君は「サウナトランス」を感じたことがあるか。初心者向けサウナ解説漫画「サ道」でサウナにハマってしまった。

25
13
6
21

 

Sadou manga0001
画像引用元:マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ (モーニングコミックス) 1巻より

いつも通っていた美容院のスタイリストさんが突然辞めてしまうということで、先日新しいお店に変え新しいスタイリストさんに髪を切ってもらうことになりました。

偶然にも同年代かつ趣味はマンガということで話も弾み、「今オススメのマンガはありますか?」と聞いてみたところ返ってきたのは「あ〜今だったら”サドウ”ですかね〜」という回答。

「サドウ?お茶の漫画ですか?」

「いえ、違うんです、サウナの「サ」に道で「サ道」なんです。サウナの入り方や魅力を解説してくれてるマンガなんですが、すごい説得力あって無性にサウナ入りたくなっちゃうんですよね〜」

その時は面白い切り口の漫画もあるもんだなと、その内気が向いたら読んでみるかーと思った程度でそこまで興味も湧かず、髪を切った後いつも通り中目黒のFRAMESで作業をしていました。あっという間に日が落ち時計の針も11時を回り一息ついてもうそろそろ帰ろうか、とスマホを眺めていた時に偶然RSSから流れてきた「サ道」の文字。

あれ、このワードどこかで聞いたことあるなーと思いページを開いてみるとそれはイケハヤさんのブログ。偶然にも全く関係のないところで知っている人が別角度から「サ道」を紹介しているところを一日に二度体験したのです。

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~

Sadou manga0001
画像引用元:マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ (モーニングコミックス) 1巻より

この短期間で一つの漫画を複数人からオススメされることは今までなかったので俄然興味が湧き、家に帰る前の息抜きに試しに読んでみるかと僕も1冊「サ道」を購入してみました。500円ちょっとでその場でサッと購入して読めてしまうのはやはりKindleの良いところ。

この漫画は日本に二人しかいない協会公認の「サウナ大使」である漫画家タナカカツキさんによる著書。ちなみにもう一人の「サウナ大使」はあの長嶋茂雄さんなんだとか。そしてこのタナカカツキさん、数年前に大ブームを巻き起こしたミニフィギュア「コップのフチ子」シリーズの原案者でもあるそうです。僕も昔集めてました。

そんな権威ある「サウナ大使」であり漫画家であるタナカカツキさんが、どうやってサウナと出会いハマっていったのかをオムニバス形式で綴るのがこの漫画。サウナの良さをわかりやすくクスッと笑える内容で端的に紹介してくれます。

君は「サウナトランス」を感じたことがあるか。

Sadou manga0004
画像引用元:マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ (モーニングコミックス) 1巻より

タナカカツキさんも数年前まではサウナに対して何の関心もなかったそうです。ですが、ちょっとしたきっかけから一度サウナをきちんと体験してみたところ「ある体験」と出会うことにより一気にサウナの世界にのめり込んでいったのだとか。

Sadou manga0002
画像引用元:マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ (モーニングコミックス) 1巻より

サウナに入り体を温め、水風呂に入り火照った体を急激に冷やす。この動作を数回繰り返していくと体の中から深いリラックス感が。やがて脳の奥から快感物質のようなものが分泌され強烈な多幸感を感じることができるのです…!

Sadou manga0003
画像引用元:マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ (モーニングコミックス) 1巻より

これが通称「サウナトランス」。麻薬のような快感を脳に与えられる合法的な手段です。タナカカツキさんはこの状態のことを「ととのう」と表現していて、体と心のバランスがピタッと一致する感覚なのだとか。日頃のストレスを一気に昇華するにはもってこいのリフレッシュ法だと思います。

秘密は「温冷交代浴」

Sadou manga0006
画像引用元:マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ (モーニングコミックス) 1巻より

脳が「ととのう」理由は「温冷交代浴」という入浴法に秘密があります。暑い場所で体を温め、冷たい水で体を冷やすという作業を数回繰り返すことにより故意的に血管を膨張・収縮させるという入浴法。これによりポンプの原理で脳へ血流が流れ快感ホルモンが分泌されるという仕組み。ここまでわかりやすく説明されると試したくなってしまうじゃないか…!

ということでサウナ行ってみた

この「サ道」をカフェで読み終わり、いてもたってもいられずそのままの勢いで深夜12時に中目黒の光明泉という銭湯に駆け込んできました。何度も光明泉にはこれまで行っていたもののサウナに入るのは初めて。タナカカツキさんと同じく僕もドアの外側からサウナを眺める若者の一人でした。

ドアを開けてみると思ったよりも大繁盛していて定員ギリギリまでお客さんが入っていました。テレビを見ながら12分じっくり温まって、水風呂へ。僕ただでさえ寒がりなので水風呂なんて絶対入れないと思っていたのですが、気合でどうにかなりますね。「ぉぉぉぉ…」という静かなうめき声を上げながらゆっくりと体を浴槽へ沈めていきます。

Sadou manga0005
画像引用元:マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~ (モーニングコミックス) 1巻より

ですが体がすっぽり入って十秒と少し経てばもうこちらのもの。体の周りに生暖かい「膜」のようなものができ心地よいコンフォートゾーンが誕生するのです。膜の中で体を冷やしていくと頭の中がぼーっとしてきて段々と快感が。何か物事を考えようと思っても強制的に思考がシャットダウンされるので無心になるしかないんですねこれ。

あぁなるほど、お坊さんが滝に打たれて修行をする意味がなんとなくわかりました。極限状態に体を置くと脳が勝手に興奮して思考がリセットされるんです。一度リセットされれば脳がデフラグされてクリーンナップされる。パソコンも再起動させないと動きが遅くなるように、脳も定期的にリセットさせなければいけないのでしょう。

「サウナー」が今流行っている

サウナに入って、水風呂に入ってというのを繰り返していると同じ周期で出入りしている同年代の男性が数人いることに気が付きました。これはもしや…と思い話しかけると、「最近サ道という漫画を読みまして…」とやはり「サ道」きっかけでサウナを始めた新規ユーザーでした。恐るべしサ道。

しかもよくよく話を聞いてみると彼の会社でサウナ友達が数名いて、自分たちのような者のことを「サウナー」と呼ぶ文化があるなんていう情報も。にわかに流行り始めているんですねサウナ…!

実際僕もお風呂はよく行くのですが、サウナに入ったのは今回が初めて。そのきっかけを作ってくれた「サ道」には感謝以外の感情がありません。この素晴らしきライフハックを500円ちょっと教えてもらえたと思えば相当に安い買い物でした。

「なんかスッキリしたいなー」と思っているそこのあなた。騙されたと思って「サ道」を読んでみましょう。きっと極上の体験を味わえますよ。

いつかみなさんとサウナで会える日を楽しみにしています。

ホーリーはこう思うよ。
profile
誰かに何かを勧められたとき、一人では踏み切れないことも多いですが、もう一人別の信頼できる誰かが同じものを勧めている情報を見たらほぼ確実に買ってしまいますよね。ブログはその「もう一人」になりやすいものだと思うので、これからも良い情報をwebに残して誰かの一歩を踏めるような後押しをしていきます。

CATEGORY - マンガ

total

65

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。