Macbookを、iPadを、iPhoneを、「AndMesh」で白一色に染め上げる。[PR]

87
27
4
26

    2018/02/06

Andmesh case top

僕は昔からApple製品が好きで、身の回りのデバイスにはほぼ林檎のマークが付いています。Appleの製品はUIやレスポンスが良くデバイス横断で連携する力が強いというソフト的な面でも、ミニマルで無駄が一切ない筐体というハード的な面でも、両輪が相互にバランス良く練られているので、一つApple製品を導入してしまうと引き合うように周りにAppleの製品が集まってきます。

これだけ良いモノなのだから一般に広がるのは当たり前で、一昔前はiPhoneを持っていること、Macbookを持っていることが一つのステータスだった時代があったのですが、今では正直子供から大人まで誰もが持っているインフラのような製品。Apple製品を持っているということはもはや特別なことではなくなってしまいました。

それはAppleという会社が成功している印なので一人のファンとしては嬉しいことなのですが、一方で「皆と同じ」になってしまうことに対してちょっと残念に思うこともあります。インディーズから応援していたバンドがメジャーで売れてしまった時のような。

今日はそんな「Apple製品は好きだけど個性を出したい」という人に、ぴったりなんじゃないかというアイテムを今回手にしたのでこちらご紹介したいと思います。一つひとつのデバイス毎ではなく、デバイス全体で一本芯の通った「統一感」を出せるセットです。


drip

Mesh Case for 13-inch MacBook Pro

Andmesh case 0001

今回は以前monographでも紹介したことのあるApple製品のケースメーカーAndMeshさんからお声がけをいただき、あるケースのセットを試すことになりました。

まず一つ目はMesh Case for 13-inch MacBook Proという名前のMacbook Pro 13インチ用のメッシュケースです。純白の箱の中央にブランドロゴというシンプルなパッケージに包まれています。

グラデーションメッシュがブランドの「顔」

Andmesh case 0003

中には天板用・裏面用の2枚のケースが同梱されています。上記は天板用のメッシュケース。無数のドットホールがAndMeshシリーズの特徴です。中央のドットが大きく、端のドットは小さく、というデザインが施されていてデザインの単調さを払拭しています。幾何学的な法則があるのか、じっと見つめていると引き込まれそうな柄。

Andmesh case 0004

中央はドットの大きさが調整されていて薄くリンゴマークが透けて見えるように配慮が為されています。

Andmesh case 0006

裏面用のケースがこちら。裏面には滑り止めが四隅に設置されていて、ドットを利用した放熱効率を高めるためにCPU部分の穴がグラデーション状に大きく設計されています。

Andmesh case 0005

ケースの内側、装着すると見えない部分に薄く「AndMesh」のロゴが刻まれています。普通は自社のロゴは主張したいものだと思いますが、それをあえて隠し控えめに刻んでいるというところにデザインへのこだわりを感じます。

以前AndMeshの社長さんとお話したときも「AndMesh」の”顔”はこのメッシュ柄なんです。ということを語られていて大きな納得感がありました。わざわざ書かなくても製品それ自体に特徴があればひと目でどこのブランドのモノなのかがわかる。男は背中で語る、純粋に格好良い考え方です。

Macbook Pro 13インチに装着

Andmesh case 0002

こちらがケースを装着する前のMacbook Pro 13インチ。こうして見るとやはりシンプルなデザインの端末ですね。それ故に個性がなくなってしまうというのもまた事実。

Andmesh case 0008

そんなMacbook ProにMesh Case for 13-inch MacBook Proを装着してみるとこうなります。白一色に染め上げられた一枚の板。MacBookなのに、まるでMacBookじゃない。という公式のコピー通りで、MacBookではない何か別のPCに見えてきます。

Andmesh case 0007

上から見ると薄くリンゴマークが見えるようになっていますが、目を凝らして見ないとわからない程。

Andmesh case 0009

0.1ミリ単位で上下のケースが作られているのでPCを開けばケースを付けていることを感じさせない存在感のなさ。

Andmesh case 0010

特に驚いたのがこちらの天板部分の精巧さ。極小のツメでディスプレイに固定されているので正直どうやって固定されているのかわからない程。軽く押すだけで「パチン」とハマり、小気味良い。

Andmesh case 0011

裏面はこのように少しツメが大きめ。パームレスト部分は本体とぴったりに作られているので段差もなく滑らかな使い心地。

Andmesh case 0012

パタンとディスプレイを閉じれば見たこともないPCがそこに現れます。各端子は接続の邪魔をしないように切り欠きが入れられています。ケーブルタイプの接続は問題ありませんが側面にピッタリ付けるタイプのハブはケースの厚さと干渉してしまうことがあるのでお気をつけて。

Mesh Case for 10.5-inch iPad Pro

Andmesh case 0013

先程のMesh Case for 13-inch MacBook Proだけでもモノとしては素晴らしいのですが、今回はそれだけでは終わりません。Apple製品は持てば集まるもの。一つを染め上げるならいっそ、全てを染め上げてみたくなりませんか。

AndMeshではMacbookのみならずiPad Pro用のメッシュケースも用意しています。それがこちらのMesh Case for 10.5インチ iPad Pro。Macbook同様に白一色にグラデーションメッシュというAndMesh独自のデザインが採用されています。

