monograph

タイピングをもっと楽しく軽やかに!打鍵音をカスタマイズできるMacアプリ「Tickeys」

4
26
28
45

   

Tickeystop
今もこのアプリ使いながら記事を書いてます。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

キーボードを打つ際の「打鍵感」ってすごい大事ですよね。キータッチの深さ、レスポンスの強さ、キーの手触りなどなど色々な要素が絡まりキーボードの「打鍵感」という概念は成り立っています。

僕は現在12インチMacBookをメイン機として使っております。あまりのキーの浅さに賛否両論ある12インチMacbookのキーボードですが僕はこの「ペチペチ」という打鍵感が逆に気に入っていたり。

このキーボードの「打鍵感」というものは基本キーボード毎に変えることのできないものですが、実は打鍵”音”だったら簡単に変えることができちゃうんです。

というわけで今日はMacのキーボード打鍵音を簡単に変えることのでできちゃうアプリ「Tickeys」をご紹介いたします。最近これ入れてみたんですが普段のタイピングが1.5倍くらい楽しくなりました!

タイピングをもっと楽しく!「Tickeys」




打鍵音変更アプリ「Tickeys」はとにかくシンプルなアプリ。
インストールをしたら後は起動するだけで使用可能です。
キーボードを押した時の音が変わっていれば正常に機能している証。

使い方は上の動画を見ていただければすぐお分かりになると思います。

音色・音量・音の高さがカスタマイズ可能。


スクリーンショット 2015 11 29 18 00 18
ただ単にキーボードの打鍵音を変えるだけなら他にも色々なアプリがありますが、「Tickeys」が優れているのは打鍵時の「音色」「音量」「音の高さ」を自由にカスタマイズ出来るという点。

音色は「泡が弾ける音」「タイプライターを叩く音」「剣を振る音」に加えて「cherry g80-3000」というかつてその打鍵音で人気のあったキーボードの音色も用意されているというマニアックっぷり。

音量はモチロン「音の高さ」が変えられるのが結構面白くて、高音のパリッとした音も小気味いいですし、低音のどっしりとした音もしっかりと「打ってる感」があって心地いい。

音色が変わるだけでこんなにタイピングが楽しくなるなんて思いませんでした。記事を書く早さも心なしか上がっている気がします。

普段からキーボードで文章を書くことが多いという人には是非オススメしたいアプリ。会社で使う時はイヤホンを忘れずにね。

Tickeys | 公式ページ

スクリーンショット 2015 12 04 22 57 38
ダウンロードボタンがわかりにくいので念のため説明。
こちらをクリックでダウンロードが始まります。

monograph厳選オススメ記事

monograph厳選。2015年に買ってよかったアイテムベスト10
売り切れ必至のキャンプ・夏フェス用超防水スニーカー!「PALLADIUM パンパ パドルライト」を買いました。
iPhone6s用にU-mobileの格安SIMを購入!通信料定額でLTE使い放題の実力・速度はいかに。
引っ越しに仲料手数料無料の革新的賃貸紹介サービス「ノマド」を使いました。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
音でちゃんとキーが押せているか確認できるのでタイプミスも少なくなったような気が。心なしか。
profile

 - Macアプリ

total

103

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。

Monograph goods in bag23 teaparty
  • Nakamura Hiroyuki

    こういうの凄い好き。

  関連記事