monograph

ミニマル&コンパクトなハンディミル「ポーレックス コーヒーミル ミニ」

7
15
3
15

    2017/07/19

Porlex mini 4

こういうミル、探してたんです。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。PITE.(@infoNumber333)です。

僕はドリップコーヒーを淹れるのが好きでほとんど毎日コーヒーを一杯自分で淹れて飲んでいます。これまでは近くの焙煎所で煎ってもらった豆をその場で挽いてもらって粉の状態で紙パックに入れて持ち帰っていたのですが、夏場に粉のまま置いておくと心なしか酸化が早いような気が。

豆の状態で保存をしておけば酸化もいくらか防げるので、ここらで僕もミルの買い時か…と観念し前からほしかったミルを一つ購入してみました。

SPONSORED


ポーレックス コーヒーミル ミニ

Porlex mini 1

先日雑誌を読んでいて偶然見つけた「ポーレックス コーヒミル ミニ」というコーヒーミル。紹介されていたのはキッチン雑貨ではなくキャンプアイテム特集のコーナーでした。名前だけメモをして後から楽天で購入をしたのですがちょうどショップでキャンペーンを行っていて浅草ブレンドの焙煎済みコーヒー豆が付いてきました。ラッキー。

Porlex mini 2

「ポーレックス コーヒーミル ミニ」はその名の通り小さくてコンパクトなコーヒーミル。まるで化粧品くらいのサイズ感のパッケージの中に包まれています。

Porlex mini 3

箱から取り出した本体がこちら。ステンレスで作られた滑らかで無駄のないフォルム。この小ささとシンプルさに惹かれて購入を決めました。これならどんなキッチンにも合いますし、キャンプへ行く際もサッとバックパックに詰め込めます。

下半分は粉受けキャップ

Porlex mini 5

「ポーレックス コーヒーミル ミニ」は下半分をひねるとカポッとキャップが外れます。このキャップが粉受けにもなっているので挽いた粉末が広がることがありません。別に受け皿を用意しなくていいので便利。

粒度設定が可能なセラミック刃

Porlex mini 7

豆を挽く刃の部分にはセラミック素材が使われているので金属特有のにおいが尽くことがありません。セラミックなので刃も摩耗しにくくサビがつかないというのも良いポイント。粒度は中心のハンドルを回すことによって10段階以上の段階で調節が可能。これだけでフレンチプレスからエスプレッソまで幅広く対応できます。

豆を挽いてみる

Porlex mini 6

豆を挽く際は上部の蓋を外してこの部分に豆を入れていきます。入る豆は一度に20g(約コーヒー2杯分)まで。

Porlex mini 8

セットで付いてきた浅草ブレンドは香ばしい深煎り。ジャラジャラとミルの中に入れていきます。

Porlex mini 10

蓋を閉め、ハンドルを付け、回す。

ゴリゴリ、メリメリと豆が潰れて細かく挽かれていくのをミルを通して感じます。力はそれほど要らず30秒位で1杯分が挽き終わります。楽しい。

Porlex mini 11

下のキャップにこのように挽かれた豆が溜まっています。

Porlex mini 12

後はいつも通りドリッパーを設置し、抽出。お店の挽き立てと変わらないくらい豆が大きく広がりますね。今更ですがやっぱり自分で挽くの大事ですわ。

Porlex mini 13

コーヒーを淹れる際に「豆を挽く」という一手間が増えることになりましたが、この一手間が美味しさに繋がるんですよね。豆自体のコンディションも変わりますし、自分自身の体験としても「手間」というのは大事な要素。

キャンプにも持って行きたい可愛いミル

Porlex mini 4

これからの毎日の相棒になりそうなミル。ハンドルを外してホルダーに差し込めばこんなにコンパクトになるので、その内キャンプに持ち出して、朝の心地よい空気を浴びながらゴリゴリと豆を挽きたいものです。

普段使いとしても持ち運び用としてもオススメできるミニマルなコーヒーミル。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
ゴリゴリ、メリメリ、っていう音を聴くのがまた良いよね
profile

CATEGORY - コーヒー

monograph
monographでは各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。フォロワーさんは全部で一万人とちょっと。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローをしていただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたら最高ですが今のオススメはLINE@ですね。

total

40

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。