2013年度”ワイルドライフフォトグラファー”優勝作品が決定。自然に生きる動物たちのリアルな迫力に圧倒!

0
36
7
10

    2014/11/16

28_Paul-Souders-USA-The-water-bear-1.jpg

もっと写真をうまく撮れるようになりたいなぁ。
PITE.(@infoNumber333)です。
まだまだ勉強が足りません。

今日は先日イギリスで開催された自然をテーマにした世界的な写真コンテスト「2013 Wildlife Photographer of the Year」の優勝作品が発表されたので、その優勝作品と他に僕が気に入った写真を紹介していきます。

2013 Wildlife Photographer of the Year

35_Greg-du-Toit-South-Africa-Essence-of-elephants-1.jpg

Essence of elephants. Greg du Toit, South Africa. Grand Title Winner Wildlife Photographer of the Year, 2013.

最初に優勝作品2つから紹介致しましょう。
上は優勝作品の一つ「Essence of elephants」。

93_Udayan-Rao-Pawar-India-Mothers-little-headful-1.jpg

Mother. Udayan Rao Pawar, India. Grand Title Winner Young Wildlife Photographer of the Year (11-14 years), 2013.

続いてもう一つの優勝作品、「Mother」。
タイトルが良い感じですね。インドで撮影された作品だそうです。

他にも面白い作品がたくさんあったので以下に追記していきますね。

01_Connor-Stefanison-Canada-The-flight-path-1.jpg

The flight path. Connor Steganison, Canada.

こちらはカナダから。
フクロウが飛び去る一瞬を捉えたのもさすがですが、この構図が完璧ですね。確かな実力を見せつけられる一枚。

  .jpg

Lucky Pounce. Connor Stefanison, Canada.

ジャンプする狐。

francey-1.jpg

Freeze frame. Etienne Francey, Switzerland.

そしてジャンプするオコジョ。
ぐうかわ…

28_Paul-Souders-USA-The-water-bear-1.jpg

The water bear. Paul Souders, USA.

これ記事の冒頭にも載せましたが今回のコンテストで一番好きな作品。一見「ん?」となりますがよく見ると水の中にシロクマが!面白いアイデアの作品です。構図も素晴らしい。

53_Luis-Javier-Sandoval-Mexico-Dive-buddy-1.jpg

Dive Buddy. Luis Javier Sandoval, Mexico.

ウミガメのアップ。
海の中でもこんな綺麗に写真撮れるんだ。

83_Jasper-Doest-The-Netherlands-Snow-moment-1.jpg

Snow moment. Jasper Doest, The Netherlands.

雪景色の中に佇む一匹の猿。
日本の作品かと思ったらニュージーランドの方の作品でした。
これも好きだなぁ。

tattersall-1.jpg

Lionfish Bait. Alex Tattersall, UK.

海中の神秘を描いた一枚。
魚群のグラデーションにオコゼ(?)のワンポイントアクセントが効いていて綺麗。

eshbol-1.jpg

Feeding of the five thousand. Yossi Eshbol, Israel.

思わず「うわぁ…」と声が出てしまった一枚。
ここまで数がいると気持ち悪いですねw

packwood-1.jpg

The greeting. Richard Packwood, UK. Nature in Black and White: Winner.

これもいいなぁ。
日本の水墨画のような風情を感じる作品。
色々な想像が膨らみます。

bosboom-1.jpg

Fish-eye view. Theo Bosboom, The Netherlands.

最後はこちらの作品でおしまいにします。

「Fish-eye view」という考えが面白いですね。
こんな風に見えているんだろうか。
動物のコンテストで動物を写さずにその存在を表現している意欲的作品。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。

こういう写真を撮るにはテクニックや機材はもちろんですが、運が一番必要なんだろうなぁ。あとこんな場所まで写真を撮りに行こうという根気。写真を撮るなら足を動かすことが一番ということでしょう。

CATEGORY - ART

total

53

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。