」をコンセプトに「日常の制服」を提案するファッションレーベル「Ithe(イザ)」が手がけたジャケットとパンツです。

このセットアップは今年の初めに注文し、夏の手前に僕の手元に届いていたものです。到着を楽しみに待っていた1着だったのでワクワクしながら袖を通したのですがすぐに日差しが強くなってしまい、今年の前半戦では3回しか上下合わせて着ることができませんでした。

Ithe setup 0002

「一日くらいこれを着れる涼しい日があるだろう」と思い、この夏中ずっとハンガーに吊るしておいたのですがそんな隙もなく、結局涼しくなる最近まではしばらくクローゼットの中。

Ithe setup 0004

ようやく暑さも収まってきた9月後半、湧いてきた感情は「涼しくなって嬉しい」ではなく「やっとItheが着れるよ!」でした。

おかげでここ1週間ちょっとはItheばっかりを身につけているので、記事でもその喜びを伝えたいと思い筆を取った次第です。

「定番の名作」を「日常の制服」に

Ithe setup 0019

Itheが提案するのは「日常の制服」

僕の中の解釈としては、普段の生活に寄り添い溶け込む“フォーマルな私服”です。

毎日繰り返し着ていてもどこか新しくて、上品で、飽きが来ない。

そんなフォーマルとカジュアルを混ぜた絶妙なバランスの上に成り立つ稀有なレーベルだと思います。

BROOKS BROTHERSを元にしたジャケット

Itheの服には常に”新しさ”と”上品さ”が同居をしています。

その二つの要素を感じるのはこの服の「形」と「素材」から。

Ithe setup 0020

僕が羽織っているこのジャケットは、アメリカ創業の世界最古の紳士服ブランド「BROOKS BROTHERS」の80年代のジャケットの型をサンプリングして作られています。

クラシックでオーソドックスな、ジャケットとしての「定番の名作」

歴史に裏打ちされた名作を元にすることによって、服に増される深みと上品さ。

Ithe setup 0001

ただ完全に真似をするというわけではなく、「日常の制服」として足り得るように細かなチューニングが施されています。

例えばこの肩のライン。

元々入っている肩パットをなくし、なだらかで優しい雰囲気に。
この男らしくもゆるやかな曲線が僕は大好きです。

Ithe setup 0018

素材に使われているのは光沢のある綿の生地。

しっかりとした重みを感じるほど高密度に織られているので、シワになりにくい特性を持ちます。

型は伝統あるものですがこの清涼感のある素材とネイビーと色を採用することに寄って古臭さを感じさせず、新しく爽やかなイメージを与えてくれるんですよね。

Dickiesのワークパンツ

Ithe setup 0005

そしてもう一つの「名作」が合わせて履いているパンツ。

世界的に有名なワークブランド「Dickies(ディッキーズ)」の90年代の型「874」をサンプリングして作られたワークパンツです。

あの古着屋でよく見かける褪せた色のディッキーズ。

Ithe setup 0006

いかにもアメカジっぽいカジュアルなパンツをよくもここまで上品に仕上げたなと、このパンツを見た時に感動したことを覚えています。

ジャケットと同じ綿素材が使われていて、とろみがありストンと気持ちよく足元まで落ちていきます。

腰回りはとても広いのでベルトできゅっと絞って。

肌触りと通気性の良さから履き心地も最高です。

別々に着てもよくハマる

Ithe setup 0012

Ithe setup 0014

「日常の制服」がテーマのブランドなので、普段の他の服と合わせてもすんなりと溶け込むのがまた良いところ。

Ithe setup 0024

ジャケットはさっと羽織るだけで、一瞬で小馴れた感じが出るので重宝しています。

Ithe setup 0007

パンツも独特のシルエットなので、履いているだけでその日のコーディネートの主役に。

Ithe setup 0025

Ithe setup 0026

裾を二、三度折返しワイドパンツのような感覚でよく履いています。

一緒でも別々でも、しっかりと輝いてくれる素敵な制服。

定番の名作を、日常の制服に。

Ithe setup top

歴史ある「定番の名作」をオマージュし、現代の「日常の制服」を創る。

このコンセプトだけで、如何に「Ithe」が魅力的なブランドか伝わると思います。

まさか27歳にもなって、「制服」を早く着たいと首を長くして待つ夏休みが来るとは思ってもいませんでした。

Ithe – Official

関連:差し色が生む”メリハリ”

Adidus campus porter 0013

「Ithe」と合わせてよく履いているadidasのスニーカー。

定番でシンプルなモノこそ、差し色を入れてメリハリを付けたいものです。

"差し色"が生むメリハリ。adidas × PORTERのコラボスニーカーを買いました。

ホーリーはこう思うよ。
profile
待ったからこそ、今年は冬ギリギリまで着たい…!

この記事はあなたの役に立ちましたか?
ここまでお読みいだきありがとうございます!もしこの記事があなたの役に立ったと感じてくれたら、LINE@の友だち登録をお願いします。更新情報や限定コンテンツをあなたのスマホに直接お届けいたします。

CATEGORY - ファッション

total

52

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。