monograph

なにこれめっちゃ楽しそう!実際の映画館を舞台にしたリアル脱出ゲーム「ある映画館からの脱出」

0
6
1
7

 

Eigarealdgame3
今度は映画館から脱出!!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

2年前くらいから火が付き始め今では全国各地色々な場所で行われている体験型イベント「リアル脱出ゲーム」。もうすでに何度か実際に足を運ばれている方も多いのではないでしょうか。

僕もずっとこの「リアル脱出ゲーム」にハマっていて今まで結構な数の公演に参加してきました。小さなマンションの一室から始まり、遊園地やドーム球場、果ては歌舞伎劇場まで本当に様々な場所・施設を舞台にしているこの「リアル脱出ゲーム」ですが、なんと今回またしても驚きの場所を題材に、新たな物語が紡がれることとなりました。

その名も「ある映画館からの脱出」
本物の映画館を舞台にした謎解き・脱出イベントです。

ある映画館からの脱出


世界的な成功をおさめた巨匠巣蔵構造が死んだ。
ある映画館の一番後ろの席で、謎のフィルムを抱えて…
そのフィルムを観ると、不可解な映像が流れた後、突然奇妙なメッセージが現れた。
「この映画館に謎を仕掛けた。1時間以内に脱出しろ!さもないと… お前たちは私の映画の中に閉じ込められる!」

バタンバタン!
突然、音を立てて扉が閉じる。
スクリーンでは、未完成の映像がループし続けている。

巨匠がその映画に隠した秘密とは?
この映画館からの驚天動地の脱出方法とは?
謎が謎を呼ぶ謎解きシネマクライシス!
あなたは、この映画館から脱出することが出来るか!!


物語は一人の有名な映画監督の死から始まります。
彼が残したフィルムを元に謎を解き、一時間という制限時間以内に映画館から脱出することが今回のゲームの目的。

このあらすじを読んだだけでも心臓バックバクですね。
映画館に閉じ込められるなんて体験そうそうないです。

一応あらすじの中で気になるのは、

・冒頭の「不可解な映像」
・スクリーンで「ループする未完成の映像」
・驚天動地の脱出方法

という記述。
上記2つの映像はきっと謎を解くにあたって非常に重要な意味を持つものになりそうです。

「驚天動地の脱出方法」というのも注目ですね。
普通にドアから出るみたいなことではなくてきっと何か普通ではない行動をしなければならないような気がします。

また、「映画館」という特殊な場所もきっと意味があるんでしょうね。こういう特定の場所を舞台にした公演はたいていその場所ならではの要素が謎に絡められているので、映画館ならではの面白い謎が待ち受けていることでしょう。

会場は丸の内ピカデリー。10月17日から開始。


Eigarealdgame2
「ある映画館」の舞台となるのは有楽町にある丸の内ピカデリー。本当に普段映画館として使われている場所なので、リアル感は間違いなしです。

公演開始は10月17日(土)からで約一ヶ月間の間夕方〜夜の時間帯で開催されます。

料金は2500円〜3500円


Eigarealdgame1
参加に必要な料金は2500円〜3500円の間。
普通の映画が1500〜2000円くらいと考えたら安い値段だと思います。

実際に臨場感のあるスリルを体験することができる上に、開催は全国の映画館の中で丸の内ピカデリー1館だけなのですから。他のどこでもできない体験をこの手頃な値段感で楽しめるのは素晴らしいと思います。

場所もアクセスがいい場所なので、高校生の方は友達と放課後に行ったり、社会人の方は退社後に同僚と楽しんでみてはいかがでしょうか。暗い空間でドキドキできるのでもちろんデートにも最適だと思いますよ。


一足先に体験してきます!


今回主催の松竹様のご厚意で公演開始前にこの「ある映画館からの脱出」に参加させていただくことになりました!(∩´∀`)∩ワーイ

しっかりレポートも書いてきますのでお楽しみに!

【公式サイト・チケットはこちら】
東京リアル脱出ゲーム Vol.15「ある映画館からの脱出」


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
もともと”映画館”という場所が好きなのでそれだけでテンション上がるぅぅぅ
profile

CATEGORY - リアル脱出ゲーム

total

14

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。