【開発・エンジニア向け】WWDC2014で発表されたiOS8に対応するSDK・APIなどざっくりまとめ。

0
4
1
5

    2014/06/04

WWDC2014-i0S8-tech3.jpg

こちらも簡単にまとめておきます。

本日も“monograph”をお読み頂きありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です!

今日の深夜2時にWWDC2014で発表があった「Mac OS X Yosemite」と「iOS8」の2つOS。
こちらに関してはすでに新機能・デザインなどをまとめた記事を書いております。

WWDC2014で新Mac OS「OS X Yosemite(ヨセミテ)」発表。デザインの変更点・新機能をわかりやすくまとめました。
WWDC2014で発表されたiOS8の新機能をわかりやすくまとめます!

そして最後に今回のWWDC2014で後半で紹介された開発者向けの情報を幾つか紹介して終わりたいと思います。

僕自身開発に関する知識はほぼゼロと言っても過言ではないのであくまでざっくりとしたものになると思いますが、概要を掴むために読んで頂けると幸いです。

機能拡張(Extensibility)

WWDC2014-i0S8-tech7.jpg

iOS8は「機能拡張(Extensibility)」という点に力が入れられていて、プレゼンの中でも占める時間が長かったです。今回のWWDCの半分は開発者向けに行われていたような感じでした。

サードパーティのアプリとの連携機能が豊富に用意されていて、Appleのユーザー・開発者に寄り添おうという態度が伺えました。

Widgetの解放

WWDC2014-i0S8-tech6.jpg

Widget機能がサードパーティ製のアプリにも解放され通知センターなどに独自の機能を持たせることができるように。

WWDC2014-i0S8-tech10.jpg

例としてebayとの連携が紹介されていたのですが、通知センターの内部でオークションの管理・入札ができるというデモを披露。こりゃ便利だな。

キーボードも解放!

WWDC2014-i0S8-tech9.jpg

今まで触ることの許されなかった聖域、キーボードも今回のiOS8から開発者向けに解放されました。

きっと今よりもずっと便利なキーボードの使い方が生まれるに違いありませんねこれは。
高度な機能をつけるような方向ではなくて単純に色とか変えるだけでも需要はありそう。

Camera APIs

WWDC2014-i0S8-tech1.jpg

カメラもAPIがサポートされてサードパーティアプリとのデータの受け渡しが可能になります。

WWDC2014-i0S8-tech14.jpg

カメラ内から起動したい別のアプリを選択するとそのアプリの機能の一部を借りて使うことができます。アプリを切り替える必要がないのでスムーズな操作が可能。

Touch IDも解放!!

WWDC2014-i0S8-tech4.jpg

そしてiPhone5sから搭載された指紋認証機能「Touch ID」もiOS8からサードパーティ製アプリに解放されました。

ログインや決済など使いドコロはたくさんありありそう。
開発者にはかなりの朗報なのではないでしょうか。

家の全てをiPhoneでコントロール!「HomeKit」

wwdc.jpg

開発者向けの発表の中で僕の目が輝いたのが「HomeKit」という新たなSDKでした。

WWDC2014-i0S8-tech2.jpg

簡単に言うとiPhoneと家の中の電化製品を連携させて全てiPhoneの中だけでコントロールしてしまおうというのが「HomeKit」。

WWDC2014-i0S8-tech8.jpg

Bluetoothで通信できる照明「Hue」のようなデバイスを動かしたり、

WWDC2014-i0S8-tech5.jpg

家の鍵と連携してドアの開け閉めを行える、なんてことができるようになっちゃいます。

僕の家はリモコンがめっちゃいっぱいあるのでiPhone一つで全て管理できるようになったらどれだけ便利なことか。

早く対応の製品がたくさん出てほしいですね。

「Metal」で高解像度・スペックのゲームも作れるぞ!

WWDC2014-i0S8-tech15.jpg

iOS8では「Metal」というA7プロセッサに対応した新しいAPIが登場。
グラフィックのパフォーマンスを最大で10倍までパワーアップしてくれます。

デモでは日本風の庭園をCGで再現した映像を流していたのですが、なんと5000枚もの花びらを物理演算して表示。水面のリアルさなども素晴らしかったです。

もう携帯ゲーム機は全部iPhoneに取って代わられるんだろうなぁ…。

iOS用の新言語「Swift」登場!

WWDC2014-i0S8-tech12.jpg

そして最後のサプライズがこちら!
なんとObjective-Cに変わり「Swift」というiOS用の新言語が発表されました。

僕のような一般ユーザーにはこれがどれだけすごいことなのかわかりませんが、エンジニアの友達に聞いた所かなりの一大事なんだそうです。

WWDC2014-i0S8-tech13.jpg

具体的には「Swift」によって「より簡単な記述」で「Objective-Cよりも高速なパフォーマンス」を実現できるとのこと。

Xcodeで開発可能で、すでに「Swift」でアプリの製作、AppStoreへの提出が可能だそうです。

新言語ということでスタートラインは誰でも一緒。
今のうちに「Swift」をマスターすれば、近い将来大活躍できるかもよ!

iOS8は今秋リリース!

可能性が詰まりまくりのiOS8は今年の秋リリース予定。
beta版は今日から使えるようです。

エンジニアたちの盛り上がりを見ると、今回のWWDCは「開発者向けの発表会」という本来の目的を全うした良い説明会だったんだなぁと感じています。

この新しい技術を使って作られたプロダクトが近いうちに僕達の元に届くと思うと、僕も同じくわくわくしてきますよ。

新しいハードが出るであろう9月までにおもしろいアプリが開発されていると嬉しいなぁ。
頑張れ世界のエンジニア!

[関連記事]
WWDC2014で新Mac OS「OS X Yosemite(ヨセミテ)」発表。デザインの変更点・新機能をわかりやすくまとめました。
WWDC2014で発表されたiOS8の新機能をわかりやすくまとめます!

ホーリーはこう思うよ。
profile
僕も時間があれば「Swift」勉強したいなぁ…!余裕がある人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

CATEGORY - iPhone6

total

10

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。