monograph

世界最薄!普通のケースとほぼ変わらないのにiPhoneのバッテリー持ちを2倍にしてくれるバッテリーケース「THINCHARGE」

8
8
0
23

 

Thin charge 1
これならバッテリーケースもあり!!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

僕はiPhoneは3GSの頃から毎年買い替えて使い続けているのですが、できるだけiPhoneそのままのフォルムで使いたいと思いケースはいつもできるだけ薄いケースを使っています。ホントは裸で使いたいんですが毎回買い替えの度にヤフオク等で売っているので傷を付けるわけにもいかず渋々ケースを付けているような感じです。

とは言いつつも今つけているiPhone7 Plus用 Apple純製レザーケースは厚みも少なく革独特の味があるので気に入って付けているのですが。

同じ理由で僕は今まで厚みが出てしまうバッテリー付きのケースの類は使っていなかったのですが、これなら使ってもいいかなと思う非常に薄いバッテリーケースが出てきたの今日はこちらご紹介したいと思います。

SPONSORED

世界最薄のバッテリーケース「THINCHARGE」


Thin charge 1
”世界最薄”と銘打つこちらのケース。これが今注目しているTHINCHARGEという名前のバッテリーケースです。見た目はホントに普通のケースと変わりません。

Thin charge 3
THINCHARGEの最大のウリは名前の通りその薄さ

普通バッテリーケースってバッテリー分の大きさがあるのでかなり厚みが出てしまいがちなんですがTHINCHARGEの場合増えるのはたった5.4mm

これくらいならかなり許容の範囲に入るのではないでしょうか。

Thin charge 2
ケースの底面にはケースの充電量を示すバッテリーのインジケータと充電を開始する電源ボタンを搭載。ちゃんとスピーカー用の穴も用意されているので機能として普通のiPhone同様に使えます。

Thin charge 5
付け外しも簡単でよくあるケースのように上下でパーツが分かれたりもしません。そのまま上からパチンとiPhoneをはめるだけ。

Thin charge 7
iPhoneを充電する際と同じく、ケースの底部のコネクタにLightningケーブルを挿せばケースとiPhoneを同時に充電してくれます。昔みたいにiPhoneに充電して、ケースにもMicroUSBで充電して、という面倒な手間がなくなったのは非常に便利。もちろんこのケースを付けたままPCと同期をすることもできます。

Thin charge 6
カラーはご覧の通り黒と白の2種類を用意。
白も可愛いけど個人的にはやっぱりマットな黒が無難かな。

Thin charge 4
カラーの他にモデルもiPhone7用とiPhone7 Plus用の二つが用意されています。iPhone7用のケースは2900mAh、iPhone7 Plusのケースは3600mAhの電力を供給可能。元々iPhone7の電池が1960mAh、iPhone7 Plusが2900mAhなのでそれぞれ合わせて通常の2倍以上の電池持ちになるということですね。

これなら1泊2日の旅行くらいだったら一度も充電なしで帰ってこれそうですね。

THINCHARGEは只今60ドル(約6800円)で出資募集中、既に目標額の3倍を調達済みなので、今まで厚みが理由でバッテリーケースを敬遠していた方はこちら検討してみてはいかがでしょうか!

ThinCharge – World's Thinnest Battery Phone Case | Indiegogo

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
あと1,2年したらスマホもケースも性能上がって、今のモバイルバッテリー的な製品はなくなるかもしれませんね。
profile

CATEGORY - TECH

total

39

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。