monograph

超薄型EMS腹筋トレーングマシーン「Koogeek」電気で腹筋ビックンビクン![PR]

15
8
0
12

    2017/02/23

Koogeek 17 copy
これで憧れのシックスパックがついに…!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

monographはこれまでガジェットブログとして運営して参りまして、スピーカーやイヤホンモバイルバッテリーだったり沢山の製品をレビューしてきました。その成果か嬉しいことに最近多くのメーカー様から製品のレビュー依頼を受けることが増えてきたのですが、今回、今までとはちょっと違う製品のレビュー依頼が。

それがタイトルにも書きました「腹筋トレーニングマシーン」

依頼を受けた時は「これちゃんと紹介できるかなー笑」と正直思いましたが、何でも試してみることが大事、と引き受けることに。そして実際手元に届いたものを身を持って使ってみましたのでレビューとしてお届けしたいと思います。

EMS腹筋トレーニングマシーン「Koogeek」


Koogeek 1
こちらが自宅に届いた腹筋マシーン。「Koogeek」という名前の製品です。とても腹筋マシーンが入っているとは思えないシンプルなデザインのパッケージ。完全にガジェットのそれです。

Koogeek 2
正面のカバーがぺろっと開くタイプの箱で、透明なフィルムの向こう側に漆黒のマシンが鎮座しているのがわかります。

Koogeek 3
取り急ぎ箱から出してみました。ボディに沿うようにくり抜かれたスポンジの中にすっぽりと収まっています。

Koogeek 1
こちらが「Koogeek」の本体です。デザインだけ見るとかなりかっこいいですね。アメコミのヒーローとかが着ているアーマーみたいな感じ。表面なマットな質感もガジェットとしては非常に上質です。

Koogeek 6
ボディに関しては後でじっくり楽しむとして、先に付属品の紹介をしておきましょうか。

二重底になっている底をもう一枚めくると中にはこのような備品が。

左上が専用の充電器、その下にMicroUSBケーブル、右側に固定用バンドです。

Koogeek 8
バンドはこのような形でボディがお腹からズレないように使います。本体だけでも吸着する仕組みにはなっているのですが念のため用でしょう。

Koogeek 9
充電用プレートはこんな感じでメタリックで非常に上品な仕上がり。ゴールドの輝きが高級感あります。

Koogeek 7
その他に吸着用のプレートと持ち運び用のバッグが一枚入っています。

Koogeek 31
充電する際はこのように吸着用のプレートに本体を貼り付けた上で、充電用プレートの上に乗せます。

するとプレートランプが点灯し、無接点で充電が始まります。いやーポンと置いただけで充電が始まる無接点充電はやっぱり便利ですねー!気軽に充電できるし気軽に使えます。早くiPhoneにも導入してもらいたいものです。

ガジェットとしてなんかかっこいい。


Koogeek 10
それでは詳しく「Koogeek」の本体を見ていきたいと思います。
先程も言いましたが本体表面の質感はマットな素材が使われていて手触りもすべすべ。

Koogeek 5
あと是非こいつは横から見てほしいんですが、ボディがめっちゃ薄いんですよ。シートと呼んでもいいくらいの薄さ。

今まで腹筋マシーンって通販で売ってるなんかダサイやつくらいに思っていましたがこれなら着用していてもダサくないしなんならカッコよささえ感じてきます。

Koogeek 11
裏面はこのように粘着式のパッドが設置されていて、フィルムを剥がして使います。ゴミがついても洗えば粘着力が復活するタイプのやつで、使わないときは先程の吸着用プレートに付けて保管しておきます。

Koogeek、いざ装着!


Koogeek 12
それではいよいよ、腹筋マシーン装着していきたいと思います。
ちなみに僕はと言うと痩せ型体型なのでそこまで太っているというわけではありませんが、別に腹筋が割れているかというとそうでもなく中途半端な体型です。

むしろ基本痩せてるのに最近下っ腹だけぽっこりしてきたような気がしているのでコイツで歯止めをかけたいと思います。

Koogeek 13
保護用フィルムを剥がして「ぴとっ」とKoogeekをお腹につけていきます。ひんやり…

Koogeek 14
お腹に乗っけたら剥がれないように上からポンポンと押さえていきます。

Koogeek 16
一度張り付いたら激しく動いても問題ないくらいには吸着力があります。マシーンの起動は直接本体のボタンを押すか、専用のアプリを使ってBluetooth経由で行います。

ドキドキしながら、アプリで弱めの出力に調整してからスイッチを、入れました。

ビクビクビクビクビクビクンビックゥーーン!!


Koogeek
スイッチを入れた瞬間、腹筋が悲鳴と共に大騒ぎを始め、思わず一人でちょっと待って!ちょっと待って!笑と言ってしまいました。

仕組みとしては本体から電気信号が送られ、その信号を受け取った腹筋が収縮するというものなのですが、かなり刺激が強いですこれ。

「ギューーーーー」と腹筋に力が入り、解放、また「ギューー
」と力が入りの繰り返しなのですが確実に腹筋が動いている感覚があります。僕のような軟弱者は強度は一番下でもいいくらいの刺激でした。

まだ使い始めてそれほど経っていませんが、1ヶ月とか続けたら腹筋が発達する気は確かにしますね。専用のアプリを使えば強さとリズムを好みで変えられるので自分に合わせたペースでトレーニングをすることができるので徐々に強度を上げながら頑張ってみようと思います。

このタイプならスマホいじりながらでもテラスハウス見ながらでも腹筋のトレーニングができちゃうので、しばらくは楽してこいつに頼ってみる所存です。

正直今まで腹筋マシーンってあんまり良いイメージ無かったんですが、これならデザイン的にも使いやすいし試してみたくなるようなガジェットです。

また、monograph用にメーカーさんから割引のコードを提供いただいたので是非ご活用下さいませ。

実は腹筋マシーンって興味あったんだけど、一歩踏み出せなかったんだよねという方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

25%割引コード:5D4U973W
有効期間:2月26日まで




drip


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
ホントは自宅で腹筋しなよって話なんですが、それが出来たら苦労はしないんですよ。ええ。
profile

CATEGORY - 日常アイテム

total

35

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。