monograph

オフィス用に”包みこまれるゲーミングチェア”「AKRacing」を導入しました[PR]

7
12
2
23

 

AK racing top
オフィスに居る日はほぼ一日この椅子の上で生活しています。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。PITE.(@infoNumber333)です。

先日のDIY記事でも書いたように今僕の家を自宅兼オフィスとして改装中です。今まさにオフィスとして必要なものを揃えている段階で、一つひとつ出先で選んで買ってきたり場合によっては自分で作ったりして環境を準備しています。

また今まで僕がこのブログで活動してきたことが少しずつ実を結び始めているのか、オフィス用に製品をご提供いただけるメーカー様も増えてきました。今回もありがたいことに以前レビューをした持ち運べる高画質外部ディスプレイ「モバイルモニター On-Lap 1101F」を販売されているテックウインド株式会社様より新居で使えるオフィス用シェアをレビュー用にご提供いただけることに。こういう形でメーカーさんと良い関係を築きながらブログを運営していけるというのは非常に喜ばしいことですね。自然と僕もそのメーカーさんのファンになりますし、僕を通してそのメーカーさんのファンが増えればこれ以上に喜ばしいことはありません。

今回ご提供いただいたチェアAKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンも非常に気に入って毎日使っている製品。2週間ほど使ってみてその良さが体に馴染んできたので早速レビューして行きたいと思います。


drip

SPONSORED

オフィス&ゲーミングチェア「AKRacing(エーケーレーシング)」


AK racing 1
今回頂いたのはAKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンという名前のチェア。「AKRacing」というシリーズは元々はゲーミングチェアを主用途として設計されたシリーズなのですが、同様の機構でオフィス用に再設計されたのが「AKRacing Rremium」シリーズ。素材にこだわりトーンをシックに変えオフィスの仕様に最適化されたモデル。僕はPremiumの中の「レイブン」というモデルをご提供頂きました。

届いたパッケージから15分程度で組み上げたのが上の図。シンプルな黒一色。オフィスに置くにはこれ以上ないというデザインのチェアです。

ヘッドレスト


AK racing 2
AKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンは各部に機能が詰まったオフィスチェアなので一つひとつを丁寧に見ていきたいと思います。

頭をあずける部分には控えめに刻まれた「AKRacing」の文字が。ロゴを前面に主張するとどうしてもダサくなってしまいがちなのでこれくらいさり気ないのがちょうど良い。

AK racing 7
ちょうど首元に当たる部分にはこのような空洞が設けられています。これは何かというと、

AK racing 60
後付で付属のヘッドレストを付けるための穴。このヘッドレストが優しく頭〜首を包んでくれるのでデスク作業をする際に非常に楽。頭を預けつつも視線を低く保てるというのが良いポイントですね。見た目のデザインの好みに合わせて付け外しもできるというのも良いところ。僕はシンプルなデザインが好きなので基本は外していますが長時間作業をするような場合に付けています。

優しく包む背面


AK racing 6
続いて身体の大部分を預ける背面部を見ていきます。

背面には適度な柔らかさのクッションが入っていて身体を預けると丁度良い反発を背中に感じます。素材は滑らかな革が使われておりしっとりと肌に吸い付きます。縫製も非常に堅牢で少なくとも10年は使えるだろうなという丈夫さを感じます。この部分だけでこの椅子に決めて良かったなと感じることもしばしば。

AK racing 62
僕がAKRacingにおいて一番の特徴だと思っているのがこのサイドに広がるクッション。身体のラインに沿うように作られたこのクッションが力のかかる部分に包み込むように設置されているので座っていて身体が全くズレない。本来身体の姿勢を支えるための力がこのクッションによってサポートをされるので長時間座っていても全く疲れないんですよ。この機構が付いているチェアは他にはあまりないので、AKRacingを買う理由の一つに成り得るでしょう。

AK racing 61
首元と同じく腰元にも付属のランバーサポートクッションを設置することができます。腰痛に悩んでいる人や猫背気味の人にはありがたい機能ですね。僕もめちゃくちゃ猫背な人間なのでこれを積極的に使って姿勢の改善していきたいと思います。僕の場合椅子に座っている時間が活動時間の大半なのでこの時間を変えるのが一番の近道。

AK racing 63
それにしてもランバーサポート一つ取っても良い革使ってますねー。シボ感がたまらん。

座面


AK racing 4
座面も同様に全て革張り。こちらも左右にずれないように柔らかなクッションがサイドに設けられ包まれるような固定感があります。

AK racing 5
座面の右横にはこのようなレバーがありこれを倒すと背面の角度を調節することができます。

Ak racing
驚いたのはその調節角度。ぐっと倒すと座面に対して180°まで倒せるという柔軟さ。フットレストさえあればこの上で寝ることもできちゃうんじゃないかというくらいです。仕事用に集中もできるし、休憩するときは背面を倒してリラックスもできる。自宅兼オフィスで使うにはこの上ないチェアですこれ。

