monograph

【読書・感想】叙述トリックの祖、綾辻行人「十角館の殺人」。ミステリ入門に是非。

0
2
0
0

 

muderofpalace (mini).png
いつも海外旅行に出かける時は飛行機の中やホテルで時間を潰すために文庫本を数冊持っていきます。

今回は何となくそうゆう気分だったのでミステリ小説に限定して何作か選びました。

順番に感想は書いていきますが、まずは綾辻行人の「十角館の殺人」から紹介。
出来るだけネタバレの無いように気をつけますが、もしやっちゃってたらゴメンナサイ。

SPONSORED

あらすじ


1986年3月26日、大分県K**大学・推理小説研究会の一行は、角島(つのじま)と呼ばれる無人の孤島を訪れた。彼らの目当ては半年前に凄惨な四重殺人事件が発生した通称・青屋敷跡と、島に唯一残る「十角館」と呼ばれる建物である。彼らはそんな島で1週間過ごそうというのだ。
一方その頃、本土では、研究会のメンバーに宛てて、かつて会員であった中村千織の事故死について告発する怪文書が送りつけられていた。怪文書を受け取った一人である江南孝明は、中村千織の唯一の肉親である中村紅次郎を訪ねる…。

*wikipediaより抜粋

感想


「十角館の殺人」は叙述トリックを代表とする”新本格”ブームの火付け役になった作品です。叙述トリックとは文章上の仕掛けによって読者の先入観を利用し誤った解釈をさせることによってネタばらし後の衝撃を大きなものにするという手法。初めてこの手法に出会ったのはいつかの「このミステリーがすごい!大賞」で取り上げられていた道尾秀介の「向日葵の咲かない夏」を読んだ時でしたが、読み終わったあとには唖然としたものです。こんな方法があるのかと。

今作「十角館の殺人」は叙述トリックの走りなので、叙述トリックものを散々読んだことがある人にとってはさほど新鮮ではないかもしれません。しかし、まだ一度もこの手の作品を読んだことがない人にとっては叙述トリック入門には最適な作品だと思います。是非一度あの「騙された…」という感覚を味わってみて下さい。

PITE.


CATEGORY - BOOK

monograph
monographでは読者の皆様から記事の内容に関するアンケートを行っております。簡単な質問に答えていただき、記事のシェアをしていただければAmazonギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。感想等楽しみにお待ちしておりますのでご協力宜しくお願い致します!
こたえる

total

2

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。