monograph

命をかけたインドの曲芸ショー「Well of Death」を題材にしたイギリスのロックバンドのMVが叙情的で格好良い。

0
3
0
1

 

django-1-1.jpg
インドかぁ。一度行ってみたいなぁ。
PITE.(@infoNumber333)です。

今日は海外のサイトでちょっと良い感じのMVを見つけたのでご紹介。
インドの「Well of Death」という曲芸ショーを題材にした作品で、ちょっと考えさせられるような内容になっています。

SPONSORED

命をかけた曲芸ショー「Well of Death」


django-2-1.jpg
今回紹介するMVはイギリスのロックバンド「Django Django」の「WOR」というトラックの為に作られたものでインドのイラーハーバードという場所で行われている「Well of Death」をテーマにしています。

「Well of Death」とは乗用車やバイクを使ったショーで25メートルの高さの壁をほぼ垂直に横向きになりながら猛スピードで走り回るというほぼスタントみたいなショーです。彼らは日銭を稼ぐために命をかけてこの曲芸に挑みます。

一瞬でも息を抜けばパフォーマーも観客も危険に晒されるギリギリのショー。

MVでは彼らのインタビューから始まり、曲とパフォーマンスがリンクしていきます。ドキュメンタリー映画を見ているようで引き込まれる作品です。

動画の中で語られる「オレは自分のことをヒーローだとは思っていない。ただ、そう思う観客もいるだけだ」という言葉にちょっとぐっと来ました。



Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。

むしろこのステージの強度が不安。
pitecomeimg.png

CATEGORY - ART

monograph
monographでは読者の皆様から記事の内容に関するアンケートを行っております。簡単な質問に答えていただき、記事のシェアをしていただければAmazonギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。感想等楽しみにお待ちしておりますのでご協力宜しくお願い致します!
こたえる

total

4

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。