アームレスト


AK racing 8
続いてこれも外せないというのが「アームレスト」。AKRacingには左右に腕を預けるための「アームレスト」が標準装備されています。

AK racing 9
これが非常に優秀で前後にガシャっと移動させることができ位置を自由に変えることができます。更には左右の角度まで変えられるので自分の腕の好みに合わせて細かく調節可能。

AK racing 12
リラックスしたい時は腕を預けて角度を広めに。腕の角度が広がり肩甲骨が伸びるような姿勢です。

AK racing 11
スマホを眺める時にはちょっとアームレストを寄せてもいいですね。アームレスト付きのチェアってほぼ初めて座ったんですがいいですねこれ。ますます椅子から離れられなくなります。

チェアレッグ


AK racing 3
最後は椅子の脚、チェアレッグの部分。

AKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンでは脚が5本に伸びていてその先端にはキャスターが付いているという構造。脚の先にはこのようなプラスチックの滑り止めのような素材が使われているんですがこれが個人的に非常に重宝しています。

AK racing 13
どういうことかというと僕は普段自宅にいるときは裸足で生活していることが多いのでそのまま金属部分に脚を乗せるとヒヤッとして冷たいんですよね。笑

AKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンはこのプラスチック素材のおかげで脚を乗せても冷たくないというのがありがたいです。本来このための用途なのかどうかは謎ですが助かっています。

AK racing 10
左側の座面の下にはレバーが付いていて座面の高さや角度を細かく調節可能です。

Ak racing 1
座面は簡単に回転させることができ、ジャイロが滑らかなのでちょっと脚で押しただけでくるくると回転できます。

AK racing 14
実際に座ってみるとこんな感じ。特に背面を見てほしいのですが身体のS字に綺麗に沿っています。なので非常に座っていて楽なんですよね。ここまで背中にジャストフィットする椅子に今まで会ったことがありません。

オフィス用デスクチェアとして


AK racing 64
先日ようやくオフィス用に複数人で座れる鉄脚デスクをDIYしたのでそこにAKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンを合わせて使い始めています。デスクの高さが60センチなのですがAKRacing自体が高さを調節できるので相性は全く問題なし。パソコンをいじりやすい角度に合わせて使っています。

AK racing 65
チェアがあると一気にオフィス感というか仕事場感がでますねー。かなり理想の状態に近づいて来ている気がする。

AK racing 72
実際に仕事をしている図がこちら。この状態でいつも数時間連続で過ごしているのでその間ずっと身体を支えてくれるのはありがたいですね。

AK racing 74
横からの図がこちら。僕は背面の角度を浅めにしていることが多いのですが、そうすると背中に力がかかりやすいので少しずつ角度を上げて正しい姿勢に戻していこうと思っています。

いつでもサッと座れる、立てる。


AK racing 69
しっかりとした作りのオフィスチェアであるという事に加え、やはりキャスターと軸の回転機能が付いているのは便利ですね。普通に作業をしていて何か遠くに取りたいものがあれば、

AK racing 70
回転してサッと立ち上がれる。一々椅子を引く必要もないし戻ってくるときも滑らかに元の位置に戻れます。

もちろん普段使いにも


AK racing 73
メインの用途としてはオフィス用ですが僕の場合はバリバリに自宅用としてもAKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンを使っています。僕の視線の方向に55インチのディスプレイがあってそこでテレビやアニメをよく見ているんですが座っていて楽なので何時間でも見れちゃう。ホントは仕事しなきゃいけないのに寛いでしまっている瞬間があるのでそんな時はグッと椅子の角度を上げて背筋を伸ばして気合を入れるようにしています。

AK racing 59
休日は机をどかしてギターの練習したりもしてます。アームレストの角度を調整できるのでちょうどよくギターがハマるんですよ。少しずつですがギターが弾けるようになってきているのが個人的な楽しみ。いつか自信を持って人前で弾けるようになったらいいな。

包み込まれるオフィスチェア


AK racing 67
以上、2週間くらい使ってどハマリしているオフィスチェアAKRacing(エーケーレーシング)Premium Raven レイブンのご紹介でした。この手のチェアに今まで触れたことがなかったので最初はどんなものかなと不安でしたが一度座ってしまうと離れがたい快適さがありますね。「Premium」のシリーズは6万円前後とそこそこの値段がしますが、オフィスチェアの世界って数十万〜数百万の椅子がゴロゴロありますからね。そんな中でこのクオリティで6万円なら安い買い物なんじゃないでしょうか。

張りのある革、シンプルなデザイン、包み込まれるクッションとオフィスチェアにあってほしいこだわりポイントがギュッと凝縮されたこのチェア。これからもウチの会社を物理的に”支える”大事な柱になってもらおうと思います。


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
この記事もこの椅子の上で書き上げました。お世話になってます。
profile

CATEGORY - インテリア

total

44

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。