monograph

WordPressの記事を下書き状態で管理者以外に共有したい時に使うプラグイン「Public Post Preview」

10
11
2
14

 

Wordpress shitagaki 1
覚えておくと便利系。

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

インタビュー記事を書く際や、人から依頼された記事を書いた後など記事を下書きの状態で誰かに共有したい時ってありますよね。僕は最近まで記事をパスワード付きで公開して、そのパスワードを記事を確認する人に渡して内容を見てもらっていたのですが、この方法だと記事の存在と記事タイトルが一般に公開されてしまうのであまりスマートではないんですよね。

そこでWordPressの記事の下書きを共有するのにちょうど良い方法がないかなと探してみたところ、かなり使いやすいプラグインを見つけたのでこちらご紹介しておきます。

SPONSORED

下書き共有プラグイン「Public Post Preview」


Wordpress shitagaki 3
今回ご紹介するプラグインは「Public Post Preview」というもの。ライブラリにも登録されているのでWordPressのプラグイン「新規追加」から「Public Post Preview」の名前で検索すればすぐに出てくると思います。評価も非常に高いですね。見つけたらインストールして有効化すればすぐに機能を使えます。

「Public Post Preview」の使い方


Wordpress shitagaki 4
「Public Post Preview」は使い方もめちゃめちゃ簡単なのでサクッと紹介しておきます。

まずはいつもと同じように記事を書いたら公開する前に管理画面サイドバーにある「下書きとして保存」をクリック。

Wordpress shitagaki 5
するとプラグインを入れた後から「外部確認を許可する」というチェックボックスが出てくるようになるのでここにチェック。

Wordpress shitagaki 2
チェックを入れるとその下にウィンドウが出てくるのでその中に表示されているURLをコピーすれば完了。あとはこれを記事の内容を見せたい人に伝えれば、URLを知っている人だけが記事の下書きを見れるようになります。

以上簡単な説明でしたが、使う機会は意外と多いと思いますので覚えておくと役立つと思いますよ。


Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
WordPressはほしいと思った機能が大抵プラグインで用意されているのがいいところ。
profile

CATEGORY - カスタマイズ

total

37

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。