monograph

新MacBook Air (Early 2014)がしれっと登場。2013と比べてスペックと値段がやや変わりました。

0
14
0
4

 

macbookair-early-20141.jpg
本日も“monograph”をお読み頂きありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です!

先日、Apple StoreでMacBook Airの新モデル(Early 2014)が事前のアナウンスもなくしれっと発売開始されました。いくらマイナーアップデートとは言え毎回新型のMacBook Airが登場する時はWWDCなどの場で発表されてきたので、今回は非常に珍しいケース。

MacBook Air Early 2014が2013年モデルからどこが変わったか、スペックをまとめておきますので「そろそろ新しいMacBook Airがほしいなー」と思っていた方は是非参考にして下さい。

SPONSORED

11インチ Macbook Air (Early 2014)スペック




11インチ128GB256GB
CPU1.4GHzデュアルコアIntel Core i5 プロセッサ(Haswell refresh)1.4GHzデュアルコアIntel Core i5 プロセッサ(Haswell refresh)
GPUIntel HD Graphics 5000 HD Graphics 5000
RAM4GB4GB
最大駆動時間12時間12時間
価格88,800円(-5000円)108,800円(-4000円)

13インチ Macbook Air (Early 2014)スペック




13インチ128GB256GB
CPU1.4GHzデュアルコアIntel Core i5 プロセッサ(Haswell refresh)1.4GHzデュアルコアIntel Core i5 プロセッサ(Haswell refresh)
GPUIntel HD Graphics 5000 HD Graphics 5000
RAM4GB4GB
最大駆動時間12時間12時間
価格98,800円(-5000円)118,800円(-4000円)

今回の主な変更点はHaswell refreshの搭載価格の値下げの二つです。
CPUのスペックアップについては微増といった感じらしいですが、新モデルで価格が安くなるというのは非常にありがたい。13インチが10万円以下で買えるとは良い時代になったものです。

駆動時間・スペックと価格を比較しても今出ているノートブックの中では優秀な製品なのでMacBook Airの買い時を悩んでいた方は検討してみてはいかがでしょうか。

このしれっと感…何かある!!


通常ならMacBook AirのアップデートはWWDCなどの新製品発表会で発表されるもの。
しかし、今回のアップデートは何の事前アナウンスもなくひっそりと行われました。

また、今回のMacBook Airについた型番は”Early”
MacBook Airには発売する時期によって”Early”、”Mid”、”Late”の3つのタイプの型番が付くのですが、実は”Early”の型番が付いたのは2008年以来なのです。

これは絶対に何かある…。私、気になります。

今年の6月までに12インチRetinaディスプレイを搭載した新型MacBook Airが登場!?より薄く軽く安くなるって素晴らしすぎない? | iPhone・Macの情報発信ブログ “NUMBER333”

実は最近の情報によると今年のWWDCでは12インチの新MacBookシリーズが発表されるのではないかという噂がいくつか出てきています。

詳しくは記事を見て頂ければわかると思いますが、現在のMacBook Airよりも小型・薄型化しRetinaディスプレイ搭載という本当なら夢の様なスペックを持った機体。

僕もMacBook Airの買い替えを考えていた勢の一人ですが、新シリーズが出るのであれば少し我慢してそちらを買いたいので、しばらく様子を見てみようと思っています。

今回MacBook Airの新モデルがこのタイミングで発表されたということには確実に何か意味があるはず。今年のWWDCは目が離せないぜ!!!

Pite(@infoNumber333)はこう思うよ。
ゆくゆくは毎年MacBookを買い換えられるような裕福な暮らしがしたい。それができればもう悔いはないわ。
profile

CATEGORY - 新型Mac情報

total

18

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。