月刊モノグラフ2018年10月号「面白いことを淡々と」

0
16
1
29

 

Monthly201810

「正気でいながら狂うこと」。

これは「北欧、暮らしの道具店」というメディアECを運営する「クラシコム」の社長・青木さんに言われ、ずっと僕の中に残っている言葉です。

どれだけギリギリのラインでリスクを取り、計算をしながら突拍子もない事を出来るか。冷静に狂えるか。

少し前までは、白鳥のように見える水上は優雅に見せ見えない水中でバタ足をするような、努力をひた隠しにする生き方が格好良いなと思っていたのですが今はその逆。

どれだけ格好悪い所を見せられるか、いかに泥臭くて誰もしないようなことを、計画的にできるかが大事なのだと気付かされました。

改めて活躍している有名人を見ているとよく分かりますが、何も考えていなさそうな人ほど実は深く考えているもの。「能ある鷹は爪を隠す」とはよく言ったものです。

僕は9月に立てた「1記事で10000PV」という目標に向かって試行錯誤をしながら、そんなことを考えていました。

(さらに…)

この記事はあなたの役に立ちましたか?
ここまでお読みいだきありがとうございます!もしこの記事があなたの役に立ったと感じてくれたら、LINE@の友だち登録をお願いします。更新情報や限定コンテンツをあなたのスマホに直接お届けいたします。

CATEGORY - 月刊モノグラフ

total

46

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。

2017年版monographの鞄の中身

20
47
10
115

    2017/12/25

2017 monograph kaban 0007

「ときめくモノをあつめよう」

このテーマただ一つの元にmonographは運営をされています。部屋のモノ、着るモノなど様々なジャンルのモノについて日々語っていますが、僕の場合そのモノに対する”こだわり”が顕著に現れるのが「鞄の中身」です。

毎日背中に担ぐため、数は最小限に、重さは最軽量に、そして大きさはコンパクトに。とはいえ、移動が多い僕の場合どこでも最大限のパフォーマンスを発揮しなければならないので質にも妥協ができない。そうして選び抜かれた僕の「鞄の中身」達は熾烈な競争を潜り抜け、磨き抜かれた至極の一品達だと自負をしています。

今回は2017年も終わるので今年一年で変化した現在のmonographの「鞄の中身」をご紹介。

2016年度版「monographの鞄の中身」21選。大好きな「モノ」に囲まれると、毎日が楽しい。

前回書いた鞄の中身記事は1年半前のものなので、中身も大きく変化しています。記事を見比べながらどうモノ達が変わって行ったのかを楽しんでみて下さい。 (さらに…)

この記事はあなたの役に立ちましたか?
ここまでお読みいだきありがとうございます!もしこの記事があなたの役に立ったと感じてくれたら、LINE@の友だち登録をお願いします。更新情報や限定コンテンツをあなたのスマホに直接お届けいたします。

CATEGORY - 日常アイテム ,

total

192

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。

月刊モノグラフ2018年9月号「飛躍」

0
37
2
34

 

Monthly monograph 201809 0002

始めること、そして続けること。

この二つが僕は、何かで成功するためには必要不可欠な要素だと考えています。この二つさえを守っていれば成果は出るでしょう。

そう、”ある程度”の成果は。

このブログを始めて7年が経ち、それなりに規模も大きくなり、それなりに誰かの役に立てる機会も増えてきましたが、まだまだ”それなり”に過ぎないなというのが僕が今自分自身に感じている思いです。

1つコンテンツを作れば数万人に届く、というクリエイターはYoutube、Instagram、Twitterにゴロゴロと存在します。

それに比べてまだ僕が1本記事を書いて何かを伝えられる読者は平均して2000人程度。ブログは全体で数十万人に見られているとはいえ、それは検索や参照など仕組みの力を借りているだけ。

僕自身の「伝える力」は微々たるものなのです。

“インフルエンサー”と呼ばれる人には、人を惹き付けるコンテンツを作る才能があり、次回作を待っていてくれる「ファン」がいる。それがまだ僕にはまだまだ足りない。

先日、会社を運営する上でアドバイスを受けている方から、上記の内容をストレートに伝えられました。

自分でも内心感じていたことではあったので、この機会にきちんと向き合い、具体的に大きな目標を立てました。長くなってしまったのでそれに付いては記事の最後でお伝えします。

遠い進路を見据え、羽を伸ばし、大きく飛躍しなければいけない時がやってきました。

“それなり”で終わらないために。

(さらに…)

この記事はあなたの役に立ちましたか?
ここまでお読みいだきありがとうございます!もしこの記事があなたの役に立ったと感じてくれたら、LINE@の友だち登録をお願いします。更新情報や限定コンテンツをあなたのスマホに直接お届けいたします。

CATEGORY - 月刊モノグラフ

total

73

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。