ROCK IN JAPAN FES会場「国営ひたち海浜公園」への行き方は電車・バス・車のどれがいい?

0
6
1
3

    2015/08/02

Howtogorockinjapanfes12

いよいよ本格的、夏!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

梅雨も開け、うだるような暑い夏が今年もやってまいりました。
今は東京に住んでいる僕ですが、住宅街だというのにどこからかセミの声が聞こえてきて小さな頃(埼玉県の奥の方の)野山を駆けまわった思い出がノスタルジックに思い出されます。あぁあの頃に戻りたい。

僕は毎年「夏」と言えば必ず参加しているイベントがありまして、それが今回記事の主題「ROCK IN JAPAN FES」、通称「ロッキン」。かれこれもう6年間くらい毎年参加していますが、これに行かないともう夏を楽しんだ気がしません。10年連続くらいを目指して今年も来年も毎年足を運びたいと思っています。

もう最近では知らない人はいないくらいの、日本最大の音楽イベントと言っても過言ではないロッキンですが、まだまだ行ったことがないという方も多いはず。興味はあっても中々足が進まない、、という人の理由の一つが会場がちょっと遠いというところにあるのではないでしょうか。

でも実際のところは他のロックフェスに比べればロッキンはかなり都心から近い方なので2〜3時間とそれほど時間をかけずに会場まで辿り着くことができます。

アクセスの方法はいくつかあるのですが、これまで僕が使った方法の中で、それぞれの所要時間とメリット・デメリットを記事としてまとめておこうと思います。僕も最初の頃は調べるの大変だったので。

これから参加する予定の方は是非ご参考に!

ROCK IN JAPAN 会場は「国営ひたち海浜公園」

ROCK IN JAPAN FES、通称「ロッキン」の会場はここ「国営ひたち海浜公園」です。参加者からは「ひたちなか」の愛称で呼ばれています。

一度ロッキンとは違う時期に訪れたこともありますが、海沿いにある公園なので風が気持ちよく、自然や花畑を見ながらゆっくりと楽しめる公園です。

今回は東京からここに向かう方法をご紹介。

ロッキンへのアクセス方法は「電車・バス・車」の3種類

まず、主なアクセスの方法は「電車・バス・車」の3種類に分けられます。今まで僕はこの3つ全ての方法で行ったことがあるのでそれぞれ解説していきましょう。

電車でのアクセス

Howtogorockinjapanfes2

まず一番初めに頭に浮かぶであろうアクセス方法、電車。僕も初めてロッキンに参加した時は電車で向かいました。

「国営ひたち海浜公園」の最寄り駅はJR常磐線の勝田駅で、ここから会場へのシャトルバスが出ています。

勝田駅へは上野駅から約1時間30分くらいで向かうことができるのですが、シャトルバスが結構並ぶので、そこから会場まで30分〜40分くらいは考慮しておいた方が良いでしょう。なのでトータルの時間としては上野駅から2時間〜2時間半で会場まで到着できる計算になります。
10時半のステージを見るなら上野駅を8時ちょっと前に出れば間に合う計算。

メリットはおそらく移動時間では最速という点。昔は特急がなかったので2時間立ちっぱなしで正直かなり辛い思いをした経験がありますが、今は常磐線特急「ひたち」「ときわ」というものがあるので、指定席さえ予約していけば割りと快適に行けるようです。

料金は片道約4000円と高くもなく安くもないレベル。

デメリットは終電の早さ。
ロッキンは最後のステージが終わった後皆がシャトルバスに殺到するので乗るまでめちゃめちゃ並びます。
なので最後まで聞いていると特急の終電を逃す可能性が非常に高いのです。

各停なら22時半くらいまで終電がありますが、一日疲れきった体で満員電車に2時間乗るのはかなりキツイ。電車で行くのであれば早めに切り上げて帰るか、いっそのこと近くで一泊するくらいの気持ちで向かうことをオススメします。

バスでのアクセス

初めてロッキンに参加するのであれば僕がオススメしたいのはバスでの参加。

ロッキン専用のバスツアーを色々なバス会社が企画しているので自分の住んでいるところから近いものを選んでチケットを購入してみてください。

集合時間は朝6時と早いものの、終電の心配もなく乗って入れば確実に着くので何もわからなければこれが安牌でしょう。値段も3000円〜と手頃。

デメリットとしては乗車時間の長さと席の狭さ。
バス移動なので混雑状況にもよりますが、大体2時間半〜3時間半の間車内にカンヅメとなります。夜行バス等で長距離の移動に慣れている人は大丈夫かもしれませんが、慣れていないと辛いかも。ただ、帰りは疲れきっているので乗客のほとんどが爆睡しています。

車(自家用車・レンタカー)でのアクセス

Howtogorockinjapanfes1

最後は車でのアクセス

所要時間はバスとそれほど変わらず2〜3時間かかりますが、知らない人と同席することはないので気持ちは大分楽だと思います。

時間も他の交通機関に比べ良くも悪くも自由度が高いので、スケジュールに合わせて会場へ向かうことが可能です。

友達と好きな音楽をかけながら、ロッキンに向けてテンションを高められるのが好きで僕も最近は車で向かうことが多いです。移動時間も含めて楽しめるのが良い所。

車で行く場合は必ず駐車券が必要になるのでチケット申し込みの際には忘れずに。

デメリットは渋滞の可能性とドライバーの負担の2つですね。

結構車で向かう人は多いので時間に余裕を持って出発しましょう。

また、行きはいいんですが帰りは疲れきっているのでドライバーの方はくれぐれも安全運転でお帰り下さい。

どれでもいいから行ってみるべし!

以上、ROCK IN JAPAN FESの会場「国営ひたち海浜公園」へのアクセス方法をそれぞれ簡単に解説させていただきました。

どの方法もそれぞれ良い所と悪いところがあるので、自分の環境で一番良さそうなやつを選んでみてください。

ちなみに僕は今年(2015年)は8月9日で参加予定!
行く予定のある方は一緒に楽しみましょうー!

▲フェスに行くなら汚れにくい防水スニーカーがオススメ!

売り切れ必至のキャンプ・夏フェス用超防水スニーカー!「PALLADIUM パンパ パドルライト」を買いました。

ホーリーはこう思うよ。
profile
いつか子供を連れてロッキンでキャンプするのが夢です。

CATEGORY - OTHERS

total

10

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。