monograph

ブログの変更が適用されない時は試してみて。CloudFlareのキャッシュを消去する方法。

0
15
9
7

 

th_CloudFlare logo-1.jpg
モンハンは、やりたいけどやりません。
PITE.(@infoNumber333)です。

最近ブログのテーマを新しいものに変え、今もちょくちょくいじっているのですがhtmlやCSSを変更しても反映されないという不具合に度々悩まされていました。

しかもたちが悪いのが、自分の環境では表示されていても他の人の環境では表示が崩れていて確認しようにもどうなっているかわからないということ。いろいろな人から指摘をされて気づかせてもらいました。

この現象がずっとキャッシュ系のプラグインの仕業だと思っていたのですが、昨日やっとCloudFlareのキャッシュが原因だということが判明!気づいてみれば単純なことでした。

CloudFlareはCSSやJavascript、画像ファイルなどの読み込みを高速化してくれるWebサービスなのですが、そのためにキャッシュファイルを作成しその効果が数時間あるので変更してもすぐには反映されないというわけです。

なので今回はCloudFlareのキャッシュを一時的に消して変更を適切に表示させる方法を紹介いたします。

SPONSORED

CloudFlareのキャッシュを削除


cloudflare002.jpg
まずはCloudFlareの公式サイトからログインして、「Website」という項目を選択しましょう。その中のキャッシュをクリアしたいサイトの右側にある歯車マークをクリック。

cloudflare003.jpg
このようにメニューが開くので「Development mode」をクリックします。

cloudflare004.jpg
このような表示が出れば成功です。デベロッパーモードの間はCSSやJavascriptの変更が即座に反映されます。これからサイトをいじるときは必ずこのモードにしてから作業しよう。

ちなみにこのデベロッパーモードは開始から3時間で自動的に通常モードに戻ってくれます。なんて良い子!

cloudflare005.jpg
まだこの段階では作成したキャッシュが残っているのでそれも削除しておきましょう。同じく歯車のメニューから「CloudFlare setting」を選択。

cloudflare001.jpg
その中にある「Purge cache」という項目をクリック。
少しの間待てばキャッシュがクリアされます。

さぁ!これで心置きなく作業できるぞ!



Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。

CloudFlareは効果が物凄いサービスですがその反面、弱点もあります。キチンと調べて付き合っていくことが重要ですね。
pitecomeimg.png

CATEGORY - サイト高速化

monograph
monographでは読者の皆様から記事の内容に関するアンケートを行っております。簡単な質問に答えていただき、記事のシェアをしていただければAmazonギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。感想等楽しみにお待ちしておりますのでご協力宜しくお願い致します!
こたえる

total

31

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。