手のひらの中に滑らかな日常を。ジンバル搭載カメラ「Osmo Pocket」

0
33
3
0

 

僕は基本的に新しいモノ好きで、モノでもコトでも何でも一度は自分で触って試して判断をしてみたいという考えを持っているのですが、たまに試す前に「これは間違いないやつだ」と確信めいた直感を感じることがあります。

今回、僕が購入した手のひらサイズのコンパクトカメラ「DJI Osmo Pocket」もその一つ。製品が発表されるのと同じタイミングで様々な方のレビューがネットに上がってきたのですが、日本国内から海外、どの人の動画を見ても均一に「良さ」が伝わってきたんですよね。

その小ささ、手ぶれ補正の威力、使いやすい直感的なUI。これなら誰が紹介してもほしくなってしまうだろうという、モノとしての完成度が非常に高いアイテムだと感じました。

そして僕の元にも発売日に「DJI Osmo Pocket」がやってきたので、早速簡単にレビューをしていきたいと思います。

ポケットに入るコンパクトカメラ「DJI Osmo Pocket」

「Osmo Pocket」のパッケージは白いスチロール製の箱に厚手の紙が巻かれているだけのシンプルなもの。本体自体の小ささも相まって、手に取ったときの軽さには驚きを覚えるほどでした。

衝撃に備えてか、本体の形に沿うようにくり抜かれたパッケージ。本体には部分毎にシールが貼られ、初めの使い方がわかるようになっています。

パッケージから取り出した本体。

上部にカメラ、真ん中に液晶画面、下部にスイッチが2つだけ付けられたシンプルで分かりやすい構造のスティックタイプのカメラです。

横から見るとこのようになっています。上部に付けられたカメラを支えるためのジンバル機能が搭載されていて、上下左右斜めの揺れを物理的にバランスを取って手ぶれを消してくれるカメラです。

スマホと端子で直接接続

画面の下のカバーが取り外すと、そこには接続用の電子接点が。

ここにこのような付属のLightning端子付きアダプタを設置することによってiPhoneに直接接続することができます。

iPhone以外のAndroidでも使えるようにUSB-Cの端子も付属。自分のスマホに合わせて持ち歩く端子を選ぶことが可能。

この端子をiPhoneに直接接続すると、自動で専用アプリが立ち上がり撮影したデータの共有をしたり、iPhoneを撮影用のディスプレイとして使用することができます。

接続するだけで勝手にアプリが起動してくれるのは体験として非常に使いやすいですね。いちいちアプリを探す手間が省けてありがたい。

専用のケースもいい感じ。

「DJI Osmo Pocket」には付属で持ち運び・収納用のケースが用意されていて、これもまた結構良い出来なんですよね。

本体をすっぽり納め、ジンバル部分が動かないように固定。

そしてカバーを付けたままでもスマホに接続したり充電ができるように端子の部分だけ穴が空いています。

薄い作りですが丈夫な素材が使われているので、多少の衝撃は恐れず安心して持ち運べますね。

他にもストラップとUSB-AとUSB-C端子のコードが一本付属。

他にもコントローラーホイールやワイヤレスモジュールなどのアクセサリーが今後発売予定とのことなので、今後の拡張性にも期待ができます。

ポケットに入るサイズ。いつでもどこでも持ち運べる。

なんと言ってもこの「DJI Osmo Pocket」
が魅力的なのはそのサイズ感。およそカメラとは思えない小ささでポケットの中にすっぽりと入ってしまいます。

重さもわずか116gという超軽量なので、鞄の中に入れておけばほとんど存在を感じないほど。

メインのカメラを持ち歩いている人でも、もう一本のサブ機として充分毎日そばに置いておける軽さと小ささです。

ジンバルで全くブレない動画撮影を

実際に手にとって見るとこんな感じで、手のひらの中にすっぽりと収まるサイズ感。

電源を入れるとカメラが「シャカ!シャカ!シャカ!シャカ!」と上下左右に動き、位置とバランスを調整した状態で真ん中に固定されます。

本体を傾けても、カメラ部分は一箇所に固定されて動かないまま。

物理的に手ブレを抑えて動画をぬるりと滑らかにしてくれます。

タッチスクリーンで操作

写真・動画モードの設定や、速度の調整は真ん中の液晶スクリーンをタッチして行います。

このスクリーンの精度がなかなか優秀で、iPhoneまでとは行きませんがGo Proよりは遥かにサクサク機敏に動いてくれるので操作の不満は全くなし。

セルフィーモードがとても便利

タッチスクリーンで操作をすると画面を見ながら自分を撮影できる「セルフィーモード」というモードが使えます。

液晶画面に映った自分の顔をタップすると、顔を自動で追尾し中心に収まるようにカメラを動かしてくれるフェイストラッキング機能も。

これが手軽かつ精度が高いので、誰でも簡単に質の高い動画が撮れてしまうんですよね。恐ろしいわこれ。

動画の滑らかさは神がかり的

昨日からこのOsmo Pocketで少しずつ動画を撮っていますが、撮れる画の滑らかさには思わず息を呑むほど。

GoProのような光学式手ぶれ補正とは異なる、自然な滑らかさのある動画を撮影することができます。

センサーはコンデジで使用されている1/2.3型ということでiPhoneより少し大きいサイズ。思いの外暗所にも強く鮮明な映像が撮れるのも良い驚きでした。

今回は主に機能の話になってしまいましたが、撮れる映像に関してはまた別途記事か動画でご紹介したいと思います。

下の動画で実際に動いているところを紹介しておりますので、是非一度合わせてご覧になってみてください。

ポケットにも入るサイズ感で、ぬるっと滑らかに映像を残してくれるOsmo Pocket。

日常使いに重宝しかしなさそうなので、VLOGやカフェ巡りなど色んな動画に挑戦してみようと思わせてくれる一本です。

ホーリーはこう思うよ。
profile
防水ケースが発売されたらこれ持ってスノボ行きたい…!

更新情報はLINE@で!
ここまでお読みいだきありがとうございます!更新情報や限定コンテンツはLINE@でお届けしていますので、右のボタンから登録をお願いします!あなたのスマホに記事を直接お届け。

CATEGORY - CAMERA

total

36

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。

手のひらの中に滑らかな日常を。ジンバル搭載カメラ「Osmo Pocket」

monographはiPhone・Macなどのガジェットを中心に管理人PITE.の気になるモノを幅広く紹介するブログメディアです。月間50〜70万PV。気軽に楽しんで行って下さい。

Copyright© iPhone・Macの情報発信ブログ "monograph" , 2018 All Rights Reserved.