monograph

世界最小、クイックチャージ対応のモバイルバッテリーがやってきた!「Anker PowerCore Speed 10000 QC」レビュー[PR]

0
4
2
14

    2016/12/30

Anker PowerCore Speed 10000 QC 10
スタメン交代です。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

毎度いつも素晴らしい製品を提供してくれるANKER様より今回も新製品をいただきました。ホントにこの会社製品サイクル速すぎてヤバい。ほとんど毎月ANKERのレビュー書いている気がします。

ちなみに今回いただいたのは現時点最強のスマホバッテリー。名刺サイズの力持ち「ANKER POWERCORE 10000」レビューという記事で書いた小型バッテリーの上位機種。

2016年度版「monographの鞄の中身」21選。大好きな「モノ」に囲まれると、毎日が楽しい。でも書きましたが、前モデルは毎日肌身離さず持ち歩いている素晴らしい製品で、Amazonのベストセラー1位にも選ばれているモバイルバッテリー。

ポケットにすんなり入る小ささにも関わらずiPhoneを何度も充電できる大容量バッテリーということで現状このバッテリーに敵うバッテリーはないんじゃないかというのが僕の私見です。

そんな「ANKER POWERCORE 10000」に上位機種が現れたということで、これは期待せずにいられませんね。早速レビューしていきたいと思います。

SPONSORED

Anker PowerCore Speed 10000 QCレビュー


Anker PowerCore Speed 10000 QC 5
こちらが今回いただいた「Anker PowerCore Speed 10000 QC」のパッケージ。いつものANKERのパッケージと同じと思いきや驚いたのはその大きさ。

Anker PowerCore Speed 10000 QC 6
iPhone6sとだいたい同じくらいと、かなりコンパクトなパッケージです。レジの前に置いてあるお菓子か何かかと思いました。

Anker PowerCore Speed 10000 QC 7
パカっと開封するとちょうどパッケージの横幅ぴったりに梱包されたモバイルバッテリー。無駄のないデザインが好感持てます。

外観・デザインはほとんど同じ。


Anker PowerCore Speed 10000 QC 8
こちらが梱包されていた「Anker PowerCore Speed 10000 QC」。前モデルとほとんど変わらず、黒を基調にANKERのロゴとバッテリーのインジケーターのみというシンプルなデザイン。電子機器を充電するためだけに生まれ、無駄を削ぎ落とした無骨なモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Speed 10000 QC 1
側面にはクイックチャージ対応のマークが。その実力が果たしてどれほどなのか、楽しみです。

Anker PowerCore Speed 10000 QC 9
サイズ感は分かりやすく説明するとこれくらい。
iPhone6sの本体にすっぽり入ってしまうくらいの縦幅・横幅です。
厚みはだいたいiPhoneの2.5倍くらい。またバージョンアップしてくれるとしたら次は薄さの部分を頑張ってほしいですね。

Anker PowerCore Speed 10000 QC 10
手に持つと「うわぁーバッテリ詰まってんなぁ〜」という確かな重みを感じます。Apple製品同様、筐体の中にほとんど空気が入ってない感じ。

とは言えコンパクトなことに変わりはないのでポケットに入れてしまえばほとんど重みは感じないレベル。

アクセサリはポーチとMicroUSBケーブル


Anker PowerCore Speed 10000 QC 2
本体以外のアクセサリは上記のメッシュ型ポーチと充電用のMicroUSBケーブルが同梱。いつものやつですね。このセット家に20セットくらいある。

前モデルと比較。


Anker PowerCore Speed 10000 QC 3
僕が毎日持ち歩いている前モデルの「Anker PowerCore 10000」と比較してみます。上が新製品の「Anker PowerCore Speed 10000 QC」で下が前モデル。

ご覧の通り新モデルのほうが若干幅が広くなっていまして、その分重量もほんの若干(80g)だけ重くなっています。

充電容量は全く同じなので急速充電をしたいなら新モデル、単純にコンパクトさを求めるなら旧モデルっていう選び方でいいと思います。

Anker PowerCore Speed 10000 QC 4
厚みは同じ。新モデルは急速充電のマークがついてUSBポートが青くなっているのが違い。

急速充電の効果は確かに感じる。


さっそく僕のiPhone7 Plusを使って「Anker PowerCore Speed 10000 QC」の充電力を試してみました。

充電の残り容量50%から「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を接続して充電してみたところ、35分で充電100%まで持っていくことができました。旧モデルだと同じ充電状態から100%になるまで50分かかったので急速充電の効果は確実にあると言えるでしょう。

モバイルバッテリーが必要になるのは出先の緊急時であることが多いので、短時間で一気にスマホ本体に充電できるのはやっぱり魅力。

旧モデルも素晴らしいですが、それをさらに一歩越える形で出てきた「Anker PowerCore Speed 10000 QC」。薄さ・軽さに対するバッテリー容量としては現時点で最高のモバイルバッテリーという評価は以前変わらないので、持ち運び用のモバイルバッテリーがほしいという方は是非こちら買ってみて下さい。


ちなみに旧モデルはこちら。急速充電機能はないですがコンパクトさを重視するならこれも全然アリ。


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
ANKERは新製品出す度に分かりやすくスペックアップしているんでホント毎回驚かされます。
profile

CATEGORY - モバイルバッテリー

monograph
monographでは各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。フォロワーさんは全部で一万人とちょっと。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローをしていただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたら最高ですが今のオススメは[email protected]ですね。

total

20

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。