monograph

画面に釘付け。緊張が止まらない!! おすすめホラー映画「インシディアス[第2章]」のネタバレ含む感想レビュー。

0
4
0
1

    2014/11/16

インシディアス2ネタバレ感想レビューあらすじ4.png
やっぱりホラーを観るなら映画館に限りますね。
PITE.(@infoNumber333)です。

今日は最近周りで薦められることが多く、久しぶりのホラー映画「インシディアス[第2章]」を池袋の映画館で観てきました。

[第2章]ということなので[第1章]を見ていなかった僕は昨日の夜huluで1章を予習。これが大正解で1章を見ないと全く2章の話がわからないという内容でした。当たり前かもしれませんが、これから観る人は要注意。

その代わり、1章を観た人なら2章は必ず楽しめる出来!実は1章から張り巡らされていた伏線がこんなにあったとは。

色々な意味で画面から目を離せなくなる映画です。

SPONSORED


インシディアス あらすじ


インシディアス2ネタバレ感想レビューあらすじ3.jpg
第一章から含めて軽くあらすじを。

物語は、妹が生まれたばかりの5人家族が新しい家へと引っ越してくるところから始まります。
家族が引っ越してきてから間もなく、長男のダルトンが”何か”に取り憑かれ昏睡状態に。父ジョシュと母のルネは手を尽くして医者に彼を見せるがその原因はわからなかった。

そして同時に家の中では「男の声が聞こえる」「人影が家の中を走り回る」などの超常現象が起こるように。

家族はこの家は呪われていると感じ、家を変えるもそれでもダルトンは目覚めず、超常現象は激しくなる一方だった。

その話を聞いたジョシュの母、ロレインは「心当たりがある」と言い古い友人の霊媒師「エリーズ」を家に呼び相談を持ちかける。
最初はエリーズの言うことを信じようとしなかったジョシュも次第に彼女に心を開き、この呪いを解く儀式を行うことになった。

息子ダルトンは生まれつき幽体離脱の資質を持ち、精神が体を離れている内に霊界で迷ってしまい、その隙に死者達が体を乗っ取ろうとしているとしているためこの現象が起きているのだと説明するエリーズ。

そしてダルトンの幽体離脱の能力は父であるジョシュ本人から受け継いだものだと告げる。

ダルトンを助けるにはジョシュも幽体離脱して霊界のどこかにある「彼方」という場所に行きダルトンを連れ帰らなければいけないのだった。

数々の困難をくぐり抜け、ダルトンを助けだしたジョシュ。

しかし、帰ってきたのはダルトン”だけ”では、なかった。

<1章のあらすじここまで、ここから2章>

儀式が成功したと思ったのも束の間、電気を付けると霊媒師であるエリーズが何者かによって殺害されていた。

事件の後、彼ら家族はジョシュの実家に帰ることになるのだが、それでも現象はまだ続く。

心配に思ったロレインはかつてのエリーズの相棒であるカールを呼び今度こそこの一件に終止符を打とうとする。

実はジョシュは小さな頃から「写真を撮ると黒い老婆の影が映る」という特異な体験をしていた。
写真を撮るたびにジョシュへとだんだんと近づいてくる老婆の影。

この老婆の影が、ジョシュが幽体離脱している隙に本人と入れ替わってしまったのである。

この黒い老婆の影の正体は何なのか。

その原因を突き止めるために手がかりを探すロレインと猟奇殺人者へと変貌したジョシュから逃げるルネ達家族。

物語は交差を重ね、真実が紐解かれていく。
果たしてこの家族の運命はどうなってしまうのだろうか。

珍しく練られた2部構成の映画。


インシディアス2ネタバレ感想レビューあらすじ2.jpg
第1作がヒットしたので2も作ろうというのは「パラノーマル・アクティビティ」然りホラー映画界ではよくある話ですが、今作の「インシディアス」はしっかりと2部構成前提で作られた映画だけあって第2章では1章で語られなかった謎や伏線をしっかりと回収していきます。

ホラー映画としての出来もいいのですがそれ以上に「あれはこういうことだったのか!」「ここに繋がるのか!」という驚きがあって楽しい作品です。

恐怖の種類も霊的なものだけでなく今回はジョシュが猟奇殺人者へと変貌するのでサイコパスのような「人」的な怖さもあって新鮮。

さらに言ってしまうともう後半はホラー映画というか一種の冒険ファンタジーみたいな感じで別の意味で手に汗握る展開に。霊と戦うジョシュ達を応援してしまうこと間違いなしです。

とりあえず一言でまとめると「よくこれだけ詰め込んだな」と思わず言ってしまうような作品でただのホラー映画とはひと味もふた味も違う意欲作でした。

黒い老婆は誰ナノカ。


インシディアス2ネタバレ感想レビューあらすじ1.jpg
一番気になるであろう「黒い老婆」の正体。
それは、この場で書くのは今回は控えておきましょう。

これだけは是非本作をご覧になって確かめて下さい。

3作目も制作決定。


今回の第2章も終わり方がどうにも後を引きずる終わり方だな…と思っていたらもうすでに第3章も制作が決まっているようです。

ただ、第3章からは監督が変わってしまうのであくまで後付けくらいの立ち位置になりそう。
とりあえず1〜2章で一つのセットになっているのでこれが気に入ったら3章も見てみたらいいんじゃないでしょうか。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。

ホラー映画は観るのに体力要りますね。結局一時間半ずっとガチガチに緊張しっぱなしでしたw だけどこのドキドキがたまらないんですよね。




CATEGORY - 映画

monograph
monographでは各SNSで記事の更新や日々のコトやモノをお届けしています。フォロワーさんは全部で一万人とちょっと。もしこの記事を読んでもらえましたら気軽にフォローをしていただけると嬉しいです。全部フォローしてくれたら最高ですが今のオススメは[email protected]ですね。

total

5

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。