monograph

Macbook用オススメUSB-C変換アダプタ/ハブ/ケーブルまとめ!HDMIもSDカードもこれで接続!

6
11
5
0

      2016/11/27

Macbook usb c hub 4
世は正にUSB-C時代!

本日も“monograph”をお読みいただきありがとうございます。
PITE.(@infoNumber333)です。

先日発表された新Macbook Proでもうお分かりになったことでしょう。AppleはもうUSB-A端子を捨てたということが。充電もデータ通信も高速で行える新しい端子の規格「USB-C」。Appleが舵を切った以上、これからの電子機器はUSB-Cへと大きく流れを変えていきます。

端子のサイズも小さく、既に一部のハイエンドなAndroidスマートフォンでも使われているUSB-C。これからの電子機器が全てUSB-C接続に変わったらケーブルが一本で済むので便利な世の中になりますね。現状はiPhone用のライトニングケーブルとその他ガジェット用のMicroUSBケーブル、そしてMacBook用のUSB-Cケーブルと最低でも3本のケーブルを持ち歩かなくてはいけないのですが、これがUSB-Cに統一されたらどんなに楽なことか。

まだ今はUSB-C導入期ということで不便に感じることも多いかと思いますが、きっとこの後はUSB-Cがない世界なんて考えられない状況になると思います。

これから普及が始まるUSB-Cですが、移行期にはどうしても新規格と旧規格を連携させるアダプタやハブが必要になってきます。僕もこれまで色々なUSB-C用アクセサリを試してきていますが、そろそろ答えが出てきそうなので今回オススメのUSB-C機器をまとめてこの記事でご紹介しようと思います。

きっとこの中にアナタの臨むアクセサリがあるはず。



「USB-C」って何??


まず「USB-C」対応の機器をご紹介する前に、「USB-C」という規格がどんなもので、従来に比べてどれだけ良いものなのか、何故Appleが今USB-Cへと移行の舵を切っているのかを軽くご説明いたしましょう。

USB-C = USB Type-C


「USB-C」というのは実は略称で、本来は「USB Type-C」というのが正式名称。
上下左右が対象になっており、上下どちらの向きでも接続できるようになったのが特徴です。
これまであった、「USBの表裏がわからず何回も抜き差ししちゃう」みたいなイライラが失くなったのは大きな功績と言えるでしょう。

ミニサイズなUSB-C


端子の部分を見ていただければわかると思いますが、USB-Cは従来のUSB3.0の端子に比べ非常に薄く小さな端子になっています。
MicroUSB端子とほぼ変わらないくらいの小ささなので、スマホなどのコンパクトなデバイスにも搭載が可能。
既にNEXUS7などAndroidではUSB-C対応の機種も珍しくなくなってきました。

入力・出力の区別がない


これも便利だなと思ったのがUSB-Cには端子毎の入力、出力の区別がありません。
従来のUSB端子を見ていただければわかると思いますが、接続するポートが出力側なのか入力側なのかで端子の形が違ったと思います。
しかしUSB-Cは左右両端の端子が同じ形状をしているので向き関係なくどちらの端子を差しても機能します。

映像出力もデータ通信も充電も全て一本!


さらにすごいのが、USB-Cは一本で映像を出力しながら充電もして、データの通信も可能という点。
今までは映像はHDMI端子で出力、充電はACアダプタ、データのやりとりはUSB、と3つの端子を使っていたわけですが、USB-Cならこれ一本で全てが済んでしまいます。全部一本で済むなら、ということで思い切ってAppleもMacBookの端子をUSB-C一口に絞ったんでしょうね。

きっとその内iPhoneもUSB-Cに統一されるんでしょうが、正直まだまだUSB-Cが一般的に普及しているとは言い難いので、実際は他の端子とを繋なぐハブやアダプタが必要になってきます。今現在発売されているUSB-Cハブ/アダプタの中でオススメ製品をまとめたので下記ご覧になってみて下さい。

たくさんあるUSB-C機器


MacBookの発売に伴い、1年前からUSB-C対応のハブやアダプタがいくつか出てきています。
今回は僕が試してきた中でオススメしたい5つのUSB-C対応アクセサリを紹介したいと思います。
特徴は以下の通り。

・SATECHI
特徴:とにかく薄い&軽い。SDカードも読める。
価格:約5700円

・dodocool
特徴:4ポートのUSB搭載のハブ
価格:約2600円

・iitrust
特徴:USBメモリくらいコンパクトなアダプタ
価格:約2300円

・HooToo
特徴:USB3.0ポート×3、SDカード、HDMIも接続できる最強USB-Cハブ
価格:約6800円

・EC Technology
特徴:HDMI接続可能な廉価版ハブ
価格:約3200円

・ANKER
特徴:5ポートUSB搭載、USB−Cでも高速充電ができる充電器
価格:約4000円



SATECHIの薄型USB-Cハブ


Macbook usb c hub 2
まずはこちらから。

薄い・軽い・無駄がない。三拍子揃ったSATECHIのUSB-Cハブ・SDカードリーダー。という記事でご紹介した薄型のUSB-C用ハブです。

Satechi type c usb passthrough hub 61
Macbookのデザインと調和するアルミボディ、そして薄い筐体にも関わらずMicroSD、SDカード、USB3.0のポートが2つと充実のポートラインナップ。小さな体に機能がギュッとつまったアイテムです。持ち運びにも使えて完成度の高いハブです。

製品について詳しくは下記の記事を
薄い・軽い・無駄がない。三拍子揃ったSATECHIのUSB-Cハブ・SDカードリーダー。


dodocoolの4ポートハブ


Macbook usb c hub 6
続いて二つ目はdodocool製のUSB-A⇒USB-Cハブ。

一口しか無いMacBookのUSB-Cポートに4つのUSB機器を接続できるようになるハブです。
こちらは持ち運び用というよりはデスクの横に置いて使うようなイメージですね。三角形の筐体で安定感もあるので常用しやすい。

複数人で作業したりするときも便利なので一台持っておくと便利。
逆に立体感がある分持ち運びにはあまり向かないかもしれませんね。

製品について詳しくは下記の記事を
dodocoolのUSB-C接続複数USB3.0ハブ。Macbook12インチと並べてデスクに置きたい


超コンパクトなUSB-Cアダプタ


Macbook usb c hub 7
逆に持ち運び用に振り切るならこちらのUSB-Cアダプタがオススメ。軽い外出であれば僕もこれを持っていくことが多いです。

USBメモリと同じくらいのサイズですがこれで立派にUSB-CとUSB-Aを変換・接続してくれます。iPhoneを同期したりカメラから写真を取り込んだりするならこれでも充分。機器を接続しながら充電ができるのもポイントです。僕もさっと身軽にでかける時はこれをよく持っていきますね。

製品について詳しくは下記の記事を。
シンプルにこれで充分!Macbookを充電しながら使えるUSB Type-C用ハブ。


次のページでいよいよ本命のハブ、登場です。

PAGE
1
2

 - USB-Cアクセサリ

total

22

share!

シェアしてくれるとめっちゃよろこびます。

  関連記事