ようこそ二次元の世界へ。三次元との境界が曖昧になる”テープアート”に溺れたい。

0
13
1
3

 

2次元テープアート2.jpg

このブログでは最先端のアートをよく紹介していますが、中でも僕はよくある”日常”をちょっとしたアイデアで”非日常”の世界に変えてくれるようなタイプのアートが一番好き。

本日も“monograph”をお読み頂きありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

今回もそんな感じの”日常を非日常に”変えてくれる、というか”三次元と二次元”の世界の境界線を曖昧にするような不思議なアートを見つけたのでご紹介。

二次元を、三次元に。「テープアート」の世界

2次元テープアート1.jpg

今回見つけたのはニューヨークのアーティスト「Aakash Nihalani」さんが製作している「テープアート」という作品達。

日常の風景にテープで図形を描くことによって、まるでそこに二次元の世界があるような不思議な感覚にさせてくれるアート。

Nihalani_LALeaker1.jpg

見れば見るほど立体感がよくわからなくなりますね。
直接壁に書くのではなくテープを貼っているだけなので街を汚すこともありません。

2次元テープアート3.jpg

さらに応用してこんな作品も。

2次元テープアート4.jpg

立体と絡めることで更にこのアートの魅力が引き立ちます。

2次元テープアート5.jpg

こういう世界のアート作品を見るたびに日本の街はつまらないよなぁと思います。もっと遊び心というかアイデアが溢れてくるような街になったらいいのに。

2次元テープアート6.jpg

これとかもう素晴らしいですよね。

どうなってるのか実際に自分の目で見てみたい。
ちょっとこのアートは最近紹介した中でも一番お気に入りかもしれません。

ホーリーはこう思うよ。
profile
一度こういう海外のストリート・アートを見るための旅行とかしてみたい。

CATEGORY - ART

total

17

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。