Retinaディスプレイ搭載でさらに薄くなった12インチのMacbook Airが登場予定!

0
40
5
8

    2014/07/03

MacBook-Air_SideView-1.jpg

僕のメインマシンはMacbook AIrの13インチ、2011年モデル。
PITE.(@infoNumber333)です。2年前のモデルですが電池の持ち以外はそれほど不自由なく使えています。

今年出たMacbook Airの電池の持ちが素晴らしく改善されたので買い換えようか迷ったのですが、どうせ来年もほしくなるんだから…!と自分に言い聞かせて踏みとどまりました。

そんな2013年モデルの話も束の間、早くも来年にでる2014年モデルのMacbook Airについての情報が出始めています。

Macbook Air 2014年モデルは12インチのRetinaディスプレイ搭載でさらに薄型に。

KGI Securitiesのアナリスト、Ming Chi-Kuoによると2014年に発売される新型Macbook Airは従来のものよりも更に薄くなり12インチのRetinaディスプレイを引っさげて登場するとのことです!

Kuo氏曰く、ディスプレイは2304 x 1440のIGZOディスプレイを使用しバッテリーの持ちは更に伸びるということです。

そしてこのモデルは今までのMacBook AirとMacbook Proとは一線を画す”第三のMacBook”として発表されるのではないかと予想しています。

正直、これだけ聞くと「こうなったらいいな〜」という絵空事のように聞こえますが、Kuo氏は過去にも何度か予想を的中させた実績があるとのことなのでもしかしたら、もしかするかも。

iPad mini・iPhone5cなんかも最初は絶対ないと言われていましたが結局本当に出ましたからね。

”第三のMacBook”。その肩書だけで胸が高まります。

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。

Airも気になりますが、まずは次のProがどうなるかですね。
そろそろ来週辺りに発表があるので楽しみに待つとしましょう。

pitecomeimg.png

CATEGORY - 新型Mac情報

total

53

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。