monograph

京都二条通の超お洒落な南国風町家カフェ「Cafe Bibliotic Hello!」。

0
20
8
12

 

Cafebibliotechello2Top
ソファで寛ぎながら本を片手にコーヒーをすする。
きっと人はこれを幸せと呼ぶのでしょう。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

先日このブログ経由で謎解きゲームイベントへのお招きがあり、京都へ旅行に行って参りました。
せっかく京都まで行くのだからということで、京都にある観光スポットをいくつか回ってきました。

その中でも途中休憩で寄った「Cafe Bibliotic Hello!」という町家カフェがすんごくお洒落で堪らない雰囲気だったので今回記事としてご紹介。このカフェの近所に住んでいる人が羨ましいです。

SPONSORED

京都二条通のお洒落な町家カフェ「Cafe Bibliotic Hello!」


Cafebibliotechello2
二条通を歩いていくと見えてきたのはヤシの木に囲まれた南国風の一軒家。

京都の街並みとヤシの木って意外にも合うんですね。

Cafebibliotechello1
重厚な木枠で作られたガラスのソファを押し開けて入店。

Cafebibliotechello4
店内でまず目立つのは壁一面を覆う巨大な本棚。

様々な種類の本が無造作に並べられています。
大きな本棚って憧れですよね。いつかこんな本棚を置けるような家に住みたいものです。

Cafebibliotechello5
1Fのメインスペースには複数人で使うことのできる大きなダイニングテーブルと、地球儀型のライトで照らされたソファ席、二人がけの丸テーブル席が用意されていました。

昔ながらの町家をリノベーションしてカフェとして運営しているようで、壁の少ない開放的な空間が特徴です。

今回は上がれなかったのですが、2Fにもカフェスペースがあるようなので次回訪れた時は是非拝見したいと思っています。

Cafebibliotechello6
あまりに居心地の良いカフェだったのでついつい長居してしまい、気づけばもう外は真っ暗。たぶん3時間くらいは店内にいたのではないでしょうか。

京都にはお洒落なカフェが多いですが、ここ「Bibliotic Hello!」は「町家」という京ならではの風情を残した素晴らしいカフェでした。カフェ好きの方は京都に行かれる際に是非チェックしてみてくださいね。

カフェ ビブリオティック ハロー (Cafe Bibliotic Hello) 二条城/カフェ – Retty

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
夜の写真は”最強コンデジ”ことRX100m3で撮影してます。相当暗かったのですが大分くっきり写ってるからスゴイ。旅に持って行くなら最高ですよこいつは。
profile


CATEGORY - 京都おすすめ観光スポット

monograph
monographでは読者の皆様から記事の内容に関するアンケートを行っております。簡単な質問に答えていただき、記事のシェアをしていただければAmazonギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。感想等楽しみにお待ちしておりますのでご協力宜しくお願い致します!
こたえる

total

40

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。