Andmesh case 0015

装着してみるとこのようにピッタリとスリムにiPad Proを守ってくれます。Macbook同様にAppleマークが透ける配慮が。

Andmesh case 0014

こちらも非常に精巧に作られているので、ツメが小さく表面からは細い線状に縁が見えるだけ。iPadの広い視聴画面を邪魔しません。

スマートカバーと合わせれば純白に

Andmesh case 0016

このiPad Pro 10.5インチ MeshケースはiPad側面のマグネット部分が空いているので付属のアクセサリをケースを付けたまま接続することが可能です。
10.5インチiPad Pro用 スマートカバーのホワイトを付けてみるとこんな感じ。

Andmesh case 0018

パタンと柔らかなカバーを閉じれば表面も純白の白一色に染め上げてくれます。デバイスだけでなく純正のアクセサリと合わせた時のことまで考えて設計をされているということで、製作者のAppleへのリスペクトと愛が垣間見えます。

Mesh Case for 10.5インチ iPad Pro

ポリカーボネートの優しい肌触り

Andmesh case 0021

iPadはMacbookよりも手で触れる面積が大きいデバイスです。このケース、見た目ももちろんスタイリッシュで格好良いのですが、本当の魅力はその触感に詰まっています。

ドイツメーカーの特殊なポリカーボネート素材と塗装の触り心地は一度触ってしまったら抜け出せない魅力があります。手のひらの油分が消えてなくなるような独特のサラサラ、すべすべとした感触は唯一無二。この手ざわりを求めてAndMesh製のケースを買うという人も周りでよく見かけます。

Mesh Case for iPhone 8 Plus / 7 Plus

Andmesh case 0023

そしてAndMeshの代表製品とも言えるiPhoneケースも今回合わせて装着をしています。上記はAndMesh Mesh Case for iPhone 8 Plus ケース / iPhone 7 Plus ケース。Appleマークを中心としたグラデーションメッシュを見ればもう一目でAndMeshの製品だということがわかりますね。

Andmesh case 0022

耐衝撃性を考慮してバンパー部分には厚みがある設計。背面に丸みを持たせ人間工学的に握りやすい構造にしています。

Andmesh case 0024

AndMesh Mesh Case for iPhoneには「エラストマー」という素材が使われていてより弾力性と耐摩耗性に優れています。毎日四六時中触るiPhoneなので長く同じ状態で使い続けられるのは嬉しいですね。

Monograph andmesh iphonex 0001

色違いですがiPhone X用のケースも今回新たにラインナップされています。

Monograph andmesh iphonex 0002

こちらも弾力性に優れた「エラストマー」を使用し、背面からAppleマークが絶妙に透ける仕様。このさり気なさがいいですね。

Mesh Case for iPhone X

白で、染め上げる

Andmesh case 0025

これまでの3つのアイテムはそれぞれが個性のある製品ではありますが、3つ全てが揃った時の存在感は他を圧倒します。

Andmesh case 0026

Macbook、iPad、そしてiPhoneの全てが白一色のグラデーションメッシュ。これをデスクに広げている人がいたら思わず目が向いてしまうのではないでしょうか。

Appleだけど、Appleに見えない。

Apple好きのピンポイントな小さな悩みを払拭してくれるケースセットです。

Andmesh case 0027

この並べて見た時の「統一感」にゾクゾクしますね。

Andmesh case 0028

無造作に広げても、デバイスが統一されていればそれだけで格好良い。この真っ白いキャンバスからどんな物語が生まれてくるのでしょうか。

Andmesh case 0030

表面だけでなく裏面まで含めて隙間なく印象をガラッと変えられます。この徹底された配慮、執念にも似た製作者のただならぬこだわりを感じます。

Andmesh case 0031

鞄からこのセットが出てきたら思わず「それどこの製品?」と聞いてしまいそうな目新しさ。

生活に溶け込む、白

Andmesh case 0032

特に今回このセットが気に入ったのは「純白」であるという点。赤青黄など色が付いている製品は目立ちますが主張も強くなってしまうので身の回りの他のモノと喧嘩をしてしまう可能性があります。

Andmesh case 0033

このケースセットは「白」一色なので日常のどの色、どのシーンでもすんなりと溶け込んでくれるのが嬉しいですね。

Andmesh case 0034

日常的に、毎日使うデバイスだからこそ、基調になるオーソドックスでシンプルな色がいい。欠かすことのできないアイテム達なので対応の幅が大きいというのはそれだけで価値になります。

Andmesh case 0035

そしてただの「白」ではなく個性ある「柄」が少しのアクセントになってお洒落さを演出してくれます。色と柄のバランスが絶妙に取れた製品。

デバイスを染め上げろ。

Andmesh case 0034

Apple製品は好きだけど、それだけじゃ物足りない。だけど統一感も大事にしたいという方にはこれ以上無いんじゃないかと思えるケース達がここにあります。

Apple製品で身の回りを揃えている人は多くみかけますが、ケースまでを揃えている人はほとんど見かけることがありませんよね。一つひとつでははなく、セットでデスクに並べたくなる「魔法」をあなたのデバイスにかけてみませんか?

※ iPhone X用ケースのブラックモデルとiPad Pro 10.5用ケースのチャコールグレーに関してはAmazonでの購入時にクーポンコード「180205AM」を入力すれば価格から1,000円引きになります。気になった方は是非お試しを。


drip

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip


drip

ホーリーはこう思うよ。
profile
Macbook 12インチ用のケースも出る噂があるので、めっちゃ期待しています。

monograph

CATEGORY - Mac系グッズ

total

144

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。